くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

はるちゃん、ね」 じいじ・ばあばの声

はるちゃん、ね 作・絵:さいとう しのぶ
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2002年05月
ISBN:9784893252197
評価スコア 4.54
評価ランキング 5,216
みんなの声 総数 12
「はるちゃん、ね」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • はるちゃんの成長

    さいとうしのぶさんの作品を選んでいて
    「ぎゅうって」を読みました。
    31歳なる私の長女も「はるちゃん」という名前なので、
    今はもう子育て真っ最中のママになっていますが(笑)
    私としては親近感が持てる絵本でした。
    「ぎゅうって」を読むと、次は
    こちらをすぐに読みたくなりました。
    はるちゃん!成長しましたね。
    実際に下の子が生まれたら
    いろいろ大変になるのが現実ですが
    子供が自信を持っておねえちゃんになろうとしていくことを
    大切にしてあげたいと思えた内容でした。

    掲載日:2016/07/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • おねいちゃん

    はるちゃんのおねいちゃんになる喜びが伝わってくる絵本です。

    なんでも一人で出来るようになった喜びがおねいちゃんになる自信に

    繋がる絵本だと思います。

    はるちゃんの表紙の喜びの笑顔もとても可愛いですが、裏表紙のはるち

    ゃんが、お人形でオムツを替える神妙な顔がとってもとっても可愛いで

    す。「ぎゅーっ」って思い切り抱きしめたくなります。

    家族の愛情をいっぱいもらっているはるちゃんだから、きっといいおね

    えちゃんぶりを発揮できると思いました。

    おねいちゃん、おにいちゃんなる子には、ぜひ読んでもらって自信を

    つけてあげたい絵本です。

    掲載日:2009/07/01

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / バムとケロのおかいもの / ねないこ だれだ / くだもの / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


あざやかな色彩と造形!赤ちゃん絵本の王道いないいないばあ

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.54)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット