もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

リサとガスパールのであい」 みんなの声

リサとガスパールのであい 作:アン・グットマン
絵:ゲオルグ・ハレンスレーベン
訳:石津 ちひろ
出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2002年05月
ISBN:9784893092540
評価スコア 4.55
評価ランキング 5,200
みんなの声 総数 57
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

57件見つかりました

  • 出会いは・・・

    リサ&ガスが大好きで全巻持っていますが、この本は2人(?)の出会いの本です。
    初めての印象は、良くなかったけど、今では最高の友達。
    可愛すぎます!!!
    上の子は、リサの走り方が面白いみたいです。
    最近では、子供2人もリサ&ガスにはまってます。

    投稿日:2007/05/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • スカーフの色が違うんですね

    娘がリサとガスパールが好きなのでよく図書館でシリーズを借りては読んでます。ふしぎな動物?リサとガスパールは最初どこかいつも見ているのとかんじが違うよなと思っていたのですがスカーフが違ったんだと読んでわかってすっきり。最初リサが青でガスパールが赤だったんですね。

    投稿日:2007/05/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 出会いの季節にちょうど良かったです。

    • れんげKさん
    • 30代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子6歳、男の子6歳

    絵に惹かれて手に取りました。
    有名で、絵だけだったらよく見ていたんですが、絵本は実は初めてだったんです。

    であいということで、小学校に入ったばかりの子供たちには良かったようです。
    何がきっかけで仲良くなれるかわからないですよね。
    なんだか、リサとガスパールがとっても身近に感じられました。

    学校でも、こんな風にして友達ができているのかな?と思うと、私にとっても感慨深い絵本となりました。

    投稿日:2007/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 出会いはよくなかった?

    今は人気者の「リサ・ガスシリーズ」の一冊。
    2人(いや匹?)の出会いをガスパールの視点から描いたものです。

    出会いは仲がよくなかったんだな〜とか、マフラーの色は最初は違ったんだな〜とか、この絵本を読まないと「リサ・ガス」の原点を知らないみたいで(!)、シリーズの他の本を読む前にこの本を読まなくては!と思ってしまいました。

    是非他のシリーズを読んだら、この本も読んでみて下さい。
    2人のキャラクターが違う感じで、おもしろいですよ。

    投稿日:2007/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ホントは一緒に楽しみんだけど・・・

    • そやでさん
    • 20代
    • その他の方
    • 大阪府

    (ホントは仲良くなって一緒に楽しみたいんだ)
    意に反してガスパールは転校生であるリサには何かと文句をつけて一緒にしないでくれと突っぱねます。
    最後の階段越しの会話が良いですね。リサが自分のマフラーをガスパールに巻いてあげて、、。
     ふとしたきっかけで仲良くなっちゃう。子供ながらのプライドと、本心では友達でありたいとの心模様をうまく表現した作品だといえます。やっぱこのシリーズ、好っきゃなぁ。

    投稿日:2007/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 仲良しになるきっかけ!

    ぐりぐらのようなかわいいシリーズ。
    イヌだかウサギだか分からない、なんだか憎めないキャラクターで二人はいつも一緒仲良し。今回はその出会いの話。
    誰もが経験したことのあるような経験から仲良しとなる描写がなんともかわいいんです。
    急に現れたリサを目の敵にするガスパールがいつの間にかリサを気遣うようになります。
    すっかりハマリました。仲がいいんだか悪いんだか分からない二人ですが、とてもその辺がリアルで、絵の隅々までじっと見入ってしまいます。色遣いがとてもヨーロッパ的で原色が多いのですがジワーっと心に伝わってきます。シリーズ全部集めてしまいそうです。

    投稿日:2007/01/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • キャラクターが一人歩きしてるわけではない

    巷ではキャラクターばかりが先行してる感があって、流行ものに流されたくないあまのじゃくな私はどうにも見る気になれなかったのですが、
    興味本位で一冊だけ、と手に取ってみたのがこれでした。

    手に取ってよかった!!キャラクターの魅力以上に絵本での彼らは活き活きしてる事に驚きました。
    ただの癒し系キャラではないのです。
    彼らもちゃんと紆余曲折を重ねている、人並みに苦悩しているのです。(ちょっと大袈裟だけど)
    そこにたまらなく魅力を感じて他のも読んでみたい!!とまた惹き付けられてしまいます。

    投稿日:2006/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • そうだったのか!

    リサとガスパール、最初は仲良しじゃなかったんだ。
    意外な事実が発覚しました。
    似たもの同士って、最初は鼻に付くもんなんですね。(笑)

    投稿日:2006/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • キャラクター

    実このシリーズの絵本を初めて読みました。

    キャラクターは知っていたんですけどね。妹が大好きで携帯のストラップに付けているし、絵葉書も貰ったことあるし。

    あまりにも人気キャラクターなのでちょっと腰が引けていたのかもしれません。

     この絵本はリサとガスパールの友情が始まったところを描いたもの。

     転校してきたリサ、ガスパールはクラスメイトに「似ている」とからかわれます。

    子供ってどんなことでもひやかしの対象にしますよね。

    で、勿論ガスパールは反発します。

    リサはクールで何も悪いことをしていないのに、「似ている」と周囲からいわれるだけで厭なんです。

    それが、かけっこ競争を通して。。。

     なんといってもおしゃれでかわいい絵柄とキャラクターの勝利。
    この一冊だけで充分 2匹(?)の魅力に参ってしまいました。
    ストーリー自体はありがちなんですけどね。

     ところで、クラスメイトは結構リアルなヨーロッパの子供に描かれているのですが、主人公達って一体何なんでしょう?

    犬ですかね??

     細かいことは置いておいて、すごく素敵な本なので星5つです。

    投稿日:2006/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • エピソード1

    • うららさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    童心にかえる絵本。
    むじゃきだったり、いたずらだったり、いろんな気持ちを思い出させてくれる、リサとガスパールのシリーズですが
    これは2人の出会いを描いたもの。

    とっても仲がいい二人ですが、初めから仲良しだった訳ではないんですね・・・
    いいこ過ぎないエピソードが親近感がわきます。
    私はシリーズの中でこのお話が1番好きです。

    投稿日:2006/04/12

    参考になりました
    感謝
    0

57件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

みんなの声(57人)

絵本の評価(4.55)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット