まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ケンケンとびのけんちゃん」 ママの声

ケンケンとびのけんちゃん 作:角野 栄子
絵:大島 妙子
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,262+税
発行日:1995年12月
ISBN:9784251030375
評価スコア 4.32
評価ランキング 16,329
みんなの声 総数 21
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • おおらかなお母さんの対応

    大島妙子さんのユーモアあふれる可愛らしい挿絵に惹かれて手に取りました。
    作者は角野栄子さんなんですね!贅沢な組み合わせです。
    表紙のけんちゃんはケンケンピョーンと飛ぶと、いろんなものに変身しちゃいます。
    赤ちゃんや犬やコックさん、さらにはサーカスの団長にまで。
    けんちゃんの明るさもさることながら、お母さんの、おおらかで自らも子供と一緒に楽しむ姿勢が素晴らしいなあと思いました。
    見習いたいものです。

    投稿日:2019/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • けんちゃんの変身

    4歳長女に読みました。ケンケンとびして出かけるけんちゃん。そんなけんちゃんは違うものに変身して帰ってくるんです。姿はけんちゃんのままですよ(笑)

    けんちゃんがコックさんに変身してるとこが私は好きで、次女はサーカスのとこが好きみたいです。お母さんも出てきて、こんな親子素敵だなと思います。私もけんちゃんみたいなお母さん目指したいな(笑)

    投稿日:2014/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • サーカスの団長

     けんちゃんが、ケンケンピョーンとどこかへ行くと、いろいろ変身してかえってきます。そのたびに、おかあさんはびっくり。
     けんちゃんが、サーカスの団長になったが、いちばんワクワクしました。おかあさんもいっしょに楽しんでいるのが、いいなと思いました。
     ライオンの吠える声や、観客の歓声など、にぎやかな音がきこえてきそうです。
     
     明るく元気いっぱいのけんちゃん、ページをめくるたびに楽しくなります。けんちゃん、こんどは何にかわってくるのかな、、、。

    投稿日:2014/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ケンケンピョーン

    「ケンケンピョーン」で変身する けんちゃん。
    けんちゃんの変身した様子も面白いのですが、それ以上に、お母さんの反応のほうが面白かったです。
    けんちゃんの気持ちを、上手く盛り上げてくれているなーと思いました。

    投稿日:2013/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • けんちゃん、すご〜い!

    ケンケンとびのけんちゃんは、ケンケンピョーンととぶと、いろんなものになってかえってきます。例えば、赤ちゃんや犬やコックさんなど。。。あるとき、サーカスの団長さんになってかえってくるのですが、最後は団長さんなのに、自分が自ら空中ブランコにのって拍手喝さいをあびます。
    なぜって??あらいぐまのおくさんが熱を出し、急にお休みになったからです。
    娘は、「ケンケンピョーン」というところが気に入ったようで、一緒に声に出して読んでいました。また、サーカスの客席のところにけんちゃんのお母さんがいたのですが、娘はそのお母さんを見つけては喜んでいました。表情が変わって行くのがおもしろかったみたいです。最後はそのお母さんもけんちゃんと一緒に、あらいぐまのお母さんの代わりに洗たくをしているところを披露します。
    最近、ケンケンとびがすきな娘にぴったりの絵本でした。ケンケンとびでいろんなものに変わることができるのは、夢のような話ですが、そこがまたこの絵本の良さなのだと思いました。

    投稿日:2010/08/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 時々思い出して読みたくなります

    息子と一年ぐらい前に図書館で借りた本です。息子は内容をすっかり忘れていました。

    ケンケンとびでけんちゃんが何になるのか?予想がつかないところがおもしろかったようです。

    赤ちゃんになったところでは、息子は自分も赤ちゃんになりたかったのか、読んでいる私にすり寄ってきました。

    お母さんがけんちゃんに対して寛容なのがいいですね。絵もかわいらしくて、題名も覚えやすいので時々思い出して読みたくなります。

    投稿日:2009/03/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大島妙子さん

    私自身が大島妙子さんの作品が大好きなのでこの絵本を選びました。主人公の男お子がとても魅力的だったのでどんどんこの絵本の魅力にのめり込んでいきました。もし娘がこの絵本の主人公のようになったら、どんな毎日になるのかな?と想像するととてもわくわくしました。私が好きなのは主人公のお母さんです。どんな状況でも主人公を信じ見守り、何よりも一緒しなって楽しんでいるいる所がいいなと思いました。私もこの絵本のお母さんの様にどんな状況でも子供と一緒に楽しみたいなと思いました。

    投稿日:2008/07/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • お母さんが素敵です^^☆

    ケンケンとびが得意なケンちゃんは、いつも
    ケンケンピョーンとどこかへ行ってしまいます。
    そして、何かに変身して帰ってくるの。。(笑)
    その繰り返しと、次は何になって帰ってくるのかなって
    想像するのが楽しい絵本です♪
    ケンちゃんのお母さんがすごく天然な感じ^^;で
    いいなぁ〜って思います。
    いっつも子どもを見守り応援しているお母さん。
    しかも子どもよりも楽しそうにしていたり。。(笑)
    理想だわ〜^^♪

    投稿日:2007/03/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しく読み聞かせできます。

    表紙からしてお気に入りの様子の子供たち。
    内容もケンケンとびが上手なけんちゃんがいろいろなもの変身します。
    変身内容とお母さんが手助けしてくれるところがあたたかくとてもいいと思いました。
    とにかく、おもしろいです!!

    投稿日:2007/02/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 娘にはひさびさのヒット!!

    絵本を紹介する本で高い評価を受けていたので読んでみました。最近娘は絵本を読んでももう一回読んで!という本が少なかったのですがこの本は読んだあとすぐにもう一回読んで!とラブコールがかかり私も嬉しかった本です。けんちゃんはケンケンしながらどこかに行ってしまう子供ですがなにか見つけて必ず帰ってくるところが魅力でしょうか?ありえないお話ですが夢があって、絵本らしい絵本です。登場するお母さんも素敵です。こんなお母さんになりたいです。

    投稿日:2006/10/01

    参考になりました
    感謝
    0

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさんの試し読みができます!
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける
  • ゆうきをだして!
    ゆうきをだして!の試し読みができます!
    ゆうきをだして!
    作:くすのき しげのり 絵:いもと ようこ 出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    入学入園シーズンにおすすめ!新しい環境に飛び込む勇気をもらえる絵本です。


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その10 最終回

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.32)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット