キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

とんとん どんどん」 みんなの声

とんとん どんどん 作:中川 ひろたか
絵:村上 康成
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2003年01月
ISBN:9784569683683
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,738
みんなの声 総数 31
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

31件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • こんなにもニュアンスが変わる

    楽しいひびきのオノマトペも、ちょっとした違いで
    こんなにもニュアンスが変わるのですね。
    おとなは、当たり前につかっているけれど
    取り出して並べて見れば
    なるほどなるほどと、面白いです。
    どくとくな使い方と雰囲気を覚えるのに
    楽しい本です。
    日本語を勉強している人にも良いかなと思いました。

    掲載日:2018/04/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 清音と濁音の距離

    清音に濁点を付けると、雰囲気がこんなに変わってしまうのです。
    言葉遊びではあるけれど、イメージ遊びになっています。
    村上康成さんのとぼけた絵で、肩に力が入らないところが良いと思います。
    子どもの絵本ですが、このまったり感は大人にとっても救いかも知れません。

    掲載日:2016/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白い絵本!

    中川ひろたかさんと村上康成さんコンビの絵本が好きなので,図書館で子供と読んでみました。
    こちらは「言葉遊び絵本」。
    「とんとん,どんどん」のように濁音になると意味も違った言葉になることが書かれていて,とても面白い絵本でした。
    見開き左側に「とんとん」とそのイラスト,右側に「どんどん」とそのイラストが描かれているので,その対比がわかりやすく面白く感じました。
    大人でも意外に気づかなかった内容なので,楽しかったです!

    掲載日:2016/09/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 単純だけど面白いですね。絵も可愛い。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子0歳

    言葉をもうちょっと色々覚え始めて来たら読んであげたい本ですね。あ〜何か焼鳥食べたくなってきた〜!このカメラマンさんは篠山紀信さんに似ていますね。その隣でフィルム引っ張り出しちゃってる赤ちゃん!怒るに怒れない〜。笑

    掲載日:2014/12/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい音

    いろいろなものの擬音が載っていました。いつも周りにあふれている何気ない音がこういった形で面白く表現されていたので子供はとっても楽しんでいました。うちの子は絵もとっても気に入っていて、特におばあちゃんの顔がしわしわなのが気に入っていました。

    掲載日:2012/12/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 濁音にすると

    濁点をつけると、言葉も擬音も濁音もまるっきり違って言葉は面白いと

    思いました。頭に簪をつけた粋なおばあさんが馴染みがあって親近感が

    持てました。「肩を とんとん」「胸を どんどん」と、おばあさんと

    ゴジラさんの張りきりが微笑ましかったです。

    「暑いよ へとへと」「アイスは べとべと」今の季節にピッタリです

    リズミカルな言葉と絵がマッチしていて楽しいです。

    掲載日:2010/08/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • なるほど〜

    1歳3ヶ月の娘にと思い手に取った絵本。
    最近は言葉の響きに興味があるようで、まさにこの絵本のような「とんとん」などの効果音が大好き!
    ユーモアもたっぷりなので、大人も飽きの来ない絵本だと思います。
    とんとん、どんどん、など、ポイントになる言葉を大げさに読むと娘はとっても喜んでいました。
    時々、真似をする場面もあったので、言葉に興味を持ち始めた子供たちにとってもオススメの絵本です!!

    掲載日:2008/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • なーるほど・・違いは濁点

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子13歳、女の子11歳

    なかがわひろかたさんのことばあそびの絵本です。

    とんとんに点々をつけるとどんどんになります。

    とんとんならかるーい感じ。
    どんどんならおもいーい感じ。

    濁点がつくだけで言葉のイメージがころっと変わるんですね。
    そんな音の変化を楽しみました。

    繰り返して何度も声に出すとにおもしろさが倍増します。

    言葉もおもしろいんですが・・・村上康成さんの絵がいい味だしてるといつも感心してます。

    掲載日:2008/05/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • ことばのリズム

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子15歳、男の子13歳

    中川さんのことばあそびブックシリーズ
    さすがにリズムのあることばが続くと
    1〜2歳児もシーンとして耳を傾けます
    絵本ページの最初に正座をするゴリラさんの右後ろに見えるのは?
    ページをめくるとおばあちゃんの肩叩きの「手」でした
    何度読んでも新たな発見が出来る絵にも魅力満載!

    じっくりと絵を観察する時間も必要なので
    読み聞かせの時はゆっくりめくると良いかもです

    掲載日:2007/11/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい言葉遊び絵本。

     濁点がつくだけで、こんなに言葉がかわるんだよという、リズムをつけて楽しく読むのにお勧めの絵本です。

     絵もとってもコミカルで、カメラマンの仕事で使うカメラも、あかちゃんにかかればおもちゃになっちゃうという、言葉と絵がすごくマッチしてて面白いです。

    掲載日:2007/11/01

    参考になりました
    感謝
    0

31件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


玉川大学教授・梶川祥世先生&編集者・岡本薫さんインタビュー

みんなの声(31人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット