へっこ ぷっと たれた へっこ ぷっと たれた
構成・文: こが ようこ 絵: 降矢 なな  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
読めば自然とリズムがうまれる!わらべうたをもとにしたあかちゃん絵本

おばけかぞくのいちにち」 みんなの声

おばけかぞくのいちにち 作:西平 あかね
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:2006年07月
ISBN:9784834022094
評価スコア 4.58
評価ランキング 4,219
みんなの声 総数 116
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

116件見つかりました

  • おばけのパパのお仕事は

    3〜5歳児に読みました
    子どもの大好きな「おばけ」が出てくる絵本だと、最初から集中力抜群です
    そのおばけは、みんなが寝る時間になると起きてきて保育園に行ったり、パパはお仕事したり・・・
    「え?お仕事?」そのお仕事を知って子どもは「アハハハ」
    それにしても昼間寝ないと足が映えて人間になっちゃうよ〜は笑えます
    3歳児も最後まで良く見ていました

    投稿日:2013/05/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほのぼのオバケ

    オバケのお話ですが、ちっとも怖くはありません。
    むしろ、かわいい。
    人間の家族と対比するように描かれているので、比べてみると面白いですね。
    「私達と同じだな」と思う場面もあったり、「やっぱり、オバケだな」と思う場面もあったりしました。

    投稿日:2013/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと混乱する

    おばけの一日と人間の一日を
    同じ時刻になにをしているか
    見開きで比較して描いてある。


    そのやり方は分かりやすいはずなのですが、
    人間の生活があまり朝、昼、晩を明確に
    描写していない。

    つまりほとんど室内ばかりだから
    ピンとこない。特に夜はもっと
    真っ暗で静かな感じを出したほうが
    日中とのコントラストがついて分かりやすいと思う。


    良かったのは、息子が持っていた
    おばけに対する軽い好奇心が満たされたようで
    何回も読んで読んでとリクエストされます。

    投稿日:2013/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばけの生態を知りたい子供は興味津々

    3歳の息子はおばけが怖いので、
    敵であるおばけの生活を描いている本にとても関心を持っています。

    人間の家族と、おばけの家族の一日を、
    同じ時刻ごとに描いてあり、
    そのコントラストを楽しむというものなのですが、

    人間家族の朝、昼、晩がほとんど家の中の描写なので
    ビジュアル的にとてもわかりにくい。

    朝は、さわやかな青空とベタですが小鳥が飛んでいる、
    昼は、太陽がサンサンと照っていて子供たちが活発に遊んでいる、
    夜は、かなり暗くして月と外灯をほんのり明るくするだけ、

    などの明確な描写をしてくれると分かりやすく、
    おばけがいかに異質で、夜に活動する怖いものだということが
    表現できるのにと残念に思いました。

    投稿日:2013/03/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 同じだね

     おばけなんて、ぜんぜんこわくない。そんなふうに思えるたのしいお話です。おばけのおかあさんも忙しいですね。子どもは、好奇心いっぱいです。
     おばけかぞくの一日も、昼と夜が逆転してるだけで、私たちと同じなんだなと、ほほえましくなります。

     おばけの絵本はこわくて苦手、というこどもでもこれなら楽しく読めそうです。こどもおばけと、大人おばけの形がちがうのもおもしろいなとおもいました。

    投稿日:2012/09/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人間の世界も

    このシリーズの一号初めて読みました。
    おばけの世界だけでなく人間の世界もでてくるんですね。
    これを読んでから息子は
    いまおばけは何してるのかな、寝てるのかな、なんて言います。
    おばけは怖いのに、このお化けは可愛いので好きみたい。
    他のお話も読んでみたいと思います。

    投稿日:2012/07/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばけって

    2歳9カ月の息子と読みました。
    最近、オバケを怖がるようになった息子。
    つい、早く寝ないとオバケさん来るよ!と脅してしまう私。
    何かオバケの本で良い本ないかなと探していて出会ったのが
    この本です。
    オバケの家族の1日が可愛く描かれていて、怖くありません。
    でも、お父さんオバケのお仕事は人間を脅かすことだし、
    オバケは夜起きて、昼寝ているし、息子のオバケのイメージと一緒。
    オバケに怖いイメージだけをつけないであげたいなと思っていたので
    本当にぴったりでした。
    息子はというと、特に気に入った様子は無く、普通にさらっと聞いていました。

    投稿日:2012/07/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばけの生活

    可愛いおばけ大好きな4歳長女に購入しました。人間の生活とおばけ家族の生活が描かれています。
    (おばけは人間が寝る夜になったら、仕事をして、おばけのこどもはおばけの保育園へ行くなど。)
    4歳長女はとても気に入ったようです。「おばけはこんな生活してるんだねー」と言っています。
    でもとても可愛いおばけ家族なので、「夜寝ないとおばけがくるよ」と言っても、全く効果がないのですが・・・。

    とても面白い絵本です。

    投稿日:2012/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • いまいち。。。

    おばけの話って子供好きだしと借りましたが。。。
    人間家族の1日とおばけ家族の1日を比較するという内容ですが
    私が読んでても、あまりおもしろくなく、子供はふ〜んって感じで
    イマイチ絵本が何を伝えたいのか理解できてないようでした。

    投稿日:2012/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばけに親近感

    おばけの家族が私たちの日常と同じように描かれていてとても楽しく読みました。

    昼夜逆転しているところはさすがおばけ家族!

    でもお母さんがスーパーに行ったり、食事の用意をしたり、
    おばけの兄弟がけんかをしたり・・・

    ちょっと怖い存在のおばけも、こんな風に当たり前の日常生活を送っているかと思うと少しだけ親近感がわいちゃいますね♪

    投稿日:2012/02/20

    参考になりました
    感謝
    0

116件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / ねないこ だれだ / とうさんまいご / でんしゃ / おまえ うまそうだな

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • いきてる
    いきてるの試し読みができます!
    いきてる
    作:中山 千夏 絵:ささめや ゆき 出版社:自由国民社 自由国民社の特集ページがあります!
    あなたがここにいることそれが何よりも大切なこと。


『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット