話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

いえでだブヒブヒ自信を持っておすすめしたい みんなの声

いえでだブヒブヒ 作・絵:柳生 まち子
出版社:福音館書店
税込価格:\1,210
発行日:1997年4月15日
ISBN:9784834014358
評価スコア 4.56
評価ランキング 5,798
みんなの声 総数 60
「いえでだブヒブヒ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

36件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • やっぱりママが一番?

    こぶたの3兄弟が主人公です。
    いたずらばっかりするこぶた3兄弟に堪忍袋の尾が切れたママ。
    叱られたことに腹を立てたこぶたたちが家出を試みる・・・というお話。

    「隣の芝生は青く見える」のことわざどおり、よそのお宅のママは優しくて素敵に見えるのかも(笑)
    でもやっぱり、自分のママが一番!なんですよね。
    いたずらこぶたたち、家出を試みちゃうなんて大胆なことをやってくれるけど、でもやっぱり最後はママのところに戻ってきちゃう、可愛い子たちでした。

    なにかと物騒な事件が多い昨今、小さい子どもが実際に家出なんてしちゃったら大変ですよね。
    このお話の舞台のような、のんびりした世界がちょっとうらやましい気もしちゃいました・・・。

    投稿日:2008/10/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 結局、おうちがいちばん!

    見返しに 可愛い地図があって、こぶたたちが
    どこを歩いたのかわかりますね。
    おうちの周りをまわっていたようですが、
    どのおうちのお庭やお部屋も、可愛く描かれていて
    見るのが楽しいです。
    家出の持ち物が マイクやお人形。
    クッキー食べたら食料も尽きたようで、お腹が空いたら
    お母さんが恋しくなりました。
    子どもの立場、お母さんの言い分、身近な感じで
    楽しく読めます。

    投稿日:2018/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • うちと似てます、ブヒブヒ!

    3歳の次女が図書館で見つけてきました。
    読んでみたら、あらあら!
    8歳の長女も一緒に読みましたが、2人に大ウケです。
    どこのうちも同じなんですね!

    兄弟喧嘩してばかりのこぶたの兄弟。
    とうとうおかあさんの堪忍袋の緒が切れて言われてしまいます。
    「おかあさんのいうことがきけないような子は
     うちの子じゃありません!どこへでもいきなさい!」
    そして家出をするこぶたくんたち。
    でも、やっぱり最後は・・・?!(^^)♪

    文章のリズムが良くて読みやすかったです。
    それと感情移入しやすいので、役になりきれます♪

    最後はお約束だけど、みんなに笑顔が戻ってホッ(^^)♪♪
    しかし裏表紙には笑ってしまいました!

    子供も大人も共感できてみんなで楽しめました。
    オススメです!

    投稿日:2013/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかる〜♪

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    かわいくないようで(^^ゞ、かわいい絵の柳生さんのだ!

    わかります!
    分かります!!
    この感覚

    自分もそうでした
    よその子の方が、いいように見えるんですよね

    兄弟3人いっしょだから
    はじめは心強いというか、強気でOKなんですよ

    でも、世間ってそんなに甘くない(^^ゞ
    気付くことって大切!

    いろいろ経験して
    気付くこと
    1番大好きなのは?
    怒られても、大好きなのは・・・

    「ここのうちが、やっぱり いいね」

    とても、共感出来ました

    投稿日:2011/06/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • お兄ちゃんの憧れ

    図書館の絵本ですが、お兄ちゃんの お気に入りの 1冊なので
    頻繁に 我が家に ある気がします...

    絵も内容も かわいくて かわいくて

    5〜6年前の チョコパイのコマーシャルを 思い出しました。
    おやつに チョコパイを出してくれないと よその子に なっちゃうよ! ってやつ

    子どもなりに
     「よそのうちが いいな〜 よそのお母さんって いいな〜 」

    って 想いがあるのかも..

    でも やっぱり 我が家が1番だよね!!

    投稿日:2009/11/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • どこの家も同じ?

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    子どもなら誰でも「なんでこんなうちに生まれたんだろう・・・」と思ったことがあるのではないでしょうか。もちろん私も子どものころ「こんなうちはもういやだ!」と思った覚えがあります。
    そんな子どもの心を、この絵本は明るく楽しく扱って、そして最後はハッピーエンドにまとめてくれています。
    私はこぶたのお母さんが怒るところに共感。そして娘は♪いえでだ ブヒブヒ いえでだ ブヒブヒ♪にとっても嬉しそう。最後はやっぱりおうちに帰ってくるこぶたくんたちに二人でにっこり。
    親も子も、気持ちよく楽しめる絵本です。

    投稿日:2009/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱり自分の家が一番!

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子6歳、女の子3歳

    「家出」というタイトルにドキっとしちゃいました。
    読む前に、怒ってばっかりのママに愛想つかして、自分の子供たちが家出をするようになっちゃったらどうしよう・・・なんて悪い想像をしちゃった^^;

    内容はその通り!
    言う事をきかない子ぶたたちに、仕舞いに怒ってしまうお母さん。
    お母さんの気持ちよ〜〜〜くわかります・・・。
    「どこへでもいきなさい!」と言うお母さんに、「家出しようよ」なんて話あう子ぶたたち。
    実際うちの子が・・・と思うとショックですが、子ぶたたちは軽い気持ちだし、なんだか楽しんでる様子(笑)

    転々とよそのお家へ行く子ぶたたち。
    だけど・・・現実って見た目ほどいいもんじゃない。
    そうなんですよね。
    あの家の子になりたい!この家の子になりたい!って思ったことはありますが、やっぱり自分の家が一番なんですよ^^
    (経験あり・笑)

    子ぶたたちだけで簡単なお家を作り、おままごとみたいな生活をする様子は子供の目線ですっごく楽しいと思います。
    そして、お母さんの怒りを引きずらない姿勢もすごくよかったです。
    怒っても、こんなお母さんでいたいなぁと思いました。

    投稿日:2009/08/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ホント、自分を見てるよう・・・。

    • ハリボーさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    3匹のこぶた達のやることといったら、好き嫌いはするし、部屋は散らかしっぱなし、兄弟げんかはするしで、まるでわが子を見ているようでした。そして、お母さんのガミガミ具合も、自分を見ているよう・・・。

    でも、このこぶた達は、家出する場所もいろいろあって、ちょっとした冒険のようで楽しそうです。家出を満喫して、ちゃんと自分達の家とお母さんの良さも実感して、納得して家に帰れるのが、いいなぁとうらやましくも思いました。

    わが子もきっといつかは家出をしたくなる日がくるだろうけど、こぶた達のように、いろいろと行くあてがないのが、かわいそうだな。だから、やっぱり家出したくならないように、私がガミガミを慎まないと。

    投稿日:2009/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 実は 母にも覚えが・・・

    • みぽみぽさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 女の子13歳、女の子9歳、女の子4歳

    きっとどの子も一度は考えるんでしょう
     「もっと やさしいママのいるおうちがあるはず」

    (子どもたちには内緒だけれど、実は母にも覚えがあります・・)

    お母さんにおこられて家出を決意した子ブタの三兄弟、はたしていったいどうなるのかな・・?

    娘もきっと覚えがあるんでしょう・・。
     ♪いえでだ ブヒブヒ いえでだ ブヒブヒ♪
    のくだりは とっても楽しそうに一緒に歌っています。
    きっと4人目の子ブタの兄弟になって一緒に やさしいおかあさんのいるおうち を探しに行っているんだろうな・・・なんて母は想像しながら読んでいます。

    母としてはちょっと複雑だったりするのだけれど・・・。
    でもでも最後のページの笑顔が 娘もわたしも大好きです。

     「おかあさんだいすき♪」
    なんてこの本を読んだあと、ぎゅっとしてくれる、かわいい娘なんです♪
    母も思わず ギュッとしてしまいます♪♪

    投稿日:2008/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親近感のわく絵本

    • くるりくまさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子7歳、女の子4歳、男の子1歳

    読み始めてすぐ「これって、うちと同じだ〜。」とすぐに親近感を持ちました。私はこぶたのお母さんに。子供はこぶたのブウ・トン・ヤンの3兄弟に。
    とうとうお母さんの堪忍袋の緒が切れます。(うん、分かる分かるその気持ち・・・私)
    「お母さんはおこってばっかり。こんなうち、もうやーだ」(うん、そうそう・・・子供たち)

    いろんなおうちの子供になってみるけど、やっぱりいいのは自分のおうち。
    子供ってどんなに怒られてもお母さんのことが大好き。うちの子供たちも怒られた後でも「ママ大好き」と言ってくれたり、私に怒られてるのに「ママ〜」ってくるんですよね・・・。子供のほうがものすご〜く大きな愛を持ってるんですよね。どんなに言われたって許してくれるんですから。
    この絵本を読むと、怒らないようにしなきゃ〜って反省します。

    投稿日:2008/09/01

    参考になりました
    感謝
    0

36件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ふしぎな森のものがたり』あいはらひろゆきさん&ちゅうがんじたかむさんインタビュー

みんなの声(60人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット