ロングセラー
じっちょりんのあるくみち

じっちょりんのあるくみち(文溪堂)

春のみち、下を向いて歩くのが楽しくなる絵本。

  • かわいい
  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

せかいはいったいだれのもの?」 ママの声

せかいはいったいだれのもの? 作:トム・ポウ
絵:ロバート・イングペン
訳:小川 仁央
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
税込価格:\1,430
発行日:2000年12月
ISBN:9784566007048
評価スコア 4.09
評価ランキング 23,905
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 愛情ある答え

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子6歳、男の子3歳

    国際アンデルセン賞を受賞された
    ロバート・イングペンの絵本ということで読んでみました。

    絵がリアルで、でも温かみがあり、
    お話も素敵で、とてもよかったです。

    せかいってなに? だれのもの?
    と聞かれて、こんなに愛情ある答えがあるでしょうか?
    こんな風に言われたら、どの動物もうれしいでしょうね。

    投稿日:2019/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • おまえのために

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    「せかいはいったいだれのもの?」と動物の子供たちが各々の親に質問をします。
    動物の親たちの答えは「おまえのものだよ」。子供に世界とは何かを説いてこんな風に答えてくれる動物の親たちに愛情を感じました。
    最後に人間の子供も同じ質問をするのですが人間の親の答えは「おまえのもの」ではありません。
    私は動物たちの答えのように「あなたのためにある」と答えそうだなー。

    投稿日:2015/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「ぼうやのそば」

    「おまえのものだよ」と読み聞かせられた子供たちは
    その度に安心感を持てるのではないかと思いました。
    何より印象的なのは、広い広い世界だけどパパの世界は「ぼうやのそば」
    というところです。
    慈愛にあふれたとても素敵な内容でした。

    投稿日:2010/04/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなのもの

    • ねーねーさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子12歳、女の子11歳

    いろんなどうぶつの親子が世界はだれのものかを話しています。初めはてんでに自分たちのものだと言っているので、何か違うんじゃないかな〜と思って読み進めていきました。

    最後に人間のパパとこどもが話しています。
    世界は誰の為にあるの?
    遠い空の向こうで生きているであろうたくさんの動物の為にある。そしてもちろん人間のためのものでもある。

    実際、子供にこんなこと聞かれたら困ってしまう。
    世界は誰かの為にあるとか考えたことないな〜
    作者は明確に答えをくれていると思いますよ。

    投稿日:2007/10/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ていねいな絵本です

    • ちいははさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子15歳、男の子12歳、男の子7歳

    文章も絵もとてもていねいだと感じました。

    一年生の息子がいろんなお父さんやお母さんの答えを聞くたびに「違うよ、違うよ。」って言います。
    最後の答えにやっと安心します。

    いろんな生き物がいて広い世界があるっていうことを、無理なく教えてくれます。優しい気持ちになれる絵本です。

    絵も、親子の掛け合いも楽しんでください。

    投稿日:2006/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自然界に住む動物達の子供が、側にいる親に向かってこう聞きます。
    「せかいって なに?
     せいかいって だれの もの?」
    それぞれの動物の親達は、それぞれ自分達の世界、自分達の物だよ。と、答えます。
    最後に人間の坊やが、パパに同じことを聞きます。
    パパはこう答えます。
    「せかいってのはね、とっても とっても ひろんだ。
     せかいは いきとし いける みんなの ものなんだ!」
    この絵本は、とっても大切なことを教えてくれる気がします。
    イラストもとってもきれいで、動物達が写真みたいにリアルでした。

    投稿日:2003/07/15

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / 100万回生きたねこ / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / かいじゅうたちのいるところ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話


『きゅうきゅうブーブー』tupera tuperaさんインタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.09)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット