あかちゃん研究からうまれた絵本 かお かお ばあ あかちゃん研究からうまれた絵本 かお かお ばあ あかちゃん研究からうまれた絵本 かお かお ばあの試し読みができます!
作: 山口 真美 実験監修: 金沢 創 絵: ミスミヨシコ  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
0歳0ヶ月から読める、あかちゃんのための絵本。あかちゃんとお母さんの反応を実験して作られました。

おふろだいすき」 パパの声

おふろだいすき 作:松岡 享子
絵:林 明子
出版社:福音館書店
本体価格:\1,300+税
発行日:1982年04月
ISBN:9784834008739
評価スコア 4.78
評価ランキング 440
みんなの声 総数 253
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  •  絵本作家の林明子さんはもともとイラストレーターをしていたこともあって、絵本の世界でも注目されたのが絵の分野でした。
     初めての作品となった『はじめてのおつかい』は筒井頼子さんの文章に林さんが絵を描きました。
     その後たくさんの児童文学者の人たちと絵本を作っているのは、林さんの絵がそれだけ魅力的だという証だと思います。
     瀬田貞二さんとは『きょうはなんのひ?』、神沢利子さんとは『ぼくのぱん わたしのぱん』、そして東京子ども図書館の生みの親でもある松岡享子さんとは、この絵本、といったようにそうそうたる児童文学者とともに良質の絵本の創作に、林さんはたずさわってきました。
     そういうことで、絵本の魅力を体得したのではないでしょうか。

     松岡享子さんとの共作になるこの絵本は、1982年にサンケイ児童出版文化賞美術賞を受賞しました。
     「おふろだいすき」な男の子がおふろでいろんな生き物に出合う、とっても壮大なファンタジー絵本です。
     なにしろ最後におふろにやってくるのが、くじらなのですから。一体どうやって男の子のおふろにやってきたのかわからないのですが、そこにくじらがいてもちっとも不思議な感じがしないのですから、不思議なものです。
     ペンギンやカメ、それにカバやオットセイがいるおふろなんて、絶対に素敵だと思いませんか。そんなおふろなら何時間でもいたくなるのではないかな。
     そう思わせるのも、林さんの絵の力の大きさが半分、かな。
     いいえ、いい絵本は文と絵が一体になって初めて生まれるものではないでしょうか。

    投稿日:2018/08/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • おふろの中からいろんなものが飛び出してきて、とても楽しいお話です。
    想像力の世界は際限がありません。
    くじらが出てきたのにはビックリしましたが、楽しく独りでおふろに入れましたね。
    おふろが大好きなのもわかります

    投稿日:2018/01/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどもとお風呂に入ろう

    子供が3歳のときに読んであげた本です。
    読み始めた時は,「お風呂に動物が居るわけがない」と言っていましたが,次々に登場する動物に,いつか夢中になって聞いていました。
    次の日にお風呂に入った時には,「どうしてウチのお風呂にプッカは居ないの」と駄々をこねていました。
    5歳になった今もお気に入りの1冊です。

    投稿日:2009/03/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • おふろが好きになること請け合いです

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    新しい本かと思って読んでいたら、1982年の作品でしか

    も100万部発刊の名作でした。

    25年も前の本なのに、絵に全く古さを感じさせません。

    おふろからいろいろな動物が出てきて、しまいにはクジラま

    でという発想が楽しいです。

    そして、なんと言っても、絵のタッチ、暖かい色合いがステ

    キです。

    必ずおふろを大好きにさせてくれること請け合いです。

    投稿日:2007/05/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふっくら大きめバスタオルを使っています

    息子も娘もこの本が大好きで今はバスルームの棚においています。
    (家族は全員日本のお風呂の方が好きですが、、、)今は洋式のお風呂なので子供たちはバスタブで体を洗い、私も妻もバスタブの横で服を着たまま本を読んであげることができます。
    中表紙のパンツを脱いでいるまこちゃん、よく見ると手と足が汚れていますねえ、それがくじらのシャワーの頃にはすっかりきれいになっています。子供たちがお風呂に入っている時にこの本を読むと、耳のうしろや足の指も忘れずにあらってくれます。
    やはり普段は「早く寝る支度を、、」とお風呂も急かしてしまいがちですが、まこちゃんがいろんな動物と楽しい時間を過ごすみたいにちょっとでもいいのでお風呂で楽しい時間もつくってあげたいなあと思いつつおふろに入れています。
    まこちゃんのように一人でお風呂に入るまではもう少し時間がかかるかもしれません、そして子供と一緒のお風呂もなかなか捨てがたいものですよね。
    「おふろだいすき、お父さんと(お母さん)一緒バージョン」の絵本もあったらいいなあ、、、。
     この本に出会って厚手でふっくら、大きめのバスタオルで子供の湯上りを待ち構えるようになりました。(今はバスタブのすぐ横で待っています。)

    投稿日:2006/03/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • お風呂嫌い必見?

    お風呂に入っているといろんな動物が出てきて・・・ 子供と一緒にお風呂に入ると、よくこの本を思い出して「いまうしろにペンギンがいた」などと冗談を言うまでになりました。お風呂嫌いのお子さんがいたら一度よんであげてみてください。お風呂好きになるかも知れませんよ。

    投稿日:2006/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一緒に入ろうね

    お風呂の中からいろんな動物たちが出てくる不思議な世界。
    かばさんみたいにパパもごしごししてあげるねぇ。
    なんて言ってくれて洗ってくれたり、そのうち絵本に出てこない動物もでてきたり、
    子供の不思議な世界まで。
    パパをごしごししてくれたのは何回かだけですけどね。

    投稿日:2005/05/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • お風呂は楽しい

    • ウィスターさん
    • 30代
    • パパ
    • 大阪府
    • 男の子4歳、男の子2歳

    うちのちびたちはお風呂が大好き。もうお母さんと一緒に入ったのに、私が仕事から帰ってきて入ると勝手に服をぬいで「おふろもいっか〜い」と入ってきます。この絵本はそんな風呂好きの子供たちにぴったり。まこちゃんがあひるのぷっかを連れてお風呂に入ると、かめ・ペンギン・あしか・かば・くじら、とだんだん大きな動物がでてきます。元気のよい双子ペンギンや気の小さいかば、とそれぞれの動物の性格分けもきっちりできていて楽しく読み進めていけます。最後のお母さんの声でみんなもぐってしまって、現実に戻るところはエッツの「もりのなか」(これもいい絵本ですね)を思い出します。
    長男はこの絵本を読んでしばらく、かめさん風に数をとばして数えるのがマイブームになっていました。

    投稿日:2005/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 好奇心をくすぐる?

    日常有り得ない事を楽しく表現した絵本です。子供達は内容に引き込まれたのか絵に引き込まれたのか解りませんがいつもとは食い付きが違います。自宅の狭いお風呂から色々な動物が出てくるなんて・・・子供達の好奇心や夢をくすぐる作品だと思います。
    子供が自主的に手に取る本・・・重要だと思います。

    投稿日:2003/11/01

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!
  • わたしのおかいもの
    わたしのおかいもの
    作:株式会社アーク・コミュニケーションズ 絵:わたなべ ちいこ 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★女の子の「大好き」を詰め込んだバッグ★ デパートでのお買い物を楽しめる、バッグ型しかけ絵本


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(253人)

絵本の評価(4.78)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット