宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

おばけかぞくのいちにち」 その他の方の声

おばけかぞくのいちにち 作:西平 あかね
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:2006年07月
ISBN:9784834022094
評価スコア 4.58
評価ランキング 4,219
みんなの声 総数 116
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おばけのじかん
    夜になると小さい子ども達はおばけの時間   早く寝なさいとおかあさん お父さんに言われます

    おばけのさくぴーとたろぼうのかぞくでは やっぱり おばけの ほいくえんがあるんですね〜

    おばけの家族の生活ぶりが 楽しめます
    やっぱり おばけも 生きるためには 忙しく働いている様子が 人間の生活と同じで共感できるのが不思議です
    おばけ保育園もリアルで たのしい
    たろぼうに足が生えてきたのが 笑えましたが・・・・

    かわいいおばけのお話ですね

    投稿日:2015/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばけのせんせい

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     そうか、おばけは人間と正反対の時間に活動、いや
    何て言うか幽動?しているのかと、感心しました。
    では私も、それに近いですねぇ…、足がなくなるかな?
     見返しの地図に興味を持ちました。
    おばけさん一家は、墓地には住んでいないんですねぇ、
    墓地のそばの大木ですか…、これからは掌を合わせましょう。
    保育園を共用しているところが、おもしろいですね。
    おばけのせんせいの仕事、とても興味がありますよ、
    お父さんのが「人間をおどろかせること」でしたからね。
     さて、そろそろ寝ますか。ヒュードロドロ
    感謝

    投稿日:2015/04/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばけのパパのお仕事は

    3〜5歳児に読みました
    子どもの大好きな「おばけ」が出てくる絵本だと、最初から集中力抜群です
    そのおばけは、みんなが寝る時間になると起きてきて保育園に行ったり、パパはお仕事したり・・・
    「え?お仕事?」そのお仕事を知って子どもは「アハハハ」
    それにしても昼間寝ないと足が映えて人間になっちゃうよ〜は笑えます
    3歳児も最後まで良く見ていました

    投稿日:2013/05/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • タイトルが気になった!

    • 15さん
    • 20代
    • その他の方
    • 京都府

     書店で平積みされていたのですが、表紙を見て思わず手に取りました。
     読んでみると、とってもほほえましいお話。
     
     起きてから寝るまでの一日のおばけの生活を知ることができます。
     おばけの仕事や、今日の献立、けんかの内容まで(^^)

     細かいところまでいろいろ描かれていて、じっくり読んでると大人も楽しめます。

    投稿日:2009/05/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しいおばけの生活

    なぜだか姪っ子はおばけが大好きなので、おばけものをよくプレゼントしますが、これは特に気に入ったようです。
    大人が見ても、絵が凝っていて楽しいです。お化けたちが買い物に行くマーケットの場面は、おばけならではの色んな変な食べ物が一杯売っていて、私も楽しくて見入りました。人間の家族の生活も並行して描かれているので、より感情移入しやすいと思います。
    この絵本の登場人物が気に入ったのか、姪は何か関連性のあるものを見つけると、思い出して”さくぴーとたろぼう”の話をしています。

    投稿日:2008/10/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなおばけがいたらいいな♪

    • xaiさん
    • 20代
    • その他の方
    • 石川県

    表紙を見た瞬間、絵のカワイさにやられちゃいました♪

    タイトル通り、とあるおばけの家族の一日の様子を描いた物語です。
    横長の絵本で、左には人間の家族、右にはおばけの家族の
    1日が描かれているので、見比べながら読んでいくのもとっても楽しいです!

    ちなみに生活サイクルは見事に正反対です。
    おばけたちは昼間寝て、夜に活動してるのです。

    おばけの子どもの名前も「さくぴー」「たろぽう」と
    とってもカワイイ名前♪

    おばけのふわーんとした感じがよくわかりますよ♪

    投稿日:2007/04/13

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / ねないこ だれだ / とうさんまいご / でんしゃ / おまえ うまそうだな

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット