宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

おじさんのかさ」 ママの声

おじさんのかさ 作・絵:佐野 洋子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1992年05月
ISBN:9784061318809
評価スコア 4.48
評価ランキング 8,343
みんなの声 総数 144
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

115件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 使えば使うほど愛着がわく

    「わたしのぼうし」と同じくらい好きな作品。ぼうしだったり、かさだったり、誰にでも、心の底から愛着を抱いている大切なものってありますよね。かたちに関係なく、大人でも、子どもでも、「大切」と思う気持ちに変わりはないと思います。

     おじさんにとって、黒い傘がまさにそんな存在。でも、大切に思うあまり、雨の日に傘をさせません。傘が濡れてしまうのがいやだからです。その気持ちもまたわかるなぁ、と思いました。
     子どもだったら、シールを貼らずにしまっておきたい、という感じかな? 私の場合、素敵な子供服をクローゼットに掛けて眺めているうちに、子どもが大きくなってしまった(!)なんてことも。
     でも、使ってこそ、「物」なんですよね。それでこそ特別な愛着もわき、思い出にも残る。

     おじさんにそのことを気づかせてくれたのは、雨の日に楽しそうに傘を差す子どもたちでした。
    子どもって、雨が大好きですものね。

     「あめが ふったら ポンポロロン  あめが ふったら ピッチャンチャン」
    本当に子どもは純粋に雨の音を楽しんでいるんだろうな、と思います。

     学校帰りに濡れてはかわいそう、と車で迎えに行ったら、「せっかくお友だちと楽しくぴちゃぴちゃやってたのに!」と、言われてしまった日のことを思い出しました。

    雨の日が楽しくなる絵本です。

    投稿日:2010/09/19

    参考になりました
    感謝
    3
  • 小学校での読み聞かせ

    • 将軍亭琴音さん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子12歳、女の子10歳、女の子8歳

    小学校の読み聞かせ会で読みました。
    雨が降っている日で、外に行けなかった子供たちが
    読み聞かせ会を選んでくれたようで…
    2年生を中心に20人弱ほど聞いてくれました。
    この日の読み手さんが都合が悪くなり
    急遽、代役で読みましたので、
    どの本も練習なし、一発本番です。

    この本は長女が2年生のときに、生活発表会で
    音楽劇で発表した思い出深い本です。
    ちょうど雨が降っている日だったので
    ぱっと手に取りましたが…
    やはりこの本は練習が必要だったなぁと反省しています。
    雨の日にも使わないくらい、大事に大事にしていた傘を
    思わず開いてしまうような、
    楽しげな歌の演出が出来なかったので、
    子供たちを最後まで引き込むことが出来ず、
    読み始めたときより、子供が減ってしまいました(泣)

    「あめがふったら ポンポロロン
    あめがふったら ピッチャンチャン」を
    何にあてて歌ったら楽しいか、研究してから
    またチャレンジしたいと思います。

    投稿日:2012/09/18

    参考になりました
    感謝
    2
  • すご〜く大事にしていました

    とっても大事にしている傘にまつわるお話。

    おじさんが主役です。

    大事にしすぎてなかなか傘を使いたがりません…

    雨の日を楽しむ絵本です。

    おじさんは本当に大事にしているんだな〜というのがヒシヒシと伝わってきます。

    ここまで大事にされている傘は幸せですね。

    傘って、雨が降った時に使うものだけれど、

    この絵本では違います。

    なかなか面白いです。

    投稿日:2014/01/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 音の響きがおもしろい

    小学生のころ、好きだったお話です。

    おじさんの大きな傘がページいっぱいに広がるシーン、
    傘を広げて得意そうなおじさんの表情、
    佐野洋子さんのダイナミックな絵で語られる、
    印象的な場面がいっぱいです。

    1歳の息子は、「あめがふったらポンポロロン、
    あめがふったらピッチャンチャン」のセリフが好きで、
    体を揺らしながら一緒に読みます。
    内容よりも、音のリズムが好きなようです。

    それにしても、自分が大人になって読むと・・・・
    シュールだな〜、と笑ってしまいました。

    投稿日:2011/12/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • ポンポロロン

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子2歳、男の子0歳

    傘を大切に大切にささないでいたおじさんが
    こどもたちにつられて初めて傘をさしてみます

    傘の素敵な音色にほんわかします
    となりのトトロのワンシーンを思い出しました

    大人は雨が降るとついつい面倒に思ってしまいますが
    子どももこのおじさんも
    雨が降るとワクワクウキウキなんですよね

    明日から見習って雨降りを楽しみ味わう豊かさを持ちたいものだと
    思いました

    投稿日:2010/09/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 傘は傘として使うから傘なのだ

    この本を読んで、昨年亡くなった父を思い出しました。
    父は車が大好きで、そして汚れるのが嫌い。
    いつもぴかぴかに磨いて、そしてあまり乗らないようにしていました。
    雨の日なんかもってのほか。
    なので、我が家の車は雨の日禁止カーでした・・・^_^;

    佐野洋子さんの本は、さりげなく「考えてねー」と試されているようで、
    いつも開く時身構えてしまいます。
    この本では、傘は傘らしく雨の日に使ってこそ傘なのだと思い、
    だから私は私らしく生きたいとも思いました。
    (その「私らしく」がなんなのか、まだつかめない私でもありますが・・・)
    父が読んだら、どんな感想を聞かせてくれたのでしょうか。

    娘は佐野さんの本はいつも「あっそう」という感じで読み捨てています^_^;
    佐野さんの本って、やっぱり大人向けなのかしら・・・。

    投稿日:2008/11/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 雨が降ったら歌おう♪

    • ねがいさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子7歳、男の子2歳

    あめがふったら ポンポロロン
    あめがふったら ピッチャンチャン

    私が子どもたちに絵本を読むだけでなく、絵本の中の言葉やフレーズを
    届けたいと思ったのは、この絵本がきっかけでした。

    まだ、娘が1歳になる前のことでした。
    ある方の絵本ブログで、5歳のお子さんが雨の日に「ポンポロロンだね〜」と
    言って、その方はしばらくしてやっと「おじさんのかさ」のことだとわかった、という
    エピソードを書かれていました。
    それが、とっても素敵で、私も子どもとそういう絵本の楽しみ方がしたいと
    思ったものでした。

    そして、今。
    雨の日には、水たまりをはねとばしながら「ピッチャンチャン」と
    やっぱり楽しんでいる私たちがいます。
    この絵本で、素敵な雨の日の過ごし方を学びました♪

    投稿日:2008/03/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • おじさんの気持ちが分かります

    • AAさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子5歳、女の子2歳

    お気に入りのかさを絶対にささないおじさんの気持ち、すごく良く分かります。私が非常に共感した絵本です。
    「宝の持ち腐れ」と言われようが使いたくないほど気に入っているものってあるんですよね。
    私は子供のとき、シールとか鉛筆とか気に入っている文房具を使うことができず、ずっと未使用で持っていました。未使用の文具を見ると幸せな気持ちでいっぱいだったんです。
    大人になるまで未使用で、今自分の子供にあげたりしてます。(ただの貧乏性のような)
    でも、思い入れのあるものがあるって幸せなことだと思ってます。

    子供は「何でおじさんかささなかったの?」
    とイマイチ気持ちが理解できないようでした。
    しかしながら、楽しいリズムの繰り返しで、この本を楽しめたようです。

    おじさんは、かさをさすことの喜びを見つけることができてよかったと思いますが、私個人としては、おじさんが最後までかさをささなくても、これはこれでありかな?とも思いました。

    投稿日:2006/07/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 心に残る言葉や声

    このお話のことを知った時、私はたしか小学生でした。家にあまり絵本はありませんでしたが、近くのこどもセンターで借りてきた絵本数冊を母が朗読したものをカセットテープに録音してくれました。妹と私はそのテープを何度も何度も飽きることなく聴きました。中でも「おじさんのかさ」はお気に入りだったので、この絵本を手にしたり題名を聞いたりする度に、今でも母の声が聞こえてきます。このことに気づいたのは私が結婚した頃でした。母の声と愛情がここまでも鮮明に私の心の中に残っているということに感動して涙が出ました。

    一番はっきりと聞こえるのは最後の奥さんの一言。「あら、かさを さしたんですか、あめが ふっているのに。」これがたまらなくおもしろいんですよね。

    まだ私の息子はこのお話に興味はありませんが、今から私はとても楽しみにしています。何度でも望むだけ読んであげたいと思います。そしていつか息子が大人になりこの絵本を見せた時に「これ好きだったんだよなぁ。今でも母さんの声が聞こえるよ」なんて言ってくれたら、私はきっと嬉し涙を流すことでしょう。

    投稿日:2004/12/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 傘が大切すぎて

    傘が大切すぎて、持ち歩くけれども使わないおじさん。
    雨が降っても、徹底して使わない。
    誰かが困っていても、使わない。
    あるいみここまで使わないことにこだわるのが凄いです。
    しかし、あることがきっかけで、傘を使う素晴らしさに目覚めます。
    傘が大切なことはかわりませんが、傘本来の使い方で楽しめるようになったのがよいですね。

    投稿日:2018/09/08

    参考になりました
    感謝
    0

115件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

ともだちや / すてきな三にんぐみ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


『だれのパンツ?』シゲリカツヒコさん インタビュー!

みんなの声(144人)

絵本の評価(4.48)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット