話題
トリック オア トリート!

トリック オア トリート!(くもん出版)

おかしくれなきゃ、いたずらしちゃうぞ! 仮装した4人組は、次々におもしろい家を訪れます。楽しいハロウィン絵本!

  • 全ページ
話題
オオイシさん

オオイシさん(偕成社)

全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪

  • 全ページ

りんごとちょう」 絵本紹介サイトの声

りんごとちょう 作:イエラ・マリ エンゾ・マリ
解説:真船 和夫
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1976年
ISBN:9784593500567
評価スコア 4.3
評価ランキング 17,169
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 文字が一切ありません。ビビットな色使いの絵から想像力を膨らませて読んでいくのです。
    根底となるものは、「りんごのなかの虫はどこからくるか?」
    最近では農薬散布のため、りんごの中に虫が入っていることはなくなったのですが、以前はりんごの果皮がどこも食い破られていないのに、中に虫が入っていることが多かったそう。その疑問を絵のみで解明した絵本なんだそうです。
    虫は自然発生したものではなくて、りんごの受粉の際に産み付けられた卵が、かえったもの。
    大人でもわからないようなこの疑問を、この絵本は見事に絵だけで表現した絵本なのですね。

    娘も難しいことはわからないものの、ページをめくるたびに、コマがどんどん進んでいく様子には、とても興味を引かれたみたい。虫がさなぎになり、蝶となり、飛び立って花に降り立ち、赤い卵を産み付ける。そして青い実ができる。赤と緑と茶色が織り成すビビットな色使いの絵は、まるでアニメーションを見ているかのようです。
    まだ小さい子どもには、アニメーションのようにただパラパラと絵本をめくってあげてください。
    そして昆虫がさなぎになり蝶になるという仕組み、受粉の仕組みが理解できるようになった小学生にも是非、読んでほしいと思います。子ども達がどんな風に想像力を発揮するかはわかりませんが、それぞれに感じることができるはず。幅広い年齢層に読んでほしい1冊です。

    投稿日:2003/07/16

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ただいマンモス
    ただいマンモス
     出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    ただいマンモス、おかえリンゴ!冴えわたる怒涛の連続ダジャレストーリー。ぜひとも声に出して読みなシャレ


ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.3)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット