なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!

いやいやえんなかなかよいと思う みんなの声

いやいやえん 作:中川 李枝子
絵:大村 百合子
出版社:福音館書店
本体価格:\1,300+税
発行日:1962年12月
ISBN:9784834000108
評価スコア 4.72
評価ランキング 1,134
みんなの声 総数 107
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 自分が最初に読んだ「本」

    母である私が子どもの頃、最初にひとりで読んだ「本」です。小1の春だったかな。等身大の園児が主人公で、自分の生活を投影しながら一気読みしたことを今でも覚えています。この本を読んで以降、一気に文字の世界に引き込まれ、読書好きになりました。自分の子はまだ0歳ですが、将来、読めるように本棚においておきたいです。

    投稿日:2019/06/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 印象的な赤い表紙

    超ロングセラーですね。
    子ども達のために買ってきたら、主人が、おお!懐かしい。まだ売ってるんだね といって感激していました。
    幼いj頃に読んでいた記憶があって、赤い表紙が、印象的だったらしいです。
    時代が変わっても色あせない普遍的なお話の魅力があります。

    投稿日:2017/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 7つのお話

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    7つのお話が入っています。
    主人公はみんなしげるくんというやんちゃな男の子です。
    くまやおおかみが出たり、不思議な出来事がちょくちょく起こり面白かったです。
    4歳からとありますので子供に来年あたり読んであげられたらなと思います。
    来年幼稚園に入る予定でいるので共感してくれそうです。

    投稿日:2014/06/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本ではなく単行本

    ちゅーりっぷほいくえんに通ういたずらなしげるくんを主人公に書いた短編集。
    えんの男の子たちは「ぞうとらいおんまる」という船を作ってくじらをとりに海へ出たり、「いや」とわがままを言ってばかりのしげるは「いやいやえん」という保育園に入れられてしまいます。そこには約束事がないけど野放図にすごすと楽しくもなかったりして、、、。

    絵本ではなく、単行本というか小説の形なので、読みきかせる親はちょっと大変ですが、子供は絵が少ないのに意外に気に入ったようで、何度も読んで欲しいとせがんでいました。

    おすすめです。

    投稿日:2014/01/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 二世代で。

    うちのパパが小さいころに読んでいた絵本を見つけて持ってきてくれました。
    私は初めてだったのですが、古さを感じさせないですね。
    長い間人気があるのも納得です。

    短編のお話が7つ書かれています。
    主人公はとーってもやんちゃっこのしげる。「ちゅーえいっぷほいくえん」の年中さんです。
    あまりのやんちゃぶりに、娘もケラケラ笑っていました。
    だってお友達と喧嘩はするし、先生との約束は守れないし、ほんとに好き勝手!!でも憎めないんですよね。
    特にためになる、というお話でもないし、大事件がおこるわけでもないんですが、なぜか惹きつけられるものがあります。

    肩の力をいれずに、のんびりした気持ちで読むといいと思います。

    わが子もとても気に入って、寝る前に一つだけお話を選んで読んでいます。

    投稿日:2011/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思いのほか・・・

    • べり〜さん
    • 40代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子4歳

    子供も4歳になり、そろそろ童話も読んだ方がいいのかな?と思い、
    自分も小学校低学年で初めて読んだ、
    『いやいやえん』を読み聞かせしてみることにしました。

    長文だし、絵本に比べたら絵も少ないし、
    もし退屈そうにしたら、もう少し大きくなってからということにして、
    気軽な気持ちで読み始めたら、思いのほか聞いてくれました!!

    この1冊で7編のお話が入っているのですが、
    1編もなかなかの長さなので、
    寝る前に1編全てを読み聞かせするのは無理と思い、
    途中でやめようとすると、『最後まで読んでー!!』とリクエスト。

    ついつい寝る時間が遅くなっています。
    絵本から童話へ…と移行を考えていられる方におススメしたい1冊です。

    投稿日:2009/08/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 引き込まれます

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    この本がとても評判がいい事をよくよく知っていました。
    図書館でもオススメの所によく置いてあり、読む日を心待ちにしていた一冊です。
    期待が膨らみすぎてたせいか大人の私にはちょっと期待外れだったかも・・。

    というのは、この本って子供視線、子供ならではの想像力が備わっていないとおもしろかに欠けてしまうような気がします。
    頭の固い私には、現実と非現実との境を頭柔らかく乗り越えれなかった・・・(悲)
    それと、主人公のしげるが苦手。
    こんな子時々いますよね・・・
    しげるの悪い子ぶりはお見事!
    でも、どんな子も思い当たる節があるのでは・・・・?

    どのお話も、読み始めはさほどワクワクしない何気ない園の風景なのですが、いつの間にか非現実的なお話になっていき、気がつけば「次はどうなるんだろう?」と完全に引き込まれてるんですよね〜!
    これがこの本の素晴らしい所です。
    息子も、一度園で読んでもらったお話なので最初は興味を示さず仕方なく聞いてる感じだったのに、読み進めていくにつれ引き込まれちゃってる様子でした。
    「続きは明日」と途中で終わろうとすると「ダメ!」「え〜なんで!」と最後まで読まないと気がすまないほど引き込まれちゃってるんですよね〜。

    不思議な力のある本です。
    お話も不思議だし^^

    1冊を一日で声に出して読むのはかなり気力がいるので1話ずつ読みました。
    5,6歳にはちょうどいいボリュームです。

    投稿日:2008/11/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み聞かせに・・・

    この絵本には7つのお話が入っています。

    1つ1つのお話があまり長くないので、寝る前に読み聞かせてあげるのにはもってこいの絵本だと思いました。
    また、子どもが自分で読むのにも丁度いいお話の長さではないでしょうか?

    小学校に上がる前の幼児さんから、親子で一緒に読んだりして楽しめるお話だと思いました。
    個人的には、寝る前の読み聞かせ用にオススメです☆

    投稿日:2008/09/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み継がれる本

    昔読んだ時に感じた面白さを残念ながら大人になってから読むと感じられなかったのですが…小1の娘が大喜びで読んでいました。
    子どもにとっては身近で想像しやすい世界なのかもしれません。そして悲しいかな大人になってしまった私にはちょっと遠い世界になってしまったのかな。
    表題の「いやいやえん」以外の話もどれも娘は面白かったようです。「これはこういう話、あれはこういう話」と読み終わった後に話してくれました。
    娘にとっては絵本ではない文字の本デビュー作品です。

    投稿日:2008/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 寝る前に

    • うっかりさん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子12歳

    娘が幼稚園の頃に 一番読んであげた本でした。
    自分で読む絵本から お布団に入った時に
    読んでもらう本として、その後は 
    自分で読むようになり 息の長い本でした。

    投稿日:2007/10/31

    参考になりました
    感謝
    0

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / さつまのおいも / ねずみくんのチョッキ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


ちがいを受け入れ、視野を広げることを教えてくれるお話

全ページためしよみ
年齢別絵本セット