しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

いやいやえん自信を持っておすすめしたい みんなの声

いやいやえん 作:中川 李枝子
絵:大村 百合子
出版社:福音館書店
本体価格:\1,300+税
発行日:1962年12月
ISBN:9784834000108
評価スコア 4.72
評価ランキング 1,146
みんなの声 総数 107
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

85件見つかりました

  • 話が豊富

    7つも話があって楽しい本です。どの話もちょっぴりユニークで可笑しなところがありますが、1歳児にはまだ早そうです。それに子の本には大人だからこそ楽しめるユーモアみたいなものもあると思います。意外と大人におすすめの絵本かも知れません。

    投稿日:2010/01/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私が小学1年生の時、当時中学生だった仲良しのお姉さんが贈ってくれた事のある本です。もう30年近く昔のことなのに表紙を見ると今でもその時の記憶が蘇ります。真っ赤な表紙に大きくはっきりと書かれた題名、可愛い男の子とこぐまの絵。一目で好きになりました。

    4才の息子に読み聞かせてみました。保育園に通う男の子が主人公なので、今の息子にはぴったり。自分やお友達と重ねて、聞く表情も真剣そのものでした。男の子の行動が可愛いやら面白いやらで、何度も大笑いして、3回にわけて2日で読みました。続きを聞くのが楽しみで、自分でしおりをはさんでいたくらいです。今日もきっと帰ってきたら、また読んでとせがまれるでしょう。息子にとっても大好きな1冊になりました。

    投稿日:2010/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • しげるちゃんへの温かい目線

    • セルバさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、女の子5歳、男の子0歳

     私が子供の頃読んで、すごく感動したことを思い出します。
     子供たちに早く読んであげたくて機会を待っていたら、年長さんになった長女は、あっという間に一人で読んで、「この本面白いね」と一人でおもしろがっていました。

     今次女に読んであげると、自分が子供の頃はそんなこと思いませんでしたが、しげるちゃんは、もしかしたら発達障害の子?と思えるようなところがあります。乱暴だし、言うこと聞かなかったり、など。でも、先生やお友達の目線が温かい。きっと昔はこういう子は普通にいて、大きい度量で迎え入れていたのかもしれません。

     次女も人の話が聞けなかったり、自分の世界に閉じこもったりしがちなので、しげるちゃんにシンパシーを感じるよう。この本長いのに、頻繁に読んで、と言ってきます。

     しかも、この本は保育園が舞台。保育園が舞台の話は少ないので、身近に感じるようです。

    投稿日:2009/12/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • しげる・・・・

    私も子供のころ何度も読みました。しげるのやんちゃぶりに圧倒?されてたのですが、わが子もしげるなみのやんちゃさんです。笑
    これを読むとちょっとだけおりこうさんになります。

    投稿日:2009/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分とダブって見えるのかな

    私自身が子どもの頃読んだ覚えがあり、息子にもいずれ読んでもらいたいと思って、ずいぶん前から本棚にスタンバイさせていた本です。

    4歳のしげるくんが主人公。ちゅーりっぷほいくえんに通っています。
    ちょっと不思議なこの保育園、いろんな出来事が起こります・・・。

    もうすぐ年中に進級する息子、自分と同じ4歳の「しげるくん」にかなり感情移入している様子です。自分が通っている幼稚園とだぶらせているのかな?
    最近毎日のようにこの本を開いていて、お気に入りの1冊になったようです。

    この本は厚みもあるし挿絵も少ないので、絵本ではなく「童話」というべきなのでしょう。
    でも比較的短いお話が7編入っている短編集なので、初めて読む童話にぴったりだと思います。

    投稿日:2009/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • はじめての童話に!

    • ママダッコさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 女の子4歳、男の子0歳

    幼稚園で先生が 読んでくれたらしく、家に帰ってから「ほしい絵本があるの」と告白されました。(^_^;)

    自分から初めて欲しいと思う本がこの「いやいやえん」であったことにとても嬉しくなってしまった母でした(^_-) だって、私の大好きな中川李枝子さんの 代表作なんですものぉ。

    早速本屋さんに直行したい気持ちを、しつけという感情で抑え(笑)お利口さんにしていたご褒美に買ってあげました。

    それから、ずぅ〜〜〜と夜寝る前の本は、この「いやいやえん」です。7つの童話があるので、毎日今日はこのお話、明日はこのお話と楽しそうです。娘のお気に入りは「山のぼり」 くいしんぼなしげるちゃんが自分と重なってしまうみたい。よい子じゃないしげるちゃんが大好きなんですって。しげるちゃんって いい子じゃないけど、、とっても親しみがあるんですよ。

    絵本から 童話にいくステップ この1冊が私はお勧めですよ。

    投稿日:2008/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 初めての児童書として最高の1冊

    • 雪ねこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、男の子4歳

    私が子供のとき、絵本ではなく「絵の少ない厚い本」として小学校1年生の時に初めて読んだのが、この『いやいやえん』でした。
    そして、「本て、面白いんだな〜」と思ったのを覚えています。

    うちの小学校1年生の娘は絵本が大好きですが、なかなか字の多い本に移行出来ずにいました。
    そこで昔読んだこの本の、最初のお話だけ私が読んであげました。すると娘はお話にひきずられ自分で読み出し、とうとう全部読みきりました。

    娘がこの本を楽しく読めたのは、内容もさながら『ぐりとぐら』や『そらいろのたね』に出てくる子供や動物達を発見出来たのもあります。
    この本は絵本から児童書に移行するのにとてもよい本だと思います。

    投稿日:2008/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • どのお話も素晴らしい!

    『おひさまはらっぱ』に続けて読んだ幼年童話です。
    『おひさまはらっぱ』を読み終わるのに2週間かかったのですが、この本は半分の1週間で読み終わりました。

    保育園に通うしげるちゃんが大好きで、ページをめくるたびに「しげるちゃんどこ?」と聞いてきました。
    息子が特に気に入ったのが、『おおかみ』と『いやいやえん』。
    『おおかみ』はぱとろーるかー、『いやいやえん』はあかいくるまが出てきたのが大きかったようです。

    これは今でも本を持ってきて「おおかみ(いやいやえん)読んで」と言うほどです。
    次に好きなのが『ちこちゃん』でした。

    どのお話も面白く、甲乙付けがたいものばかりです。

    投稿日:2008/05/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもの本といえばいやいやえん

    • しいたけさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子9歳、男の子4歳

    初版が1962年の中川季枝子さんの代表作です。
    わたしの子ども時代一番印象に残っている本です。
    読んでいて、ほんとに楽しい。

    ちゅーりっぷ保育園が舞台の主人公しげるの7つのお話は、どれも不思議な世界が織り込まれています。
    それぞれのお話に登場する 保育園のともだちや
    せんせいたち、おおかみやかみなりの子ども
    みんながとても魅力的に描かれています。

    そして、なんといっても笑えます。
    長男がまだ幼稚園児のとき何十回も読み聞かせましたが
    その時どれだけ笑わせる事ができるか、
    わたしの楽しみでもありました。

    ほのぼのしていて、時折ふきだすほど可笑しい場面があって、よく考えるととても不思議な世界で。
    今考えると‘子どもにしか見えない’というトトロの世界のようです。
    また今夜、久しぶりに読み聞かせたくなりました!

    投稿日:2008/05/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱり大好き!

    小さい頃に大好きだったこの本、3歳になった息子と読んだら息子も大笑い。私も思い出して親子で一緒にケラケラ笑って楽しんでいます。ページを繰るごとに「ああ、そうそう!」と思い出して懐かしく、世代は変っても楽しい本は今も昔(?)も変わらないのだなとしみじみ。どこかあたたかく不思議なやすらぎの世界です。やんちゃでいたずら好きのしげる君がなんとも言えずいい味を出していて・・・でも自分の子だったらちょっと大変だなあ。

    投稿日:2008/04/28

    参考になりました
    感謝
    0

85件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / さつまのおいも / ねずみくんのチョッキ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

全ページためしよみ
年齢別絵本セット