季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

ぶたぬきくん まちへいく自信を持っておすすめしたい みんなの声

ぶたぬきくん まちへいく 作:斉藤 洋
絵:森田 みちよ
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1999年6月
ISBN:9784333018796
評価スコア 4.57
評価ランキング 5,185
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 初めて出会ったぶたぬきくん

    我が家が初めて出会った、ぶたぬきくんシリーズの本です。

    「ぶた」なのに変身できるようになった、だけでもびっくりなのに、
    顔だけ「ぶた」のままなんて、どうやったら思いつくのでしょう?
    もう、親も子もゲラゲラです。

    ぶたぬきくんが巻き起こす事件が面白くて面白くて。
    息子は、遊園地で着ぐるみに混じって風船を売るのが、とても面白いと言っています。

    はじめから終わりまで
    「どうやったら、こんなこと思いつくの?」という楽しい事件が満載です。
    まだ、このシリーズを読んだことの無い方、ぜひ手に取っていただきたいと思います。

    投稿日:2012/04/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • ぶたぬきくん、人間に化ける。

    • ぼんぬさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子4歳

    農場を出て、たぬきさんといっしょに森に住んでいるぶたぬきくん。今度は町へ行きたくなり、たぬきさんに習ったとおり人間に化けて出かけることにしました。でも、ぶたぬきくんの化け方が可笑しくて、そしてぶたぬきくんをフォローするたぬきさんの行動も楽しいです。

    投稿日:2020/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 文明とは?

    4歳7ヶ月の息子に読んでやりました。森をでて町に行くことになったぶたぬきくんのお話。シリーズで読んでいくとよくストーリーの展開がわかります。観たこともない世界への憧れをあらわしたのがこの絵本のテーマでしょうか?いわゆる文明というものです。でも、その文明の象徴が犯罪や危険というものもちょっと渋いなーと思いましたね。いきなり銀行強盗の犯人に疑われてしまうのですから・・・。こういう展開はちょっと子供にはわかりにくいかも。その反面、最後は遊園地や公園などの子供の大好きなものを楽しむことで終わらせているので、まあストーリーとしてはいい感じ。息子もそれなりに楽しんでいました。

    個人的には、このイラストが鳥山明のドクタースランプに似ているような気がしてくすくすしていました。時々、マンガのようなコマ送りなので、息子がそれにどれだけついていけたかはちょっと不明。また少々長めのだらだら感があったのがちょっと残念。でも、ぶたぬきくんのあたらしいものへの憧れに目をきらきらさせて読み入っている息子を見るのが楽しみですね。

    投稿日:2012/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねずみくんもいいです♪

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    今回は、ぶたぬきくんはまちに行きたいとたぬきさんにお願いします。
    残念ながら、たぬきさんの製作風景はありません。ちょっとさみしいです。

    まちに着いて、ぶたぬきくんが変装すると、ちょうど強盗事件があっておまわりさんに疑われたり、
    (このときのおまわりさんの驚きようが笑えます)
    公園で無邪気に遊んだり、たぬきさんの心配をよそに、ぶたぬきくんは大喜びです。

    ねずみくんも、新しいともだちができましたね。
    このコンビも名脇役で、台詞がなくても笑わせてくれます。

    一番笑ったのが、ジェットコースターから降りたたぬきさんです。
    ぶたぬきくんのつっこみも笑えます。

    いつもぶたぬきくんに振り回されるたぬきさん。
    今回はけっこう楽しんでいるようですね。

    投稿日:2008/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 顔がぶたなだけで楽しい

    化け方が中途半端なぶたぬきくん、
    お顔はぶたさんのまんまなので、
    どんな変身をしても
    クスリと笑ってしまいます。
    娘の大好きな遊園地、
    そこにぶたぬきくんがやってきたら…
    もう娘はそこから目が離せるハズがありません。
    イヤミのない絵柄で、このシリーズはとてもお気に入りです。

    投稿日:2007/12/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が良いです

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    子供が一番好きなぶたぬきくんシリーズです。

    今回の舞台は、いわゆる町です。

    そこでの人間との接触が見所です。

    おまわりさんに、職務質問されてぶたぬきくんがマスクを外

    す時のおまわりさんの表情の変化とか、ぶたぬきくんが、遊

    園地で気ぐるみを着た人に間違われたりと、笑えます。

    それと、いつものようにねずみさんの描写も、見逃せませ

    ん。

    ストーリーよりも、絵が楽しい一冊です。

    投稿日:2007/03/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろい

    町の図書館にぶたぬきくんコーナーがあったので、一冊借りてみました。
    思いがけず、オモシロイ☆

    中途半端にしか化けられないぶたさん、そのキャラクターと発想力、タヌキ君との名コンビぶりが、とてもいいです。
    このシリーズのほかの本も読んでみたくなりました。

    絵本と、マンガの中間のような絵の構成ですが、4歳ぐらいでもとても楽しく見ることが出来ると思います。

    遊園地でおなじみの乗り物に乗るので、子供も楽しさ倍増のようです。

    投稿日:2006/05/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 中学生も惹き付ける面白さ

    • えっこさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子11歳、女の子8歳、女の子4歳

    文句なく笑える本だと思います。

    ぶたぬきくんとたぬきくんの組み合わせたなかなかよいです。そして、町から帰って来て、海に行きたくなってしまったぶたぬきくんのバイタリティに感心。

    実は、図書館で娘と二人で読んでいたのですが、同じテーブルで数人集まって宿題らしきものをやっていた中学生のお兄さんが、ちらちらこちらを見るのです。どうも、話に聞き入っていたようです。悪いことしちゃったかな?宿題無事終ったかな?

    投稿日:2004/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 例のごとく・・・

    ぶたぬきくんのシリーズの本です。ぶたぬきくんはまた例に漏れず、顔だけぶたのまま変身して今度は町へ繰り出します。
    その後、遊園地へ。遊園地では着ぐるみのぬいぐるみと間違えられて風船売りをしたり、ジェットコースターに乗ったり、観覧車へ乗ったり・・・。そこで見た海に憧れを抱きます。その後シリーズの「うみへいく」につながることがわかりました。
    この本は、ぶたぬきくんの変身の様子の絵がおもしろくてかわいい本です。お勧めです。

    投稿日:2003/09/10

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / そらまめくんのベッド / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。


2月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット