なすのぼうや なすのぼうや
作: 久住 卓也  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
なすのぼうやは小さなむらさき色のぼうしが大のお気に入り。ところが、そんなぼうしが風にとばされてしまいました。どうしよう!

あくたれラルフ」 パパの声

あくたれラルフ 作:ジャック・ガントス
絵:ニコール・ルーベル
訳:石井 桃子
出版社:童話館出版
本体価格:\1,500+税
発行日:1994年
ISBN:9784924938267
評価スコア 4.31
評価ランキング 16,863
みんなの声 総数 54
「あくたれラルフ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • よくも悪さを続ける困ったネコです。
    わが家にいたら、間違いなく追い出してしまいそうですが、セイラやその家族の心の広さには感心します。
    意地悪っぽい絵が印象的で、不思議な面白味を感じる絵本です。
    端で見ているぶんには楽しめるかな?
    いたずらが可愛いと思われるのは、ネコの特権でしょうか。

    投稿日:2016/07/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ラルフの目の表情が上手く表現

    あくたれねこの「ラルフ」のお話。
    飼い主のセイラやセイラのお母さん、お父さんに対していたずらして困らせていました。あくたれがひどいので、セイラの家族は「ラルフ」をサーカスに置き去りにしてしまいます・・・
    反省し無事もとの生活に戻りますが、、、、やっぱり、あくたれをはじめます。
    あくたれぶりは、かなりのもので、読んでいて「あ〜あ〜!」と言いたくなります。
    ラルフを猫にしたところが面白いところです。
    ラルフの目の表情が上手く表現されています。

    投稿日:2003/10/28

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / ねずみさんのながいパン / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ふしぎなナイフ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ねぇ、ママ? 僕のお願い!』つんく♂さん 初絵本出版記念インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット