ぞうのエルマー さがしえブック ぞうのエルマー さがしえブック ぞうのエルマー さがしえブックの試し読みができます!
作: デビッド・マッキー  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
おうちでじっくり探し絵!
りおらんらんさん 40代・ママ

楽しいですね
娘が小さいときに何度も読んだぞうのエル…

とおいところへいきたいな自信を持っておすすめしたい みんなの声

とおいところへいきたいな 作・絵:モーリス・センダック
訳:じんぐう てるお
出版社:冨山房 冨山房の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1978年
ISBN:9784572002440
評価スコア 4.27
評価ランキング 17,869
みんなの声 総数 14
「とおいところへいきたいな」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ママが赤ちゃんの世話で忙しくて 話も聞いてくれない
    マーチンは家でします 「自分の話を聞いてくれる誰かを捜して」 
    しかも変装して・・・・ ここからのお話の展開が かわいい

    マーチンが出会ったのは 年寄りのうまと すずめ ねこ
    うまも 遠いところへいきたかったのです・・・・

    お互いに 気持ちが分かるもの同士
    でも とおいところって?
    でも 遠いところへいきたい理由は それぞれ違いました

    そして 一緒にいて話していると けんかになってね   それぞれでていきました
    残された マーチンは   ママのこと思いだし  赤ちゃんのお世話が終わったら ママが 話を聞いてくれると いさんで 家に帰るんです(やっぱり ママが一番)
    かわいいお話です

    私だって お仕事に疲れたときなど  どこか遠くへ行きたい気持ちになります
    現実から 逃げ出して ゆったり のんびりしたくなるときがあるんですよ
    みんな そんな気持ち持ってるよね

    投稿日:2018/09/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 戻る場所を知っているから・・・・・・・

    マーチンのように、下にあかちゃんが出来ると今まで一人占めしていたおかあさんが忙しくて話も聞いてくれないということには読んでいても他人事ではないなあと思いました。家出をして、とおいところへ行きたい気持ちは往々にして誰にでもある感情だなと思いました。でも、マーチンだけでなく、戻る場所を知っているから、安心して甘えて家出が出来るんだと思いました。”とおいところへいきたいな”と、時々思うから好きな場所を旅して、また、気持ちを変えて日常に戻りたいと思いました。

    投稿日:2018/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冒険と安心のある絵本

    学校や家や職場でいやなことがあったとき、「あ〜、どっか遠いところへいきたいなぁ〜」と思ったこと、きっと誰でもある。この絵本の主人公マーチンは、ママが赤ちゃんにかかりきりで質問にこたえてくれなくて、いやんなっちゃったので、とおいところへ行くことにした。カウボーイハットをかぶって、ひげをつけて変装をして。そして「とおいところ」を知ってるという猫のあとについていくと、、、。

    モーリス・センダックは、こどもの(あるいは大人の、とも言える)地団駄を踏みたくなるような気持ちを、上手に汲み取って、ユーモアをもって昇華させてくれる作家だとおもう。この絵本もそう。「とおいところ」へ行ったマーチンには、ちゃーんと帰る場所がある。冒険と安心のある絵本。好きだなぁ。

    投稿日:2014/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一度はあります!!

    このお話は自分の置かれている立場に不満のあるネコ、うま、スズメ、そして男の子がみんなで遠い所を目指して旅をするのですが、みんな自分の思った感じでなくなったらケンカをし始めてしまいます。結局は元いたところにみんな戻ってしまうのですが、実生活でも一度はどこかに行きたいな〜って思いますよね。なんかこのお話を読んでそんな気分になりました。

    投稿日:2013/10/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • それぞれの理想郷

    センダックの絵本をまとめて読んでみた中の1冊です。その中では、『かいじゅうたちのいるところ』と並んで小さな子でも理解できそうな内容でした。

    皆が現実の生活に不満を持っていて、一緒に遠いところに行くものの、皆の理想が違うために結局喧嘩別れになり、主人公マーチンも家に帰るというお話です。

    繰り返し、冒険、動物と小さな子供にも馴染みやすい内容です。でも単純すぎないところがいいですね。大人が読んでもはっとさせられます。

    息子は馬が大きすぎて「とおいところ」に入れず、首だけつっこんでいるシーンが一番のお気に入りでした。

    投稿日:2010/08/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気分転換

     ママが赤ちゃんにかかりきりで、さみしいマーチン。お兄ちゃんの辛い気持ちがつたわってきます。家出をするマーチンの変装に、笑ってしまいました。
     うま、ねこ、すずめとマーチンがみんなで愚痴って、言い争うところもおかしかったです。マーチンは気分転換できたでしょうか。
     
     「待っていればママは教えてくれる」と、いちども止まらずに走って家に帰るマーチンが、せつなかったです。ママがマーチンとゆっくりお話してくれるといいなと思いました。

    投稿日:2010/08/19

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / くつくつあるけ / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / ごぶごぶ ごぼごぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



SNS犯罪から子どもを守るために。友達思いなにわとりのお話

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.27)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット