へっこ ぷっと たれた へっこ ぷっと たれた
構成・文: こが ようこ 絵: 降矢 なな  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
読めば自然とリズムがうまれる!わらべうたをもとにしたあかちゃん絵本

ハエをのみこんだおばあさん」 その他の方の声

ハエをのみこんだおばあさん 作・絵:シムズ・タバック
訳:木坂 涼
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2002年10月
ISBN:9784577025444
評価スコア 4.16
評価ランキング 19,733
みんなの声 総数 36
「ハエをのみこんだおばあさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • どこまでもにぎやかに

    ふとした拍子に、ハエを飲み込んでしまったおばあさんが、次から次へ

    と、より大きな生き物を飲み込んでいってしまうお話に、聞いている子ど

    もたちは、

    「えーっ!えーっ!えーっ!」。

    を連発しっぱなし。

    シュールこの上ない話ではありますが、カラフルな文字と絵のゴチャゴチャ

    感が、楽しい雰囲気に転化させてくれるようです。

    最後は、おばあさんが亡くなってしまっても、

    「そりゃそうだよね〜ウマを飲んだんだもん」

    って、あっけらかーんと、みんなで笑いあって終われるような楽しさが残る

    ところが、子どもに支持されると思います。

    投稿日:2015/01/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと驚き

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子15歳、男の子13歳

    図書館で敬老の日にちなんで設けられたブースに
    展示されていた絵本でした

    内容はアメリカの歌のようですが
    かなりのブラックミステリーだと思いました

    まあかえって子供達には請けますが・・
    動物達のつぶやきもおもしろい

    ちょっとした仕掛け絵本です
    最後に馬を飲み込んだおばあさんが死んでしまうのに
    敬老の日にちなんだブースに展示してあっていいのかなあ

    これもジョークのひとつかしら

    投稿日:2007/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 姪っ子が小学校の図書室で借りてきて、面白いから市の図書館でも借りてきてとねだられた1冊です。表紙からしてすさまじいおばあさんの目が充血している。
    あるところにハエをのみこんだおばあさんがいましたではじまり、おばあさん、ハエを飲み込んだ時点で、諦めて消化しておけば普通は思うのですが、ハエを取ってもらうために蜘蛛をいれ、蜘蛛をとってもらうために鳥をいれといったぐあいにだんだんお腹の中にいれるものが大きくなっていきます。そして馬をいれたときに死んでしまいます。マザーグースの残酷さが現れていますね。ちょっと怖いですゥ。
    「てぶくろ」とかの物語ならいろいろな動物がはいってどうしようもなくなった後、何事もなかったかのように「てぶくろ」だけが残っているだけなのに、この絵本はおばあさん死んでしまうのですね。かなりシュールです。

    投稿日:2007/06/14

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おやすみなさい おつきさま / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / バムとケロのそらのたび / もこ もこもこ / 14ひきのあさごはん / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

みんなの声(36人)

絵本の評価(4.16)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット