はじめてのえいごえほん にほんのおはなし(1) はじめてのえいごえほん にほんのおはなし(1) はじめてのえいごえほん にほんのおはなし(1)の試し読みができます!
再話: 深山 さくら  出版社: くもん出版
子どもたちの大好きなあのお話、英語で読んでみませんか? 昔話や楽しい歌を収録した、CD付き絵本!

おじさんのかさ」 せんせいの声

おじさんのかさ 作・絵:佐野 洋子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1992年05月
ISBN:9784061318809
評価スコア 4.47
評価ランキング 8,164
みんなの声 総数 143
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 男のこだわり

    • 蒼良さん
    • 20代
    • せんせい
    • 兵庫県

    この本、確か小学1年生の
    国語の教科書に載っていたと思います。
    実際、学校で習ったような記憶があります。

    何となくの内容を今もなお覚えていたので
    それだけインパクトのある物語だったんでしょうけど
    大人になった今読み返してみると
    他人には理解しがたい「男のこだわり」というものを
    絶妙に描いた作品だな、と思いました。

    そして、たいてい
    そういうこだわりを取り去ってみた方が
    案外楽しかったりするのだということも
    今となっては同意できます。

    実は子ども向けというよりも
    大人向けなのかもしれません。

    投稿日:2010/09/09

    参考になりました
    感謝
    2
  • 『おじさん、こどもみたいやね〜』

    • ねこちんさん
    • 30代
    • せんせい
    • 岐阜県
    • 男の子6歳、女の子4歳

    傘を大事に思うあまり、雨が降っても使う気にならないおじさん・・・。娘が一言「おじさん、こどもみたいやね〜」というので、笑ってしまいました。
    娘もおじさんと同じで、大切なものはなかなか使えないタイプなのです。
    おじさんは、傘を大切にしてきれいな状態で幸せな気分です。でもお気に入りの傘は使った方がもっと幸せな気分になることに気づいたのでしょうね。
    『物を大切におもう心』と、『物は使われてこそ生かされ大切にされている』ということを学べます。

    投稿日:2007/11/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • あめが待ち遠しい・・

    • まあささん
    • 40代
    • せんせい
    • 神奈川県
    • 女の子14歳

    あめがふったらカサをさす。
    こどもにとってもあたりまえ。
    むしろこどもこそ「ひとりでカサをさす」ことに喜びを感じます。
    それをしないなんて!
    みんなドキドキしておじさんをみつめます。

    そしていよいよ・・・というときは、
    みんなが思わず息をのみます!
    「あ〜あ〜」と言う子もいてすっかりおじさんの味方です。

    読み終わるとみんなで♪ポンポロロン ピッチャンチャン♪
    あめが待ち遠しくなる本です。

    投稿日:2007/04/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • ものを大切に

    普通のおじさんが主人公の、一風変わった絵本だと思います。
    おじさんが大切にしている傘。絶対にぬらしたくなかったおじさん。
    なんでもないものでも、そこらへんにたくさんあるようなものでも、その人にとって大切なものがあります。
    ものを大切にしたい、という気持ちになれる絵本だと思います。

    投稿日:2014/01/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛すべきおじさん

     大事なかさを雨の日にぜったい開かないおじさん、こどもの歌に刺激をされてかさを開いてよろこぶおじさん、どこまでいってもユーモアにあふれ愛情をよせずにはいられないおじさん。絵で表わされるその喜びようったら、読んでいるほうも我をわすれてうきうきしてしまいます。

     かさのかさたるべきありようを知り、その喜びをかみしめるおじさんですが、私はかさをささずにいる偏屈なおじさんも大好き。そしてそんなおじさんだから、今度は晴れの日にもかさを開いて歩くことに・・・

    投稿日:2007/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雨がふったらぽんぽろろん♪

    • あっとさん
    • 20代
    • せんせい
    • 東京都

    私も含めて、今は本当にビニール傘や安い傘が多いですよね。大人にとってはただ雨をしのぐ物であることが多いけど、子どもにとって傘はもっと大きな意味をもっているようで、雨の日は決まって「見て!」とご自慢の傘を見せに来てくれる子がいます。このおじさんは、もしかしたらそういう意味で子どもに近いのではないかなと感じました。傘はぬれてしまったけど、この傘をもっともっと好きになったおじさん。子どもにとって親近感をもてる存在ではないでしょうか。なんともかわいらしいおじさんの姿に、あったかい気持ちにさせてもらえます。

    投稿日:2007/01/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぽんぽろろん♪

    雨の日は外で遊べないけど、雨の音を聞いたり、雨になったりして、楽しめます。
    どんな風に聞こえる?
    ぽんぽろろんって言ってる〜!と、雨続きでも楽しい一日がすごせました。

    投稿日:2006/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • おじさんの傘、私もほしい!

    はじめて読んだ時、なんて素晴らしい絵本だと思いました。おじさんのとぼけた表情やリズミカルな言葉。ブルー系で縁取られた絵。とてもすてきです。一度声に出して読んだり読んでもらったりしたら、間違いなく大好きな絵本になるのではないでしょうか。雨が降ってもぬれるからと、新しい傘を開かなかったおじさんの気持ちもわかります。よっぽど上等の傘なのでしょう。わたしもそんな傘を持ってみたいものです。雨の季節に読まれることが多いことと思いますが、いつでも読みたい絵本です。

    投稿日:2006/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもってこんなに純真に物事を楽しめるんだよ。あなたも子どもの心に戻ってみませんか?心が洗われるよって言われたような・・。雨のリズムを楽しんでみましょう。思わず口ずさんでしまいます。そういえば、まだ使っていない傘が部屋で眠っているのに気付きました。どこかおじさんと同じってこと大人にはあるんじゃないかな。佐野さんの絵やお話大好きです。

    投稿日:2005/04/05

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

みんなの声(143人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット