ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。

おばけかぞくのいちにちなかなかよいと思う みんなの声

おばけかぞくのいちにち 作・絵:西平 あかね
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2006年07月
ISBN:9784834022094
評価スコア 4.58
評価ランキング 4,028
みんなの声 総数 115
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

36件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • たろぼうが夜中に冒険

    さくぴーとたろぼうのシリーズ、楽しいです。
    いつも食べ物の描写では、気持ち悪いけど、なんか美味しそうかもと
    思ってしまいます。
    この本では、人間の子供たちの生活と半分づつが見られて
    同じ時間に、なにをしているのかが、わかる面白さがあります。
    さきちゃんとたろうくんの生活と、さくぴーとたろぼうの生活が並んでいるのが、小さい人にもわかりやすいです。

    掲載日:2017/08/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 足がはえる!?

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子2歳、女の子0歳

    2歳10カ月の息子に図書館で借りて読んであげました。

    おばけの絵本が好きなので、この絵本を選びました。
    おばけの一日が描かれているこの絵本。人間とは昼夜逆転の生活だけれど、保育園に行ったり、お買いものしたりするのは同じ!

    息子には早く寝ないと足がなくなっておばけになっちゃうぞ!と言っているのですが、おばけは逆に足がはえて人間になっちゃうぞ!とは面白い!

    全然怖くないおばけの絵本。楽しく読めます。

    掲載日:2015/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想像がふくらみます

    おばけの絵本はたくさんありますが、この絵本はおばけと人間の家族の暮らしを対比させていておもしろいです。
    家族構成も同じで、人間もおばけも子どもは同じ保育園へ行っています。
    違うのは人間は昼間、おばけは夜に行くのです。
    お父さんも仕事へ行きます。おばけのおとうさんの仕事は人間を驚かすこと。
    お母さんは家事をします。お買い物はおばけマートでします。
    面白いものばかり売っています。
    おばけも食事をするんですね。

    自分たちと違った生活するものたちがいるんですね。
    いろんな地方や外国の風習が違うのと同じです。

    掲載日:2014/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 3歳3ヶ月の息子に買いました。
    こどものともセレクションの2014年バージョンの1冊としてなのですが。

    これは、人間の家族の一日の過ごし方と
    同時間のお化け家族の一日の過ごし方を併記したもの。
    コンセプトがとてもいいですね。
    人間にとって寝るころが、おばけが起きるころで…。

    お化けたちの、生活がとてもかわいいです。
    こんなものを食べるのですね。
    お化けにも保育園があったり。

    私は楽しかったのですが、息子のくいつきは今イチでした。

    掲載日:2014/07/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人間もおばけも一緒

    おばけの生活とても気になる子供。夜に寝て朝に起きることは知ってるし、おとうさんのお仕事が人間を驚かすことだってことも知ってるけれど、じゃおかあさんは何してるの?子供たちはどうしてるの?そんなこともよくよくわかります

    掲載日:2014/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばけ一家の「なんでもない日」

    おばけ好きの娘に借りました。

    朝起きて夜眠る人間一家と、
    夜起きて朝眠るおばけ一家の一日の生活を対比する、という趣向の本です。

    初めて読み聞かせた時は、個人的にはとても難しく感じました。というのも、
    生活時間帯が半日ずれた「人間一家」と「おばけ一家」が交互に描かれるため、
    果たして子供がこんがらがってしまわないか? と心配になり、
    「一方その頃ねえ……」とか「おばけは朝眠るから、朝ごはんが晩御飯なのよ」とか、
    かえってややこしいような説明を勝手にさしはさみながら読んだためです。

    おばけのスーパーでの商品名のひねりや、
    「早く寝ないと人間になるぞ」というセリフの面白さも2歳の娘には伝わらず、
    これはまだ早かったかな、としどろもどろで読み終えたのですが、
    予想に反して娘には好評で「モッカイヨンデ!」とせがまれました。

    かわいいおばけのお話というのも最近では珍しくなくなりましたが、
    おばけ一家が、私たちとまったく同じ平々凡々とした一日を過ごす話というのは
    ありそうであまりないような気がします。
    素朴でありながら新鮮な本でした。

    掲載日:2013/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほのぼのオバケ

    オバケのお話ですが、ちっとも怖くはありません。
    むしろ、かわいい。
    人間の家族と対比するように描かれているので、比べてみると面白いですね。
    「私達と同じだな」と思う場面もあったり、「やっぱり、オバケだな」と思う場面もあったりしました。

    掲載日:2013/03/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 同じだね

     おばけなんて、ぜんぜんこわくない。そんなふうに思えるたのしいお話です。おばけのおかあさんも忙しいですね。子どもは、好奇心いっぱいです。
     おばけかぞくの一日も、昼と夜が逆転してるだけで、私たちと同じなんだなと、ほほえましくなります。

     おばけの絵本はこわくて苦手、というこどもでもこれなら楽しく読めそうです。こどもおばけと、大人おばけの形がちがうのもおもしろいなとおもいました。

    掲載日:2012/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばけに親近感

    おばけの家族が私たちの日常と同じように描かれていてとても楽しく読みました。

    昼夜逆転しているところはさすがおばけ家族!

    でもお母さんがスーパーに行ったり、食事の用意をしたり、
    おばけの兄弟がけんかをしたり・・・

    ちょっと怖い存在のおばけも、こんな風に当たり前の日常生活を送っているかと思うと少しだけ親近感がわいちゃいますね♪

    掲載日:2012/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいいおばけちゃん

    • ちょてぃさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子10歳、女の子6歳

    おばけというとこわそうですが、これはとってもかわいらしいおばけ達のお話です。不気味なところは全然ないけれど、強いて言えば、マーケットや食卓に並ぶ食べ物がおどろおどろしいでしょうか?おばけだったらこんな物を食べるのかなあと想像してみると面白いです。人間とは逆の時間帯、夜に活動するおばけ、本当にいたらこんな暮らしをしているのかな?

    掲載日:2011/12/26

    参考になりました
    感謝
    0

36件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん / とうさんまいご / でんしゃ / おまえ うまそうだな

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


しかけをめくると、大へんしん! 『ドアをあけたら』しまだともみさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット