うまれてきてくれてありがとう うまれてきてくれてありがとう
作: にしもとよう 絵: 黒井 健  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
プレゼントにも喜ばれています。いのちの大切さを伝える1冊

おふろだいすき」 その他の方の声

おふろだいすき 作:松岡 享子
絵:林 明子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1982年04月
ISBN:9784834008739
評価スコア 4.78
評価ランキング 429
みんなの声 総数 248
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 読み応えのある絵本です

    読み聞かせしたら意外と長いです。
    その分、しっかりとファンタジーの世界を遊べます。

    言葉も美しいし、林明子さんの温かな絵が、落ち着いて、安心して、お話の世界を楽しめます。

    湯舟から次々と動物がでてくるところが、子どもたちの想像を膨らませます。

    掲載日:2017/10/16

    参考になりました
    感謝
    2
  • おふろが好きになる

    この絵本を読む前は「おふろあんまり好きじゃない」と言っていた子も、この絵本を見たあとでは「かばさんがいるかもしれないから、おふろ好き」と言えるような、とても夢のある絵本です。
    おふろはとても日常的な、とても身近にあるものですが、そのおふろでこんなことが起きたら、毎日おふろに入るのがもっともっと楽しみになるんだろうな。。。
    絵もとても優しくきれいなので、おすすめの絵本です。

    掲載日:2010/12/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • こんな出会いをしてみたい!!

    この絵本は、読んですぐに楽しいと思いました。
    最初は図書館で借りて読んだのですが、我が家の本棚の
    仲間入りをしてしまったほどです。

    お風呂に入るのが好きな子 嫌いな子がいると思いますが
    こんなお風呂があったら、きっと好きになるんじゃないかなぁ〜
    って思います。

    甥っ子もお風呂で顔が濡れるのが嫌いだったんです。
    だけど、この絵本を読んでお風呂の楽しさが広がったようで
    今では進んでお風呂に入っていますよ(^^)

    こんな出会いのヒントは、表紙なんですが…
    怖がりなお子さんには余計に一人で入るのが怖くなっちゃうのかなぁ〜
    とも思うので親御さんが先に読んでみてください。
    でも、「楽しい出会いがお風呂にあるかも??」 って思うと
    オススメ絵本です♪♪

    掲載日:2009/05/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • ふしぎ

    ふしぎなのは、おふろの中からいろんなどうぶつが出てくるところです。

    こんなに小さいところに、どうやって入って、出たんだろうっておもいました。

    びっくりしたことは、でっかいかばがおふろに出てきたところです。

    びっくりしちゃいました。

    どうぶつたちと、からだをあらったり、あそんだりしたら、たのしいだろうとおもいました。

    ぼくの、おふろにも出てきてくれないかなあっておもいます。

    「おふろ」の本のはなしににてるとおもいました。

    掲載日:2009/04/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • ゆめのような おふろのぼうけん

    おふろずきの 男の子のまこちゃんは アヒルのプッカをつれてお風呂場で体を洗っていると    なんと大きなかめが登場 
    ペンギンも そして オットセイが石けんのみこんで  おきなしゃぼんだま
    お話の展開が ダイナミックです
    そして 大きなカバが 体を洗ってほしいというのです

    くじらも登場

    まこちゃんがお風呂大好きな気持ちが おおらかで 夢の世界へ連れて行ってくれます

    いい顔の お風呂上がりの まこちゃんのかお 最高ですね! 

    掲載日:2017/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • お風呂は子供のワンダーランド

    どこかでみた絵だなと思っていたら「こんとあき」の林明子先生の絵じゃないですか。子供の持つ雰囲気を出すが丈夫でほっとします。
    お風呂はワンダーランド、大人には見えない不思議な世界が展開していくのですね。私も子供の頃は、お湯の中にはいってここは水の王国で私はお姫様だなんて妹と遊んでいました。
    おふろだいすきの男の子はあひるのぷっかが最初で、かめ、ぺんぎん、おっとせい、かば、ときてさいごはくじら!! どこまで動物がお風呂場にはいってくるのだと思っていたら、おかあさんの声で空想は終わり、でも気持ち良いお風呂みたいでよかったですね。

    掲載日:2007/07/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 広がる世界

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子15歳、男の子13歳

    この絵本を読むと間違いなく予想通りの反応を示してくれる子どもたち
    次々と現れる動物にどんどん引き込まれていき
    子供の目はキラキラ輝きます

    自分ちにもペンギンぐらいはいてもいいかもと
    真剣に考えたりするところがかわいい
    お風呂の中でも子供と会話が弾むこと間違いなし!!

    掲載日:2007/05/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • スケールの大きいお風呂タイムのお話。

    • 梨華さん
    • 30代
    • その他の方
    • 北海道

    まこちゃんが、いつも通り、あひるのプッカと一緒にお風呂に入っていると(・・;)
    カメにペンギン、オットセイ、カバにクジラが現れて(☆o☆)
    個人的には、オットセイのシーンとクジラの登場シーンが楽しく感じられました(*^o^*)
    毎回、こんなお風呂も大変そうではございますが(^_^;)夢がありスケールの大きい、楽しいお風呂タイムのお話でございました(o^_^o)

    掲載日:2006/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • お風呂場での空想遊びを、とっても楽しくしてくれています。

    きっと誰もが子どものころに、お風呂を広大な海に見立てておもちゃを浮かべたり、動物と遊ぶところを想像したことがあると思います。

    そんな子どもの気持ちを、とっても上手に表現している絵本ですね。

    この絵本を読んだ後は、お風呂が大好きで、楽しくて楽しくて仕方ない。
    この絵本を読んだあとは、そんな気持ちにさせてくれると思います。

    掲載日:2006/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • よみがえります

    幼い頃にこの本を読んだ後お風呂に入るたびに、
    なんともいえない恐怖とほんの少しの期待感を
    抱いていたことを今でも思い出します。
    子供にとっての身近な日常体験である「お風呂」
    に入るということを、とてもドラマティックな出来事
    として描いている本作品は、読み聞かせてあげるのも
    よいかもしれませんが、個人的には、子供が一人で
    絵本の世界に想像力をめぐらせることができるような
    配慮をしてあげてもよいと思わせるような名作だと思います

    掲載日:2006/07/06

    参考になりました
    感謝
    0

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。
  • こねこのチョコレート
    こねこのチョコレート
    作:B・K・ウィルソン 絵:大社 玲子 訳:小林 いづみ 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    これは弟のプレゼント。おいしそう、でも食べちゃダメ、食べちゃダメ…。


『藤城清治 影絵の絵本 グリム』<br>藤城清治さんインタビュー

みんなの声(248人)

絵本の評価(4.78)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット