新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる

オオカミクン自信を持っておすすめしたい みんなの声

オオカミクン 作:グレゴワール・ソロタレフ
訳:ほりうち もみこ
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
税込価格:\1,430
発行日:2001年
ISBN:9784591070420
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,848
みんなの声 総数 27
「オオカミクン」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • うさぎを知らないオオカミと、オオカミを知らないうさぎが友だちになりました。 オオカミがどの様なものか気づいてしまったオオカミくんは、オオカミの仲間が怖くて仕方なくなりました。 お互いの存在を知らない者同士だからこその絆。お互いを分かり合ってこそ乗り越えられた絆。この絵本の中で、ウサギとオオカミの2匹が並んで釣りをしている後ろ姿が好きです。

    投稿日:2020/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心と野生

    うさぎを知らないオオカミと、オオカミを知らないうさぎが友だちになりました。
    オオカミがどの様なものか気づいてしまったオオカミくんは、オオカミの仲間が怖くてしかたありません。
    野生にまさる友情物語ですが、ひょっとしたら性同一性障害としてもとらえられるかも知れません。
    オオカミくんは、うさぎの心を持ってしまったのですから。

    投稿日:2020/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • これからは本当の親友

    すっかりなかよくなったのに、遊んでいるうちに、おおかみくんが
    たまらなく怖くなったのでしょうね。
    ベッドに突っ伏して泣いているトムの気持ちがわかるような気がします。
    でも、こののんびりとしたオオカミくんも、ずいぶんかわいそうなことに
    なりました。
    おおかみやまで、ウサギと間違われるなんて、いつも一緒にいたから
    トムの匂いが移っていたのかな。
    ほんとうに怖いと言うことを体験して、初めてトムの気持ちがよくわかったオオカミくん。これからはずっとずっと友達でいられそうです。

    投稿日:2017/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友達

    公文の先生のおすすめで読みました。
    まずちょっと大きめのサイズの絵本で、しかも表紙が真っ赤。
    それだけで娘は興味を持ったようで、珍しく一人で音読をしていました。

    お話も素敵です。
    仲良くなるはずのないうさぎさんとオオカミクンが友達になっていく様子、喧嘩をしても仲直りをします。
    その過程がとてもおもしろく、そして心の奥にじーんときます。
    どんな生き物でも心を通わせることができるのですよね。

    投稿日:2016/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思い込みの罠

    オオカミを見たことのないウサギと
    ウサギを見たことのないオオカミの出会い・・・

    本来、食うもの、食われるものの関係の二人が
    大親友になるのですが
    知り合った当時はまだ子供だったオオカミが大きくなってきて、
    なんだか怖い存在になってしまうウサギ
    しかし、ある出来事で、ウサギの怖い気持ちを理解するオオカミ。
    お互いを理解した二人は、もっと友達になることができた・・・。

    まず
    噂に聞くオオカミだ、と、初めから思い込みで拒否しなかったウサギはすごい。
    そして、ウサギの怖い気持ちを「こういうことなんだ」と理解できるオオカミもすごい。

    きっと、いろんなことが、
    この「先入観なく、お互いを理解すること」で解決するような気がします。

    いろんな立場の人に、読んでもらいたいと思わせる
    そんな本です。

    投稿日:2016/03/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんな友情があったらいいな〜

    一度もおおかみをみたことがない うさぎ
    一度もうさぎをみたことがない  おおかみ
    知らないということは 相手がどんな存在か分からないから 真っ白なじょうたいなんでしょうかね

    二人が出会って おおかみのおじさんがしんだので山に埋めに行くのを手伝ううさぎくん
    おもしろい展開ですね〜
    絵本のインパクトのあること 色鮮やかなカラーで構成されています

    二人は友達になるのです  こんな友達関係のお話し いいな〜

    おおかみがこわ〜い ごっこ(こんなごっこがあるんだ)

    ほんとに こわ〜い おおかみの赤いくち
    うさぎのトムは こわい夢をみるのです

    おおかみは うさぎのトムに 拒否されて 仕方なく他のうさぎの友達さがしにいくのです・・・

    しかしおおかみやまでオオカミがこわい体験をするのです

    このお話しのオオカミクンはほんとうに 優しい オオカクンですね〜
    こんな友情もいいですね〜  ほんわかしたおはなしでした

    投稿日:2014/09/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大親友

    このお話は、オオカミを知らないウサギと、ウサギを知らないオオカミのお話でした。オオカミのおじいさんが死んでしまって一人ぼっちになったオオカミくんがうさぎと出会って仲良くなるのですが、ある日オオカミくんがうさぎの事を遊びで怖がらせすぎたのが原因で二人はしゃべらなくなりました。そこで、オオカミくんがうさぎ君の気持ちを考えて、何とか仲直りしようとする姿がとっても心打たれました。

    投稿日:2014/08/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ウサギを知らないオオカミ

    オオカミを知らないウサギ
    ウサギを知らないオオカミ

    この言葉がとても印象的でした

    オオカミとウサギをそれぞれ いい人物そうに描かれているわけでもなく
    特にいい行いをした内容が描かれているわけでもないですが

    普段の子どもたちや自分たちの姿と変わりない日常的な中身が実は絵本にしっかりと描かれていると思いました

    絵本の帯には「いじめを…」みたい道徳的な言葉も書かれてありましたが

    あまり そういう思いで見ると絵本のよさにかけるのかもしれないと思います。

    自然と「いじめも…」みたいに考えることが一番不自然なく絵本の伝えたい内容を理解できるのではないでしょうか。

    投稿日:2014/01/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 共感ということ

    • わにぼうさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子8歳、男の子4歳

    オオカミを見たことのないうさぎと、
    うさぎを見たことがないオオカミのお話です。

    オオカミは突然死んでしまったおじさんをどうしていいかわからず、
    近くにあった穴に住む小動物に相談すると
    「お墓に埋めなくちゃ。手伝ってあげるよ」と言ってくれました。

    そこで初めてお互いが、「もしかして、うさぎ?」
    「もしかして、オオカミ?」となりますが大の仲良しになります。

    ウサギのトムとオオカミクン。
    でも遊びの中で、「オオカミが怖いごっこ」をした時。

    トムは怖くて怖くて逃げ出してしまいます。
    だって、オオカミクンは「オオカミ」なんですから。

    でも、オオカミクンにはトムの「怖い」気持ちがわからない。
    ぜったい食べないよと言われても、その恐怖は共感できない。

    オオカミクンはあることをきっかけにその「怖い」が
    わかるのですが・・・。

    特にコメントもせず、黙って聞いていた兄ちゃん。
    何か感じるところがあったかな?

    友達との関係で色々出てきた頃にオススメです。

    投稿日:2011/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 相手の立場に立ってみること

    • ねがいさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子7歳、男の子3歳

    狩る者と狩られる者の立場を越えた友情。
    やはり「あらしのよるに」を思い浮かべます。あの量と同じテーマを
    この絵本1冊で伝えられるのだろうか、と思いながら読んだら
    文章の量は多くないのに、しっかりと伝えるべきことがつまっていて
    安心しました。

    オオカミクンの、相手の立場に立った時の衝撃。
    ただ、嫌な事をしたということではなく、「自分が気づかなくても、相手を
    傷つけることがある」とさらに深いことを言っているのがすごいです。

    最後にうさぎのトムとオオカミクンは後ろ姿しか描かれていませんが、
    二人ともとても幸せそうな顔をしているんだろうなあと想像して、
    すごく温かい気持ちになりました。

    投稿日:2008/11/11

    参考になりました
    感謝
    0

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【大日本図書株式会社】

みんなの声(27人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット