新刊
魔女からの手紙

魔女からの手紙(ポプラ社)

カスレちゃんという魔女にとどいた20人の魔女からの手紙。著名な画家陣が魔女のイメージで描いた絵に角野栄子が手紙文をつけた注目の絵本。

話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ

わらべうた」 ママの声

わらべうた 作・絵:ましま せつこ
出版社:福音館書店
本体価格:\300+税
発行日:1973年
評価スコア 3.88
評価ランキング 38,251
みんなの声 総数 7
「わらべうた」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 紫色

    表紙の蝶がとても魅力的だったのでこの絵本を選びました。色の組み合わせが独特で紫色とエメラルドグリーンのコンビネーションが特に素晴らしいと思いました。知っているわらべ唄も登場して嬉しくなりました。知らないものはこの絵本でしっかりと歌詞を学習できるのが良かったです。絵もレトロで魅せられました。特に女の子が微笑んでいる絵が気に入りました。わらべ唄にもっと親近感が湧く絵本です。

    投稿日:2009/04/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 安い割には参考になる絵本

    いろんなわらべ唄が書いてあるので、復習しながら子供に歌い聞かせると良いと思います。ただ、残念ながら私の知らない曲もそこそこあるので、ふしがわかると良かったです。

    安いとこと表紙がきれいな絵なのはまあ良いですね。

    投稿日:2011/08/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • わらべうたの伝承を伝える貴重な本

    乳幼児さんのお話会に出るせいか、わらべうたは私にとって必要不可欠なものになりました。

    うさぎ年ということで「こんこんこやまのこうさぎ」は、うさぎのパペットを使って、お話会の一部で披露される姿も見たことがあります。

    本来節はあるようですが、「こんこん こやま」と「このみ」「このは」など「こ」のつくごろ合わせのわらべうたとしても楽しめます。

    最近では、木の葉のことを「きのは」、木の実は「きのみ」と言いますから、

    本来は「このは」「きのみ」として伝承してきたものだということを伝える上でも貴重な本だと私は思います。

    福音館書店では『にほんのわらべうた』という全四巻でCDつきのものがあるので、

    そちらと一緒に節のわからないものについては、楽しんでみるのもいいと思います。

    現在、この本は図書館でしか見ることができませんが、「こどものとも」では1965年発行とあります。

    その時には楽譜なしでも、歌詞だけでも知っている方が多かったのかもしれません。

    地方によっては言葉が少し違うかもしれません。

    ましませつこさんというと、現在でもわらべうた絵本の絵などを描かれていますし、

    わらべうたの歌詞の世界を素敵に表現されている方だと思います。

    何かの形で復刊されたら手元に揃えておきたい一冊です。

    投稿日:2011/03/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 節がわかると良いのですが

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子12歳、男の子9歳、男の子7歳

    とてもきれいな絵本です。
    わらべうたが13編、見開きの右ページに絵、左ページに歌が載っています。
    「おおさむこさむ」「ずいずいずっころばし」などよく知っているものもありますが、「こやまのこうさぎ」「おつきさんいくつ」など聞いたことはあるのに、メロディーがわからなくて歌えないものもいくつかありました。
    詩がとても素敵なので、ぜひ子どもたちに読んであげたいのですが、やはり節をつけて読みたいので、楽譜付きだととても良かったように思えます。
    または、楽譜やCD付きの他の本で調べた上で、この本を読むと良いかもしれません。
    紫を基調にして同系色の蝶が飛んでいる表紙は、着物の柄のようでとてもきれいです。

    投稿日:2007/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供の頃に戻って・・・

    私が子供の頃に一番最初に買ってもらった本なのですが、友達に貸したまま戻ってこなくて すっかり忘れてしまっていた本です。
    最近「わらべうた」が好きな娘のために何かないかと探していたところ、図書館で見つけ懐かしくて借りてきてしまいました。

    娘のお気に入りのわらべうたの本も真島節子さんのもので親子で楽しませてもらっているんだなと何だかうれしくなってしまいました。
    知らない歌もいくつかあるのですが、自分で節をつけて歌っています。

    購入しようと思ったのですが、今は販売されていないようです。
    図書館などで見かけたら読んでみてください。

    投稿日:2003/08/02

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



 【連載】10月の注目の新刊&オススメ絵本紹介

みんなの声(7人)

絵本の評価(3.88)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット