ひなまつりルンルンおんなのこの日! ひなまつりルンルンおんなのこの日! ひなまつりルンルンおんなのこの日!の試し読みができます!
作: ますだ ゆうこ 絵: たちもと みちこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ストーリーを楽しみながら、ひなまつりの豆知識も学べます!
ぼんぬさん 40代・ママ

絵本としてのストーリーと日本の文化に楽…
ひなまつりの日にゆずちゃんの家に飾られ…

おしいれのぼうけん」 その他の方の声

おしいれのぼうけん 作:ふるた たるひ たばた せいいち
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1974年11月01日
ISBN:9784494006069
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,813
みんなの声 総数 200
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 夢でもぼうけんしました。

    子どもの頃、夜寝る前、母が読んでくれました。

    閉じ込められたおしいれの上と下、
    おしいれからのぞく、友達の姿、
    壁の模様がトンネルになって、ごうごう吹く風。

    この絵本の世界を、そのまま夢に見てしまうほど、
    インパクトの強いおはなしでした。

    30年ほどたった今でも、
    読み返すとその頃の自分を思い出します。

    読み聞かせするなら、絶対夜がお勧めです。

    投稿日:2010/08/27

    参考になりました
    感謝
    2
  • 思い出の1冊

    私自身が幼稚園のとき大すきだった絵本。
    20年経った今でも、その気持ちが変わらないということは
    本当に子供心を惹きつける作品なんだと思います。

    姪甥たちに読みました。
    4歳の甥は、同じくらいの年の男の子のお話、
    そして保育園でのお話ということで
    とっても真剣に聞いていました。

    3歳の姪には難しかったようですが・・・

    「怖い。」と甥は言っていましたが、私も幼稚園のときは怖かったです。
    表紙も黒いし、幼稚園に置いてあったこの絵本がボロボロだったので
    余計に怖かったのを覚えています。

    「悪いことすると、ねずみばぁさん来ちゃうね」と甥に言うと
    私の手をギュッと握ってきました。
    この絵本の中で、ねずみばぁさんに出会ってから、
    二人がずっと手を握っていたからかぁ〜と思いました。

    大人になってから読んでも、やっぱり心惹かれる作品です。

    投稿日:2010/06/24

    参考になりました
    感謝
    2
  • ドキドキします

    もうなんかいもよんでるけど、かんそうをかくのがむずかしいです。

    おしいれなのに、ねずみばあさんとかすんでて、すこしこわいです。

    ねずみがたくさん出てくるのもちょびっとこわいです。こんなにたくさんいたらいやです。

    ぼくもじぶんでおしいれにかくれることあるけど、こんなふうになっていたら、こわいと思います。

    ドキドキします。

    でも、おもしろかったです。

    投稿日:2009/06/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • てを、つなごう!

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     こどもには、ぜ〜んぶ本当にある世界として捉える、優れた能力があるようです。大人が頭の中で考えてしまう事柄を、瞬間にこころのどこかで体現できるかのようです。この絵本のすばらしさは、それをストーリーテラーとして世に問うてくれたことだと思います。
     大人が道具か舞台としている「押し入れ」と、演じている人形劇の主人公「ねずみばあさん」を、こわいものとして紹介する大人のありふれた日常から、やがてこどものこころのなかへ、古田ー田畑さんコンビのとんでもない妄想へと突入していくなんて、二段仕立てでおもしろい。こどもと一緒になって楽しみました。
     こどもは言いました、「てをつなぐと、だいじょうぶなんだよ」と。
    どうやら表紙絵のことかと考えた私でしたが、よ〜くよ〜く絵を見てみると、こどものいう意味がやっとこさ・・・。
     やはりこどもの感性はすばらしい!これからも読み継がれる絵本になって欲しい
     一冊です。原作者の構想と躍動ある鉛筆画に、感謝。

    投稿日:2013/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 手に汗!

    今はあんまり押入れも身近ではなくなりましたが、
    保育園でお昼寝時、わいわい騒ぎたくなり、ついつい・・・
    先生に叱られたという経験はよくある事。
    おもちゃの取り合いで、けんかもよくある事。
    それで、とっても身近に感じることから始まり、
    怖ーい”ねずみばあさん”も登場。 ぐいぐいと引き込まれて
    しまいます。 手に汗を握ってしまいます。
    もう父親になった我が息子がよく覚えている絵本のひとつです。
    長いので、30分は優にかかってしまいますが、
    読み出したらやめられなくなります。
    全部読んで気持ちが完結です。 
    以前、3歳児のクラスで読んだんですが、
    最後までみんなきいていたのには感心しました。
    それほど引き込まれる絵本です。

    投稿日:2009/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勇気

    『おしいれのぼうけん』はとてもドキドキしてとてもハラハラしてとてもワクワクする絵本です。

    あきらとさとしは喧嘩をして、みずの先生に怒ら怖い押入れの中に閉じ込められてしまいます。でも、なかなか2人は謝らず、怖い押入れにも負けずミニカーとデコイチを握りしめて冒険に出かけていきます。
    冒険をしていると、もう1つみんなに怖がられているねずみばあさんに出会ってしまいます。2人は協力し合って、勇気を出してねずみばあさんに立ち向かっていくのです。

    そんな押入れの中の冒険にグイグイと引き込まれてしまいます。少し、長いストーリーだけど次々と起こる押入れの中のできごとに、ストーリーの長さを忘れ夢中になってしまうのでそれほど長く感じることもありません。

    絵もほとんどが白黒で描かれているので、恐怖やドキドキ感とハラハラ感がさらに増します。それでも、「次はどうなるのかな」「2人は大丈夫なのかな」と次の場面に期待を寄せてしまいます。

    この絵本は、日本で一番ドキドキとハラハラとワクワクが楽しめる絵本のような気がします。

    投稿日:2008/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふたりの冒険と友情

    記憶の中では「怖い絵本」というのが強くて、後半のドキドキ冒険の部分がどんな話だったかは忘れていましたが、なんだか強く印象に残っている絵本でした。
    本屋さんで見つけて、そうだったこんな話!と思い出しながら読みました。
    ふたりの冒険と友情のお話だけど、保育園のおともだちやせんせいもこの絵本の重要な登場人物です。
    絵のタッチもお話ととても合っていて、モノクロなのも印象的でした。
    大事なことを学べる素敵な絵本、おすすめの一冊です。

    投稿日:2007/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • わくわく、どきどき・・・

    • xaiさん
    • 20代
    • その他の方
    • 石川県

    どこにでもありそうで、実はどこにもない♪
    とても素敵な保育園の、とても素敵な押入れのお話です。

    この物語の舞台の保育園では、子どもは悪いことをすると
    押入れの中に入れられちゃいます。
    保育園の子どもたちは、みんなこの押入れが苦手。

    登場する男の子たちも、悪いことをしてしまって押入れに入れられちゃったのです。

    でも、男の子たちは押入れの中で大冒険をするのです!

    この男の子たちの勇敢なシーンは見ものです〜♪
    是非、一緒に大冒険してみて下さい☆

    投稿日:2007/03/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドキドキ・・・!!

    • 美瑠来さん
    • 10代以下
    • その他の方
    • 東京都

    保育園で悪いことをするとおしいれのなかに入れられます。
    そんなところが実に現実的で面白かったです。
    とにかくこの本はドキドキと最初から最後までスリル満点で楽しめます!

    投稿日:2007/01/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • まっくらのおしいれ

    小さいころに一度は入ってみたことがあるおしいれ。
    そんなおしいれの中には大きな冒険が隠されていたのです。

    主人公二人にとって、最初はおしおきで入れられたおしいれですが、だんだんと冒険の舞台としての幅を広げていく場になります。狭いおしいれが広がっていく様は想像力を逞しくさせてくれると思います。

    投稿日:2006/07/15

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット