貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

へんしんトンネル」 じいじ・ばあばの声

へんしんトンネル 作・絵:あきやま ただし
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2002年09月
ISBN:9784323033495
評価スコア 4.74
評価ランキング 856
みんなの声 総数 180
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 変身トンネル大賑わい

    相変わらず、あきやまただしの変身シリーズの言葉遊び絵本は、面白い

    です。笑えて自然に愉快になれるからお薦めの絵本です。

    やっぱり、笑えることが一番健康にいいし楽しいです。

    大きな声で、変身するまで夢中になって読んでいるとストレス解消に役

    だちます。

    変身トンネルに潜って楽しくなります。

    「明日も きっと 変身トンネルは 大賑わい。」

    最後の結びにも明日への希望を抱きました。

    「他にもこんなのがあるよ!」も大好きです。

    掲載日:2010/03/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • もっと見つけたくなります

    変身の変わり目を、とても上手に読みたい絵本です。
    上手くやると、子供が笑ってくれます。
    とてもわかりやすいのや、苦しいのやいろいろありますが、
    一日たったようで、ラストは、ホウホウとふくろうで決まっています。
    絵もかわいくて楽しい絵本でした。

    掲載日:2016/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 泣けました!おかしくて。

    • 夢路さん
    • 60代
    • じいじ・ばあば
    • 東京都

    以前読み聞かせの会でボランティアーの方が読まれているのを聞きました。子供達、大受けで、私もとっても楽しかった!その後、孫に読み聞かせましたが、読み終わると、すぐに、へんしん言葉遊びに発展いたしました。子供達の発想はとても豊かですね。
    余談になりますが、昨日あきやまただしさんの講演会に行ってまいりました。作家自身の読む「へんしんトンネル」はさすが迫力があって、涙がでるほど笑いました。ジェスチャーを交えて、身体全身で語られるあきやまさんの読み聞かせ、とても参考になりました。読み方には色々あるとは思いますが、秋山さんはアドリブ結構、オーバーな身振り手振り、自分の作品に関しては、なんでもオーケーとおっしゃっていました。読み聞かせをなさっている皆様、どうぞ参考にしてください。

    掲載日:2007/10/31

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり / おじいちゃんがおばけになったわけ / としょかんライオン

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


「誰もが誰かの大切な人」米国で人気のシリーズ第一弾

全ページためしよみ
年齢別絵本セット