しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

パパのカノジョは自信を持っておすすめしたい みんなの声

パパのカノジョは 作:ジャニス・レヴィ
絵:クリス・モンロー
訳:もん
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,700+税
発行日:2002年1月30日
ISBN:9784265801039
評価スコア 4.48
評価ランキング 8,268
みんなの声 総数 32
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 子どもの気持ちに寄り添う

    友人に紹介された時は一瞬「えっ?」と思ってしまいました。

    今まで私が子どもたちに読んできた絵本とはタイプが違っていたからです。

    「それでも読んでみて!」という声に読んでみました。そして第一印象で決めてしまったことを後悔し、この絵本を紹介してくれた友人に心から感謝したいと思いました。

    パパの新しい彼女は少し変。でもそれは自分というものを持っているからこそ。自分に自信があり、自分の生き方を貫こうとしている潔さがあるから。

    だから「あたし」のことも、普通に受け入れてくれて、何気なく寄り添ってくれる。だから「あたし」の気持ちも変化していく。

    その変化の過程がリアルであり、また子どもたちにこころの成長を促していく・・・そういう意味でとてもよい絵本だと思いました。

    思春期の入り口にいる子にそっと手渡したい本です。

    投稿日:2013/08/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • こんな絵本を待っていた!!

    さすがに幼稚園以下の子どもに読むのは抵抗がありますが、小学生の高学年から中学生にかけては読んでほしい、読んであげたい絵本だと思いました。子供も大人の事情がわかるようになりますし、親が離婚をしていて、恋人がいることも不思議ではありません。そんな環境の子供がこの絵本を読んだら「おっ!」と反応してくれそうな気がします。ガミガミ言わないで人間として尊重してくれる姿は、普通のお母さんではなかなか難しいところ。こうした関係だからできるのかもしれませんが、親に恋人がいるのも、まんざらでもないなと思わせてくれる絵本。いいことばかり書くのでなく、こんな環境下にいる子供もいるよ!ということをOPENにしてくれた絵本。私は好きです。子どもに読ませる時期はちょっと考えさせられますが・・・

    投稿日:2011/02/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • よかったじゃない!

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    不思議なタイトルに惹かれ、表紙の面白い絵を見て、中身を拝見!
    パパの新しい彼女は変わってる。すっごくカッコわるいんだ。
    チューバなんて吹いて、ヘンな詩をよんで、すわったまんま、寝たりする。
    カノジョに対する悪口が、次から次に出てくる。
    そして、あたしの目つきの悪いこと!
    認めたくない気持ちが、ひしひしと伝わってきます。
    ところが、時間とともに次第に変化が…
    その内容を見ると、なんて素敵!こんなおとなに、こんな母親になりたいとついつい思ってしまいました。
    気持ちの変化、そして表情の変化もあわせて、いっしょに楽しんでください。

    投稿日:2010/03/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • ぶれない毅然とした女性

     「えっ?」と、声が出てしまいました。
     タイトルが、タイトルですから。
     開いて、やっぱり。
     パパの今のカノジョの話。
     
     斜に構えた、主人公の女の子の鋭い視線。
     パパのカノジョの分析とも言える各ページ。
     今までのカノジョたちより、いちばん長続きしている
     と、いうことはこれまでのカノジョたちは、
     この厳しい評価に耐え切れず、消えていったのかしら(笑)?
     
     ところが、途中から評価が変わっていきます。
     なかなか良いカノジョです。
     母をしている私には、耳の痛い事ばかり。
     一本芯が通っていて、ぶれない毅然とした女性です。
     カッコイイです。
     それが、この女の子には伝わっているんだと思います。
     
     パパとカノジョの先行きは、どうなろうとも
     素敵な大人の女性に出会えてよかったですね。
     息子は、「新しいママになるんだろうか?」と一言。

    投稿日:2009/11/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • タイトルに ドキッ!

    タイトルに、「ドキッ!」としてしまいましたが、やっぱり読みたくて選んでしまいました。絵もなんだかサバサバしてて好感が持てました。パパの彼女に対して初めは快く思っていなくても、かなり好感度が高くて安心しました。思春期の子どもを持つ親御さんにも読んでもらいたいと思いました。

    投稿日:2017/12/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • もうすぐ 父の日なので 図書館の紹介コーナーに置いてありました
    おもしろそうと思って読んでみました
    パパの彼女 ママは?と思うのです
    そこは置いておいてー  
    女の子は パパの彼女のことをはじめは カッコわるいんだ かわってると思うのですが・・・・
    だんだんと 彼女の良さに惹かれていくのです

    彼女は いちばん自分に寄り添ってくれる人になっていくのです
    自分のことを認めてくれて 見守ってくれる彼女
    ケンカして帰ってきたら あたしのみかたをしてくれ、 泣いてもいいんだよ
    命令しない くどくどとお説教もしない
    そして 信頼できる人になっていく過程が見事に描かれていて 感動しますね!

    「いまんとこ、ちょっと いいセンいってるかもね」
    今後の二人の関係はどうなるのかな?
    でも・・・・ もし本当のお母さんでも こんなに良い理解者になれるのかしらと思うんです

    人間は 相性もあるのでしょうが  その人に寄り添うということが愛なのかもしれないとこの絵本読んで思いました
    いい絵本に出会いました!

    投稿日:2016/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • パパの彼女はカッコ悪い?

    少し大人なテーマではありますが、パパの彼女に対する微妙な思いや距離感をうまく表現された本だと思いました。
    終始、わたしからみた見方で描かれていますが、最初は「パパのカノジョはかっこわるい」から始まっているのが徐々に変わっていくところが面白いです。カノジョがわたしのことを想ってくれているエピソードが出てきたりして、次第にわたしも一目おく存在になっていることが伝わってきます。微妙な子供心、女心が表れてます。

    投稿日:2016/01/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • この先の話も気になる!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子4歳

    なんだかこの題名でずっと気になっていたこの絵本、
    ようやく9歳の息子と読みました。

    「パパのカノジョは」と、いきなりの直球の題名に、
    「なになに???どういうこと?パパ、離婚したの?!」と
    なんだか興味シンシンな息子。

    初盤の、ムスメによるカノジョに対するダメ出しも、
    とっても野次馬根性でニタニタしながら眺めていました。

    でもそのうちに、ムスメ→カノジョへの態度が軟化していくことに、
    気づきます。

    このカノジョ、見た目派手で奇抜な感じだけど、
    結構、パパの娘さんを大事にしてくれてることが、
    しっかり伝わってきます。

    絵本には出てきませんが、
    このカノジョが、近い将来、娘さんのお母さんになっていることを、
    願わずにはいられない一冊です。

    投稿日:2015/09/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 複雑、でも仲良し

    このお話は、お父さんの彼女の事を娘が語るお話でした。女の子ならではというか、鋭い分析、冷静な判断がリアルな感じがしてちょっとツボでした!!子供の複雑な気持ちの表現がリアルで自分がこの女の子と同じ状況だったら、って考えてみたりしていてなんか楽しめました。

    投稿日:2015/06/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • パパの彼女って、ママはどうしたの。
    新しいパパの彼女って、どうして新しいの?
    登場しないママとパパの関係、パパと一緒にいる女の子の関係、なんだか想像してしまいました。
    微妙な距離感で、彼女を観察する娘の目は、彼女に好意的な感じに変わっていきます。
    結構いい関係になれそう。
    ママが死んだのだったら、ママも喜んでくれるでしょう。
    生き別れならば、身をつぶしますよ。
    ちなみに私にカノジョは…、残念ながらいません。

    投稿日:2012/09/15

    参考になりました
    感謝
    0

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

みんなの声(32人)

絵本の評価(4.48)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット