宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

はっぴぃさん」 ママの声

はっぴぃさん 作・絵:荒井 良二
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2003年09月
ISBN:9784033312804
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,716
みんなの声 総数 75
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

58件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 涙が出ました・・・

    この絵本、親のほうがじ〜んときます。
    初めて読み聞かせた時、感動して泣いてしまって、娘に「だいじょうぶ??」と心配されました。(笑)

    この絵本はいただきもので、最初のページに戦車みたいなものが描いてあるし、なんだか怖いなぁ…と思いながら読み始めたのです。
    でも読み進めていくと、性格のまったく違う「ぼく」と「わたし」の重なり合いに引き込まれてしまいました。
    二人とも「はっぴぃさん」という具体的な、でも実体のないものを追いかけていたのですが、ふと気づくのです。
    そして気づいて、晴れやかな気持ちで別れていくのです。
    読みながら共に気づけたとき、娘も感動できるようになるのでしょう。
    その時まで、大事にとって置いてあげようと思う絵本です。

    投稿日:2009/02/03

    参考になりました
    感謝
    2
  • 心を照らす存在

     「のろのろさん」と「あわてんぼさん」の2人が、「はっぴぃさん」に会いに行くお話。子どもには、「はっぴぃさんって誰だろう?」、「2人ははっぴぃさんに会えたの?」と、クエスチョンマークがたくさん残るお話かもしれません。

     でも、自分の長所、自分らしさを知っているかどうかで、人生がHAPPYになるか、そうでないかも決まってくるんですよね。
    それには、小さい頃から、親が子どものよいところを見る目を養い、短所と思えることでも、少しだけ見方を変えて、長所として伸ばしてあげられるように、広い心で接してあげたいな・・・。

     山頂の岩の上に輝くまぶしいほどの黄色い太陽。私も娘の心を照らす存在でありたいと思いました。

    投稿日:2010/09/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • 切ない話

    • 千日紅さん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子4歳、女の子1歳

    えんぴつ描きの戦争の絵。

    戦火をかいくぐって、願い事をかなえてくれるというはっぴぃさんに会いに行こうとする、ぼくとわたし。

    戦争のことは、直接的なことばでは一言も語られません。

    はっぴぃさんはきません。
    おおきなたいようにむかってたくさんねがいをいうふたり。

    切ない話だと思いました。
    どんな状況でも、人は必死に生きている。
    おはなしの基調はやさしいけれど、実は厳しく過酷な状況で、今も決してなくなってはいない戦争に、改めて悲しさをおぼえました。

    投稿日:2007/04/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 救われる

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子4歳、男の子1歳

    昔は苦手だった荒井良二さんの絵が
    最近好きになりつつあり、
    自分の中で好きの範囲が広がる
    そんなちょっとした変化が嬉しく感じる。

    「のろのろは なんでもていねいだからだとおもうわ」
    「あわてるのは なんでもいっしょうけんめいだからだとおもうよ」

    よく短所の反対は長所と言われ、
    自分で思ってもあまり効果はないけれど、
    こんなふうに自分ではない、相手から言葉にしてもらえると
    救われることってありますよね。

    特に自分の個性って直しにくいし、
    それならそれをプラスに考えていく方が
    いいですし。

    息子たちにも注意や叱るばかりでなく、
    もっと良いところを言葉にしてあげて
    伸ばしてあげたくなりました。

    投稿日:2017/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 荒井良二先生の絵は決して上手くはないはずなのに、

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子0歳

    「ひょっとしたらこれは緻密に計算された下手さなのかもしれない…!」と最近思うようになってきました。結局はっぴいさんの正体はわからずじまいでしたが、互いに直したいと思う点が長所であると認識した事で2人ともはっぴいになれたから、結果オーライ!

    投稿日:2014/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • はっぴぃさーーーーん!

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子5歳、女の子1歳

    はっぴぃさん、はっぴぃさん。

    あわてものの女の子、のんびりやさんの男の子。
    二人は各々の性格を気に病んで、願いをきいてもらうため
    はっぴぃさんに会いに行きます。
    はっぴぃさんとは何者で、二人は会えるのでしょうか、
    二人の性格は変わるのでしょうか。

    ああ、これでいいんだな。
    前向きになれる絵本です。
    はっぴぃさん、はっぴぃさん、
    自分もそう呼びかけた分だけ
    気分が良くなるような
    何かに近づいているような気になります。

    荒井さんの絵からも強い祈りを感じます。
    幸せの黄色い絵本、
    ぜひ手に取ってほしい、大好きな一冊です。

    投稿日:2014/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • すがすがしい朝のような気持ち

    表紙を開いてすぐ
    娘が「うわぁ、すごいらくがき!!」と声をあげました。
    表紙裏の鉛筆の下書きのような絵を
    らくがきと思ったようです^_^;

    内容は、小3の娘にはすごく難しいものでした。
    具体的なお話が進むというより
    すごく壮大なテーマを
    抽象的な表現を重ねてたどりつくよう
    仕掛けがしてある本だからだと思います。

    タイプの違う「ぼく」と「わたし」は
    「はっぴぃさん」を求めて歩き続けます。
    「はっぴぃさん」が、一体なんなのか
    読み手も、迷宮に入り込んだような気持ちになります。
    読み薦めると、みんなそれぞれの心に「はっぴぃさん」がいることに気がつくのですが
    それを読み取るには、人生経験が必要な気もします。

    「のろのろは丁寧だから」
    「あわてるのは一生懸命だから」
    という言葉が
    とてもとても心にしみます。

    投稿日:2014/01/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 短所は長所

    • お豆腐さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子5歳

    とにかく、きれいな黄色に惹かれ手にとった絵本です。5歳の息子と読みました。息子にはまだ早かったかな、という感じでした。黄色がきれいで、黄色って元気をもらえる色なんだな〜と感じました。
    「のろのろは、なんでもていねいだからだとおもうわ」
    「あわてるのは、なんでもいっしょうけんめいだからだとおもうよ」
    正反対の2人が相手に言った言葉が素敵だなと思いました。一見、短所や直さなきゃと思うところでも、考え方で長所にもなるし、個性なんだということを感じました。日常に置き換えていろいろ反省させられました。

    投稿日:2012/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 平和への一歩

    • ぎんにゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳、男の子1歳

    深いです。ただの「ハッピー」ではありません。「はっぴぃ」は平和です。お互いを認め合うこと、自分の短所も見方を変えて長所にしていくこと、そうやってカバーしあって生きていけば、争いなんか起こらない。
    おそらく大人が読むとものすごく強いメッセージ性を感じる絵本です。でも、ほんわかした絵とやさしい語り口で子どもも大好きになるはずです。
    平和のシンボル白い鳩の表紙に海外でも高く評価されている作者の強い意志を感じます。

    投稿日:2012/02/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人への絵本に

    • ちょてぃさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子10歳、女の子6歳

    小学校低学年向けの読み聞かせ会で使用しましたが、大人が読んでも、考えさせられる奥が深い本だと思います。人は誰もどんな個性であれ、はっぴぃさんを探しながら生きています。幸せのあり方や個性の捉え方をあらためて考えさせられました。

    投稿日:2011/12/11

    参考になりました
    感謝
    0

58件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


絵本ナビに関するアンケートでQUOカード2000円分!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット