ごみじゃない! ごみじゃない!
作・絵: minchi  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
minchiさん、待望の最新刊! みーんな だいじな たからもの

いそがしいよる」 みんなの声

いそがしいよる 作・絵:さとう わきこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1987年9月15日
ISBN:9784834002997
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,385
みんなの声 総数 85
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

85件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • ロマンチックな夜のはずが

    ばばばあちゃんらしいですね。
    家から外へのお引越しが延々と続きます。
    何か持って来たら、あれやこれやと思いついてというのは
    よくあることで、おかしいです。
    ついて歩くねこちゃんも大変そう。
    最初っから、雨降らないかなあ、、と見ていたら
    ばばばあちゃんも、雨の心配。
    いつも、楽しいばばばあちゃんのシリーズです。

    掲載日:2017/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • さすが

    星がきれいで、星空の下で眠りたくなったばばばあちゃん。
    ベッドをだし、お茶のセットをだしてきて……と、ここまでは、「わかる、わかる」と思いつつよんでいたのですが、その後の展開には、びっくり。
    思わず、笑ってしまいました。
    パワフルなばばばあちゃんらしいお話です!

    掲載日:2017/04/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • シリーズ1作目

    美しい星空に惹かれて外に揺り椅子を持ち出したばばばあちゃん。家に入ってしまうのは惜しいからと、外で寝ることにして、ベッドやお茶屋テーブル、レンジに冷蔵庫などなどを、次々に外へ運び出します。
    いつも突拍子もないことも思いつく、元気いっぱいのばばばあちゃん。今回も豪快に行動していました。
    我が家では読んだ順番はバラバラでしたが、こちらがシリーズの1作目とのこと。シリーズのどのおはなしも楽しくて、我が家では親子で大ファンです。

    掲載日:2014/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 笑っちゃいます♪

    きれいな星空をずっと見ていたかったばばばあちゃんは、
    揺り椅子を外に持ち出します♪
    でも、どんどんといろいろなものがほしくなり、家の中の
    家財道具をほとんど外に運び出しちゃうんです!!
    そして、しまいには、それらがぬれると困るので、テントを
    はるんです。
    「そしたら、星空見えないじゃーーーん」
    と、ついつっこみたくなってしまう内容に、大笑いしてしま
    いました!!
    ばばばあちゃんが近くにいてくれたら、おもしろいのになと
    思いました♪

    掲載日:2014/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大笑い!

    4歳年少の娘は,幼稚園に「ばばばあちゃんシリーズ」があるようで,このシリーズを見ると必ず読んでと持ってきます。

    今回は,夜空の下で眠りたいばばばあちゃんのお話です。
    外にベッドを出し毛布と枕も用意して,でも温かいお茶も必要かな,とここまではまだいいとして(笑)これもあれも必要かな〜と家中の物を外に出してきます。まるで引っ越しのように!
    そして最後は雨が降ってきたら困るからとテントで。
    はい!当初の目的をすっかり忘れて眠りにつくばばばあちゃんでした(笑)。

    娘は家の中の物を次々出していくばばばあちゃんに大笑いでした!
    現実にこんなおばあちゃんがいたら困っちゃいますけどね。

    掲載日:2014/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ばばばあちゃん最高傑作かも?!

    2歳の息子に図書館で借りてきました。

    ばばばあちゃん大好きなのですが
    今回は今まで読んだ中で一番面白いんじゃないかな?
    というくらい我が家では最高傑作です。

    なんのために外に出たんだか・・・
    すっかり忘れちゃうあたりは本当に
    ばばばあちゃんらしいですよね。

    掲載日:2014/08/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひっこし???

    • サマさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子6歳、女の子4歳

    面白そうと娘が選びました。

    読んでみましたが、ばばばあちゃんというおばさん?おばあさん?が夜空の星をゆっくり見るために、庭に家財道具を運び出し、環境を整えていく話。
    しかし、雨が降ってはいけないと、テントをはり、安心して眠るというもの。
    星空見えないじゃん!!!でした。

    家の中からいろいろものを運び出すシーンは子供たち大喜び。読んでいる私は「ほんとにばあちゃんなのかしら?ずいぶんちからもちね」と笑ってしまいました。

    ついにはテントを張ってしまうときには7歳のお兄ちゃんが「ダメじゃん」と突っ込んでいました(笑)

    みんなで楽しめました。ほかのばばばあちゃんのお話も読んでみたいです

    掲載日:2014/06/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもをわくわくさせる本

    • korさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    私が小さいころに非常に楽しく読んだ本でした。読み聞かせながら懐かしく感じていたのですが、子どもも真剣に聞き入っていて、読み終わるなり、「○ちゃんも外で寝たいな。れいぞうこ持っていけるかな?」と感想を言っていました。それを聞いて、私も小さいころに、この本の、「外にベッドを持って行って、熱いお茶を飲んで、星空の下で寝る。」という非日常感を、非常にわくわくしながら何度も読んだことを思い出しました。子どもの想像力を豊かにしてくれる本だと思います。

    掲載日:2014/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゆかいなばばばあちゃん

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    星が見たいと荷物をお外に運び出すいそがしいばばばあちゃん。
    行動もオチもとってもゆかいな楽しいお話でした。
    他シリーズも読もうと思います。
    子供も気に入ったようで何度も持ってきています。
    お話はまだ2歳の子にはすべては理解できていないかと思いますが、楽しそうでした。

    掲載日:2013/10/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 3歳大笑い

    3歳次女は「ばばばあちゃんシリーズ」が大好き。この絵本は1冊目なんですね。

    ばばばあちゃんが星空のもとで寝ようと考えてベットをお家から持ってくるのですが、次から次へと「あれも必要かも」なんて持ってくるので、引っ越し状態に。次女は「ばばばあちゃん、持ってきすぎや」と笑いながら、絵本に向かって怒っていました。それに最後は星空関係なくなってしまってるし…。でもこんな風に過ごしたいなとばばばあちゃんが羨ましくもなりました。

    掲載日:2013/08/22

    参考になりました
    感謝
    0

85件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「誰もが誰かの大切な人」米国で人気のシリーズ第一弾

みんなの声(85人)

絵本の評価(4.7)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット