どしゃぶり どしゃぶり どしゃぶりの試し読みができます!
絵: はた こうしろう 文: おーなり 由子  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
雨とあそぼう!

たまごのあかちゃん」 ママの声

たまごのあかちゃん 作:神沢 利子
絵:柳生 弦一郎
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1993年2月10日
ISBN:9784834011920
評価スコア 4.53
評価ランキング 5,328
みんなの声 総数 218
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

195件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 実は奥が深い!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、女の子1歳

    2歳になったばかりの娘と読みました。

    1回、2回と読むと、なんてことのない普通の絵本な感じですが、
    3回、4回と読んで、この絵本のスゴさに気付きました。

    まず、「たまごのあかちゃん」という、題名。
    普通、たまごのあかちゃん。って、言わないですよね?

    たまごのあかちゃんってなんだ?と思います。
    それでも2歳の娘が、
    「たまごのあかちゃん読んでー!!」
    と言ってくるのを聞くと、

    あぁ、2歳児にはこのほうが、
    親しみやすくて、言いやすいんだ!と
    気付きます。

    そして、「たまごから赤ちゃんがうまれた」のではなくて、
    「たまごの中でかくれんぼしてる赤ちゃんがでてきた」
    という、この発想!

    「たまごがふ化する」という現象が、
    これまたとっても2歳児に理解しやすい表現に、
    置き換えられていて、脱帽です。

    ひよこや、かめ、へび、果てには恐竜の赤ちゃんが、
    タマゴから出てきます。

    2歳児だけど、どの動物が「たまご」から孵るのか、
    知らず知らずのうちに感覚として身につきそうです。

    因みに横で聞いていた6歳の兄、
    「えぇー!へびってたまごから出てくるの?!」とびっくり。

    かわいく分かりやすい絵本だけど、
    実はとっても真面目な自然科学の内容も含む超万能絵本です!

    掲載日:2013/06/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • 図書館の絵本の予約ランキング100に入っており、題名の不思議さから読んでみた絵本です。

    今まで読んだ絵本の中では、絵のタッチが変わっていて、面白いです。
    いろいろなあかちゃんが出てきますが、子供はきょうりゅうのあかちゃんのシーンでとても喜びました。
    大きな卵に大きな赤いあかちゃんで、子供なりにインパクトがあったのかなと思います。
    それぞれの泣き声もとても特徴をとらえており、かわいいです。

    個人的に、ペンギンのあかちゃんだけわかりにくかったように感じました。
    これはペンギンの親子の写真を見たイメージが強すぎたからかもしれません。

    掲載日:2018/03/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • たまごから、赤ちゃん産まれた!

    • ゆうパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    たまごが大好きな我が子。
    朝ごはんがたまごかけご飯だったら、テンション上げ上げな1日になるくらいです。

    ので、たまごが表紙にあったので、この絵本読んで〜と駆け寄ってきました。
    たまごが食べられなくならないかなぉと心配しましたが、杞憂でした。

    色んなたまごから、可愛い赤ちゃんが、ヨチヨチ産まれて来る場面が、気に入ったようです。
    たまごの赤ちゃんってタイトル、うまいなぁ。笑。

    可愛い赤ちゃんに癒されました。

    掲載日:2017/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • カラフル

    小さな子ども向けの絵本です。
    とてもカラフルで目に飛び込んできます。

    たまごのあかちゃんがたくさん出てきます。

    絵が分かりやすく、色使いも綺麗なので大型の絵本があると知っていたら、そちらの方を読んであげたかった、と思いました。

    掲載日:2017/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵がユニーク

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳

    時々読みました。絵が独特です。好みがわかれると思います。うちの娘にはあまりピンと来なかったようで、読んでとリクエストされることはあまりなかったような・・・。でもいろんなところに置いてあるし、おはなし会などでも紹介されることがあったので、いい本なのだと思います。

    掲載日:2016/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • リズミカルに読むとさらに楽しい

    たまごのなかに〜かくれんぼしてる あかちゃんはだーれ??

    この部分をリズミカルに読むと子どもはとっても喜んで次の

    でておいでー!!

    のセリフをとても元気に返してくれます。

    繰り返しの絵本は子どもの言葉を引き出してくれて一緒に楽しめるのでいいですね。
    何度も読み返すうちに次出てくる赤ちゃんはわかってきますが、そこがまた面白いところ。

    へびさんのあかちゃんのところではまだたまごから割れていない赤ちゃんを発見したり、また新たな楽しみもあります。

    鳴きまねや動きの模倣遊びも出来たりと遊びも広がる一冊です。

    掲載日:2016/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんにちは

    我が子はあまり本に興味がないのですが、これは、

    ○○のあかちゃん、こんにちは

    というフレーズが気に入って、おじぎをしながら喜んで読んでいます。

    たまごに一緒に声をかけながら読んでいけるので、とても楽しいですよ。

    掲載日:2016/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんのたまごかな?

    たまごのなかでかくれんぼしてるあかちゃんはだあれ?
    でておいでよ
    次のページをめくるとだれのあかちゃんか分かる
    これの繰り返し絵本です
    たまごの数が3、4、10、2、1
    とそれぞれ違うので、卵やでてきた動物の数を数えて
    数字のお勉強にもなります

    掲載日:2015/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • たまごからばあ!

    たまごってそれだけで夢があります。中に何かが入ってる、何の赤ちゃんだろう。どんな動物?大きいのかな、小さいのかな?色は何色かな?

    きっと小さい子にとってはいないないばあと似た感覚なのでしょうね。
    何が飛び出してくるか分からないドキドキ、ワクワク感。

    気に入って何度も読みました!

    掲載日:2015/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • たまごからでておいでよ

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子5歳、女の子1歳

    歌うような文章で綴られたたまごの絵本です。

    たまごのなかでかくれんぼしてる
    あかちゃんはだあれ?

    うまれてくるのを急がせず、でも心待ちにしてるような
    妊娠期の頃を思い出しました。
    はっきりとした線で勢いよく描かれた、かわいいイラストです。
    あかちゃんて、みんな心待ちにされてるんだね、
    こんにちは、あかちゃん!
    たまごのなかの当てっこが出来て、読み聞かせしやすい絵本です。

    掲載日:2014/09/11

    参考になりました
    感謝
    0

195件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • オヤジの海
    オヤジの海の試し読みができます!
    オヤジの海
    作・絵:さくらせかい 出版社:自由国民社 自由国民社の特集ページがあります!
    『いしゃがよい』のさくらせかいこれが幻のデビュー作品!


「誰もが誰かの大切な人」米国で人気のシリーズ第一弾

みんなの声(218人)

絵本の評価(4.53)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット