なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
しろりりんさん 50代・その他の方

幼児におすすめ
5歳くらいの子におすすめだと思います。…

落語絵本6 めぐろのさんまなかなかよいと思う みんなの声

落語絵本6 めぐろのさんま 作・絵:川端 誠
出版社:クレヨンハウス
本体価格:\1,400+税
発行日:2001年12月
ISBN:9784906379934
評価スコア 4.58
評価ランキング 4,046
みんなの声 総数 35
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • おもしろいです

    おもしろい落語です。

    オチがとってもおもしろく大好きですが、

    小さい子には難しいかもしれません。

    お殿様がしっている目黒の「さんま」と

    銚子のさんまは何が違うのか。

    お殿様はどういう風に勘違いしているのか

    そこが分かればおもしろいと思います。

    掲載日:2017/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • お殿様はかわいそう

    いつも冷めたごはんしか食べられないので、あったかいさんまがすごいごちそうに思えるお殿様。

    ぜひまた食べたいと思いながらもなかなか下々の人が食べる魚を食べたいと言い出せません。

    しかし、やっとさんまを食べることができることになったのですが、さんまのおいしさを殺すような料理ばかり。目黒で食べたあったかいさんまが一番だと思う殿様。

    結構深い話の、面白い落語絵本でした。子供にはやや難しかったようですが、大人は楽しめますね。

    掲載日:2015/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美味しいさんま

    美味しいさんまを、目黒で食べたお殿様。また食べたくなったものの、お殿様の料理はいつも心を砕きすぎてまずくなります。

    毒見して冷めるまでまったり。
    体に悪いかもと油をぬいてまずくなったり。
    骨をとってあげてぼろぼろになったからつみれにされてしまったり。

    美味しいさんまを食べられないのは、産地のせいじゃない。お殿様がちょっとかわいそうになる一冊でした。下々の生活は結構おいしいかな。

    掲載日:2015/08/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • サンマは焼きたてよ!

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子13歳、男の子10歳

    旬の食材の絵本が読みたいと思い、秋らしくなったこの時期に借りてきました。

    川端さんの落語絵本は何冊も読んでいますが、このお話も逸品です。
    殿様がたまたま食べたサンマは目黒の庶民の味。ところが城に帰って食べようと思うと、全然別物になってしまうという殿様の悲哀が面白おかしく描かれています。

    この時代背景を小さい子どもたちが理解するのはちょっと難しいかもしれないので、読むなら高学年のほうがいいかもしれません。
    大人の私は楽しく読みました。

    掲載日:2014/10/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • このお話か

    さんまの時期になるとニュースで、「めぐろのさんま祭り」を見かけます。
    その元となった落語を知らなかったので、こんなお話だったんだー、と思いました。

    こんなに美味しいさんまを、お侍さんは食べられなかったというのは、かわいそうにも思えますね。

    掲載日:2012/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • よくわかりました(笑)

    実は、「めぐろのさんま」ってどういう内容だったかよく
    知らなかったのです。日々、夫に馬鹿にされていまして。
    で、夫が図書館から借りてきました。私に、というよりは娘に
    読んできかせるために、ですが。
    病院のロビーで、このシリーズの「じゅげむ」を読んだことがあった
    娘は、すぐに気づいて反応しました。「ああ!じゅげむと一緒のだね」
    どういった落語なのかよくわかりました。娘も、細かいところは
    夫が説明していたのでよくわかっていたようです。
    しかし、読んでいて特に「おもしろく」はなかったなあ。
    落語ってことはおもしろいのだよねえ??上手な落語家が生で
    はなしているのを聴いたらおもしろいのかな??
    考えてみれば、この手の落語絵本は、おなかをかかえて笑って
    しまうようなおもしろさはない気がします。
    落語は生にかぎるねえ(まだみたことないけど)。

    掲載日:2012/01/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 肝心のオチが…

    末っ子が早く寝てしまったので、それではと長男と長女にこの絵本を読み聞かせしました。
    長男はもうすでに読み聞かせは卒業して、自分で読むことを楽しんでいますが、この落語シリーズはやっぱり読み聞かせが良いようで、
    久しぶりにこの2人と同じ本を読むことができました^^
    このシリーズいつもテンポがよく読んでいてとっても気持ちがいいです。
    子どもたちも少し難しいところはあるでしょうが、それでも軽快なテンポにどんどん引き込まれていつも楽しそうに聞いていてくれます。
    最後のオチ!私はプッと吹き出しましたが、子どもたちは反応なし…
    どうやらオチがわからなかった様子。
    なんで笑うん?と聞かれてもオチはオチですから説明しようがありません(^^;)
    オチがわかるともっとおもしろいのにな〜

    掲載日:2011/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • さんまが食べたくなります

    読んでいる途中で、もうさんまが食べたくて仕方なくなります。娘もさんまが大好き。なので、どうして美味しくなくなったのかは分かったようですが、落ちはやはり分かりませんでした。めぐろって何?みたいな。まあ、仕方ないですね。でも面白さは伝わっていると思います。

    掲載日:2011/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 笑えます!

    5歳の息子が「おもしろい」と何回も読んだのが「めぐろのさんま」。パパも、「これは大人でも楽しめる」と言って笑っていました。
    殿様が目黒に狩に出ていたときのこと。通り道の農家から秋刀魚のいいにおいがして、食べさせてもらいました。当時は秋刀魚は庶民の食べ物だったので、殿様は食べたことのないおいしさにびっくり。後日、親戚の家で秋刀魚をリクエストしました。ところが出てきたのは、油を抜いた秋刀魚のつみれ。あまりのまずさに殿様、「さんまはめぐろにかぎる!」
    目黒と言えば秋刀魚祭りですが、行きたくなってしまいました。秋刀魚の描写がまた上手で、息子もこの本を読むたび、「秋刀魚が食べたい」と言っています。

    掲載日:2010/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 落語を聞いてみたくなりました。

    生き生きとした子供のようなお殿様像が伝わってきます。
    それにおなかぺこぺこな時にジュージューのまっくろけのさんま。
    美味しそう!
    「黒く長やかなるもの」なんて表現もおかしくて
    今度さんまを出すときには使ってみようかなと思ったりして。
    さりげなくお殿様の生活やさんまの獲れるところなどが書かれていて
    楽しみながら知識も得られるところもいいです。

    掲載日:2009/02/15

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『たぬきがのったら へんしんでんしゃ』 <br>田中友佳子さんインタビュー

みんなの声(35人)

絵本の評価(4.58)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット