話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

りんごがドスーンふつうだと思う みんなの声

りんごがドスーン 作・絵:多田 ヒロシ
出版社:文研出版 文研出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1976年
ISBN:9784580815353
評価スコア 4.39
評価ランキング 12,050
みんなの声 総数 63
  • この絵本のレビューを書く

ふつうだと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大きいリンゴ

    落ちてきた大きなリンゴを動物たちが食べるお話です。

    リンゴを食べる音が、それぞれの動物たちの大きさによって変化していくところが面白くて良いなぁと思いました。
    最後にリンゴで雨宿りする動物たちがかわいく描かれています。

    2歳児クラスで読み聞かせをした時も、「むしゃむしゃ・・・」等と、保育士の後に続いて言っていたのが印象的でした。
    繰り返しの中にも変化があるので、子ども達はとっても楽しいようです。

    言葉を覚え始めた乳児さんから楽しめるオススメの一冊です☆

    投稿日:2008/08/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大きなりんごをみんなで食べつくす

    大きなりんごがドスーーーーン!!と落ちてきて、見つけたどうぶつたちでひたすら食べちゃい、りんごが芯だけになってしまう楽しい本です。ぞうやキリンがリンゴよりはるかに小さく描かれてあるので、うちの0歳児には「リンゴやぞうやきりんの大きさの比率が、思っていたことと違う・・・?」と腑に落ちないようです。それだけ大きなリンゴなんだよ、と分かるのは3-4歳になってからでしょうか。

    投稿日:2006/06/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供なりの楽しみ方!?

    • ちゅらぼんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子3歳、男の子1歳

    最初のりんごがどすーん!と落ちてくるところは
    本を転がしたり、上からどすーん!と降ろして読んだら
    面白がっていたのですが、その後もぐらが食べる前に
    絵本のりんごをむしゃむしゃと食べて(マネ)
    おしまいなんです。

    食べたら満腹になってしまうのでしょうか!?
    これも子供なりの楽しみ方!?

    親としては、いろんな動物でてくるよー
    動物によって食べる音も違うからこういうところ
    楽しんでほしいなぁと思うのですが、、、。

    最後まで興味を持ってくれなかったのは残念かな。

    投稿日:2006/03/20

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / さつまのおいも

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】最終回 廣嶋玲子さんインタビュー

みんなの声(63人)

絵本の評価(4.39)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット