宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

リサとガスパールのであい」 みんなの声

リサとガスパールのであい 作:アン・グットマン
絵:ゲオルグ・ハレンスレーベン
訳:石津 ちひろ
出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2002年05月
ISBN:9784893092540
評価スコア 4.55
評価ランキング 5,184
みんなの声 総数 57
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

57件見つかりました

最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 次の10件 最後のページ
  • 単なる可愛いキャラではなかった

    このごろのテレビの影響で、リサとガスパールの可愛いさに惹かれている息子。絵本クラブで届いたこの絵本。「ガスパールだあ!!」とすごく喜んでいました。
    リサとガスパールは人間らしい悩みをもっているし、今回は友情がテーマですごくよい作品だと思います。似ているから鼻につく。そんなことって人間関係ではあること。そういったことを扱っている絵本だから、大人にも人気なのかもしれないなあと思いました。

    投稿日:2006/03/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • CMを見て見入る?!

    育児教室で持ち回り読み聞かせ当番で下の子と一緒に読みました。話はたぶん少し難しいと思ったので半分わかっているのかわかってないのかだと思うのですが今テレビで見かけるキャラクターとわかるとおとなしく見入ってました。
    絵をみてもとても楽しめる絵本だと思います。

    投稿日:2006/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵がとてもかわいいです。

     リサのシリーズは子供も大好きなのでほとんど読みましたが、リサとガスパールの出会いについてよくしらなかったので、へ〜出会いの本もあるんだという感じで買いました。
     やっぱりこのシリーズは絵がきれいでかわいい!!!
     学校の生徒がみんな人間なのに、リサとガスパールだけが動物だというところもなんだか面白いです。
     子供も親も読んで楽しめるのでおすすめです!!!
     

    投稿日:2006/02/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「リサとガスパール」シリーズは色使いやタッチに,日本の作品にはないフランス独特の美しさがあり,美術館に行かなくても家で芸術に触れることができる作品です。息子にはすばらしい絵を沢山見て,感性を磨いって欲しいなぁと思います。
    この作品は,まさにリサとガスパールシリーズの原点。いつでも仲良しの二人の出会いやチャームポイントであるマフラーの秘密もあかされています。
    リサに少し意地悪してみたり,けんかをして負けても負け惜しみを言ったり,仲直りに「ごめんね」ではなく「給食の時にまずいものを教えてあげる」と言ったりと,ガスパールの子供らしさ,かわいらしさがいっぱいつまったお話です。
    シリーズの中でもまっさきに読んで欲しい本です。でも,これを読んだらきっと,ほかも全部集めたくなりますよ。

    投稿日:2006/02/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今年の手帳を買おうとさがしていて、ひとめぼれしたのが、この「リサとガスパール」。
    絵本の存在を知らずに、かわいくておとぼけな?ふたりの絵にまず惹かれました。
    そんな折、本屋さんで、たくさんこの絵本のシリーズがあるのを知り、
    またまた原画展が開催されるのを知り、観に行き…
    ますますふたりが好きになりました。

    この「であい」は、転校してきたリサと、ガスパールがなかよしになるまでの物語。
    表紙の絵は、何をしているところでしょうか?
    さあ、読んでみましょう♪

    色彩ゆたかであざやかなのに、ハデな感じはせず、心なごむかわいい絵。
    ふたりの考えることや、やっていることは、とても身近に感じられて、ほほえましくて、
    おかしくて、つい笑いがこぼれてしまいます。
    ご夫婦合作のこのシリーズ、これに続く物語も楽しいですよ。
    これからもいい作品を楽しみにしています♪

    投稿日:2004/02/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親友との出会い

    • はなしんさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子6歳、男の子4歳

    リサとガスパールは親友ですが、そんな二人の出会いの頃のお話です。
    初めから仲良しだったわけではなく、リサは、自分にそっくりで、色が違うだけの転校生を強烈に意識するあまりにか、敵対心を抱いてしまいます。
    でも、本当はガスパールに好奇心満々なのに・・・。
    なんだか実際にありそうなお話なので、興味深く読めました。

    投稿日:2004/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • であいは大切にしようね

    • ミブノさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子8歳、男の子5歳、男の子3歳

    この本の絵が好きで初めは購入しました。娘はまずえがかわいい!と感動してこれは犬?何?と聞いてきました。さぁ?本の内容はというと、転校生のリサとリサと色違いで激似のガスパールが友達になるまでのお話。そう最初はリサのことが自分に似ていると冷やかされて嫌いだったのにあることがきっかけで(読んでからのお楽しみ)仲良しになる。イイ話です。そういえばリサは一言も話してないかも!ほのぼのあったかい感じです。この出会い色々シリーズがあるようで家の娘はもう次が読みたいとか言っています。誕生日まで待てないお気に入りの一冊のようです。

    投稿日:2003/12/15

    参考になりました
    感謝
    0

57件見つかりました

最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



大自然の中に遊びにいこう!米国で人気のシリーズ第四弾

みんなの声(57人)

絵本の評価(4.55)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット