へっこ ぷっと たれた へっこ ぷっと たれた
構成・文: こが ようこ 絵: 降矢 なな  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
読めば自然とリズムがうまれる!わらべうたをもとにしたあかちゃん絵本

ともだち」 みんなの声

ともだち 作:谷川 俊太郎
絵:和田 誠
出版社:玉川大学出版部 玉川大学出版部の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2002年11月
ISBN:9784472402784
評価スコア 4.75
評価ランキング 683
みんなの声 総数 108
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

108件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • ともだちって…

    谷川俊太郎さんの詩は、本当に心に沁みます。
    小さな子たちにもわかる易しい言葉で、ともだちの本質をついてくる谷川俊太郎さんの詩。
    その詩に、素朴で温かい和田誠さんの絵がとてもマッチして、大好きな一冊です。
    どの学年の子どもたちも、それぞれの思いで、ともだちについて考えられると思い、ブックトークで紹介することが多い絵本です。
    会ったことがなくてもそのこはともだち。
    心を馳せて考えてみよう。ともだちが笑顔になれるように。
    ともだちが笑えば自分も嬉しい。幸せはそうやって連鎖していくんだね。
    ともだちって大切。ともだちって素敵。
    そんなことを、子どもたちに伝えたい。でも、語らなくても、絵本を読むだけでいい。
    谷川俊太郎さんの詩は、誰にでもストレートにと心に響くと思うから。
    これからもずっと大切に読んでいきたいと思います。

    投稿日:2018/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本を久しぶりに読んでみて

    • タオコさん
    • 20代
    • その他の方
    • 岡山県

    「私って友達少ないから・・・」
    この絵本のタイトルを見た時に思い浮かんだのは、友達が放ったこの一言でした。
    「そんなことないでしょう?」
    そう返したものの、私自身も「ともだち」ときいてすぐ思い浮かぶ人は、それほどいないと感じたのを憶えています。
    そもそも、どこからどこまでが「ともだち」なのだろう?
    大親友だけ?
    知り合いも含まれるの?
    それだけに言葉の表現者である谷川さんが、「ともだち」をこの本でどのように表現するのか、少しわくわくしながら表紙を開きました。
    谷川さんの言葉と、その言葉に合わせた和田さんの絵をみると、(未だに)のんびり屋の私を待ってくれた(、くれる)友達を思い出して「こんな状況、そういえばあったな(、あるな)。」とクスリとした場面がありました。
    年月を経ることで、「ともだち」という関係を、複雑に考えてしまいがちになりましたが、その根本は、この本で表現されているような非常に簡潔なことではないかな、と思いました。
    子供だけではなく、何年たっても十分通用することだと思います。

    投稿日:2018/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「ともだち」って…なんだろう

     読み終えて「どこまでが『空』で、どこからが『宇宙』なのかなあ…」とぼんやり考えてしまうような絵本でした…

    はじめは、かわいらしい和田誠さんのイラストにほっこりしながら読み始めましたが、読み進めていくうちにどんどん自分の内面を掘り下げざるを得ない気持ちになっていきます。「きれいごとではなく、あなたは周りにいる人のために、一体何ができるの?」という問いがグサッとまっすぐにナイフのように突きつけられます。大人こそ読んで欲しいタイプの1冊です。

    投稿日:2018/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 5歳にも10歳にも40歳にも読んでほしい

    読点も漢字もない、72ページの作品。

    「かりたものは きちんと かえそう」
    「いやがることを するのは よそう」
    当たり前のことを 優しい絵で語りかけてくれます。

    「すきなものが ちがっても」
    「としが ちがってても」
    「ことばが つうじなくても」
    「にんげんじゃなくても」
    ともだちなんだよ と教えてくれます。

    投稿日:2018/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「ともだち」のこと、子どももおとなも思い返せる本

    • うつぼっちさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子15歳、男の子12歳、男の子8歳

    『ともだちってかぜがうつっても
    へいきだっていってくれるひと。』

    「ええ?(かぜひきたくない)」
    という表情を最初に見せる
    子どもたち。

    『ともだちってみんながいっちゃった
    あとでもまっててくれるひと。』

    ここで女子数名がだまって
    うなずいていました。

    『ともだちってそばにいないときにも
    いまどうしてるかなって
    おもいだすひと。』

    これもけっこううなずく人多し。

    ふだんちょろちょろしている
    男子が注目したのはここ。

    『わるくちはいったっていい、でも
    かげぐちをいうのはよくないな』

    かげぐちってなに?と聞かれます。

    『けんかはしたっていい、でも
    ひとりをたくさんでいじめるのは
    ひきょうだ』

    ここはしんみり聞いていました。

    おとなはとかく
    「○〇をやっちゃだめ」と
    禁止しがちですが

    「○○することはひきょうだ」
    ということをわからせさえすれば
    あとはある程度子どもたちに
    まかせる度量が必要なんだな。

    親にとっても
    考えさせられる
    絵本でした。

    投稿日:2018/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 『ともだち』を読んで

    わたしが心にのこったのは、みんながあそびに行ってもともだちだからまっててくれるところです。
    すきなものがちがってもなかよくしてくれる人はともだちです。
    どこがにてるかというと、すきなものがまったくちがっても、すごくなかよくしてくれるところがにています。
    ともだちにいやなことをしても何もうれしくないけど、みんなでたすけあえばみんながとてもうれしくなるから、大切だなと思いました。
    わたしは、このおはなしを読んで、みんなにやさしくしてあげたいなと思いました。
    いやなことをやってる人がいたら、さいしょはやさしく言ってそれでもきかなかったらちょっとだけつよく言うときいてくれるからちゅういはそう言うといいなと思います。
    わたしが、もしだれかをおいていってる人がいたら、
    「いっしょにあそぶのだったらちょっとまっていてあげたら」
    とやさしく言ってあげたいです。
    わたしは、このおはなしを読んでたくさんのことをまなびました。
    何をまなんだかというと、あたりまえだなと思うことも書いてあったけど、はじめてしったことや大切だなと思うことがすごくいっぱい書いてありました。
    わたしは、この本を読むのがひさしぶりだったけどすごくこの本をえらんでよかったなあと思います。
    これからもちゅういするだけでなくじぶんでよいことかわるいことかをよく考えてよいことだなと思ったらともだちやかぞくにしてあげるといいなと思いました。
    たくさん大切なことが知れてよかったです。

    投稿日:2018/11/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ともだち

     「ともだちってどんな人? どんなきもち?」
     これは私が大人になってもずっと考えていたテーマだ。
     会社の女性の同僚はときに言葉で傷つけたり、ときにすり寄ってきたりする。
     そんなもやもやした感情が、谷川さんのかざらない詩と和田さんの描くシンプルなのに表情豊かな絵によってとかされていく。
     ラインやSNSなどは便利だが、とりつくろったり、うわべだけの言葉を並べているようで、やっぱり相手の気持ちはわからない。
     どんなに年齢がちがっても写真でしか会えなくても「どんなきもち?」と、お互いに思いをめぐらせることがともだちの第一歩なのだと思う。

    投稿日:2018/11/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ともだち

    • あいみささん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子14歳、男の子10歳

    以前、加入しているおはなしのサークルで読み聞かせしました。じんと心に残る絵本でした。色々考えさせられる絵本でした。たくさんの子供たちに読んでもらいたい本です。大人にも読んでもらいたい絵本です。谷川俊太郎さんの絵本は素敵です。

    投稿日:2018/11/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • おともだちって、あったかい

    • サニーふうさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、女の子4歳

    来年から小学校にあがる娘。準備を始める中、新しいともだちがたくさんできるといいなと、わくわくどきどきの様子です。そんな中、いっしょに読みました。

    ページをめくるにつれて、想像力がかきたてられます。
    「ともだち」がどんどんふらみます。
    世界がぐんぐん広がります。
    ともだちの顔が次から次へ浮かんできて、娘も友達の名前をあげながら、「ともだちってね」と、自分だけのともだちストーリーを話してくれました。

    すぐそばの友達だけではなくて、会ったことのないともだちが世界中にたくさんいることに気づかせてくれます。
    ともだちが愛おしく感じる、あったかい本です。

    投稿日:2018/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハッとしました

    ともだちについて子供にあまり説明できていなかったことに気がづきました。そうだったそうだったと子どもだったころのことを思い出しました。
    いろんなともだちについて悩み始めた小1の娘。こういうともだちってすばらしいねと共感し合えた。自分だけだと、どうしても大人の目線からのアドバイスになってしまうけれど、これは子どもの目線だなと。

    投稿日:2018/10/31

    参考になりました
    感謝
    0

108件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

きんぎょがにげた / 100万回生きたねこ / がたん ごとん がたん ごとん / ちいさなあなたへ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



クマ大好きな三戸なつめさんが描く優しいイラストとストーリー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット