おんせんたまご おんせんたまご おんせんたまごの試し読みができます!
文: 中尾 昌稔 絵: 河本徹朗  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
ふう、あったかい。ああ、いいきぶん。のんびり、ゆったり、おふろだーいすき!

ねずみのとうさんアナトール」 パパの声

ねずみのとうさんアナトール 作:イブ・タイタス
絵:ポール・ガルドン
訳:晴海 耕平
出版社:童話館出版
本体価格:\1,300+税
発行日:1995年02月
ISBN:9784924938335
評価スコア 4.88
評価ランキング 25
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 働くことを考える

    • はしのさん
    • 40代
    • パパ
    • 神奈川県
    • 男の子11歳、女の子9歳

    自分にできることは何だろうと考えた末に、チーズの味見をする仕事を見つけ出したアナトール。自分にピッタリの仕事を見つけたアナトールの働く喜びとその生き生きした様子が描かれたいます。
    意外と小学校高学年で読んでみると、働くことについて考えるきっかけになるのではないだろうか。

    投稿日:2006/09/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • きらわれてても恩返ししたネズミ

    人間に嫌われているネズミ。
    人間がネズミを忌み嫌う話を聞いて、ネズミのアナトールは予想外の行動に出ました。
    「どうしたら人間におかえしできるのだろう。」
    この思いがこの絵本の根幹にあります。
    アナトールはチーズ工場にもぐりこみ、おいしいチーズを作るための手助けをしました。
    そして、人気の上がったチーズで人間に感謝される存在になりました。
    アナトールは、自分を嫌う人間に仕返しではなく役立つことを考えました。
    子どもたちが働くことを考える上で、とても素晴らしいお話だと思います。

    投稿日:2010/05/09

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / どんどこ ももんちゃん / もこ もこもこ / とんことり / よるくま / おばけのバーバパパ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。
  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…


「おしえて!コロ和尚 こどものどうとく」シリーズ監修・釈徹宗さんインタビュー<br>

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.88)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット