話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ

ちいさなうさこちゃん」 パパの声

ちいさなうさこちゃん 文・絵:ディック・ブルーナ
訳:いしい ももこ
出版社:福音館書店
税込価格:\880
発行日:1964年06月
ISBN:9784834000269
評価スコア 4.62
評価ランキング 3,827
みんなの声 総数 138
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  •  世の中には有名なウサギがたんといます。
     『不思議な国のアリス』に出てくる白うさぎやビアトリクス・ポターの児童書に登場するピーターラビットなどは中でも有名。
     彼らに負けないくらい有名なのが、もしかしたらディック・ブルーナのこの絵本に出てくる
     「ちいさいうさこちゃん」かもしれません。
     このうさぎの絵がついたお弁当箱やお道具入れを持っていた子どもたちもたくさんいたのではないでしょうか。

     この絵本を描いたディック・ブルーナさんが2017年2月17日に亡くなられました。
     89歳でした。
     ブルーナさんはオランダのデザイナーで絵本作家です。
     もちろんオランダだけでなく世界中の子どもたちに愛された絵本作家ですが、日本でもブルーナさんが描いたうさこちゃんやミッフイーは知らない人がいないのではないでしょうか。
     ブルーナさんの絵の素晴らしさはなんといってもぱっと目をひく色です。
     これは「ブルーナカラー」と呼ばれているそうで、赤や黄色、緑、青といった色が鮮やかに使われています。
     それと造形の線。うさこちゃんを見ればわかるように、とてもシンプルだけど、強い線といえると思います。
     この色と線が、赤ちゃんからも愛される魅力ではないでしょうか。

     この絵本の奧付を読むと、1964年6月発行とあります。そして、2010年に改版されています。
     つまりこの絵本が日本で刊行されてから半世紀以上経ちます。
     それでも今も読み継がれているのですから、すごいというしかありません。
     そして、ブルーナさんにこう言いたい。
     ありがとう、ブルーナさん。

    投稿日:2017/02/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • うさぎの夫婦に赤ちゃんが産まれました。
    単純な絵ですが、誰にでも愛されるブルーナの作品です。
    シンプルでストレートで、とってもピュアな幸せのスタート。
    今としてははずかしい思いですが、ヤングパパが子育てのスタートの時期にこのシリーズを手にして、自らも心豊かになってもらえたら最高ですね。

    投稿日:2017/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1歳のころに購入し、読み聞かせ、
    3歳になってもまだまだ読んで、とせがんできます。

    ブルーナカラーといわれる、青・黄・緑・橙の4色の発色がきれいで、
    子どもの目を引く絵本です。

    いしいももこさんの訳も、はじめは読みづらく、ふしぎな感じがしたのですが、
    読み聞かせをくりかえすうちに、自然と頭にすーっと入っていく訳だと気づきました。

    子どもにもわかりやすく、ちいさいうちからじっくりと読んであげられる絵本です。

    投稿日:2014/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • うさこちゃんの誕生

    1歳の娘と一緒に読みました。うさこちゃんが誕生するお話。みんなにお祝いに来てもらって誕生を祝福してもらっている姿がなんとも幸せそうで良かったです。娘もうさこちゃんを指差して「かわいー」と言っていました。ブルーナ作品は文章も優しい感じで1歳の娘と読むのがとても楽しいです。

    投稿日:2010/08/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • これが娘と私のファーストブック

    寝てばかりいた新生児時代。たまに起きている時にベッドをのぞくと笑いかけてくれた娘。夜、寝る前の(私が)日課にと、絵本を読んでみようと思い、妻が用意してあった数ある絵本から表紙がかわいいというだけで選んだ絵本。読み始めると、以外に文章が多く苦戦!(だって、はじめての読み聞かせ…今更ながら反省するが、この時、練習もしていなかった)でも、娘は私の顔と絵本とを交互にみながら笑っていた…。たぶん、ブルーナさんの色使いに助けられていたのだろうな。今思うと、ずいぶんと大胆なことをしてしまった…。が、これが娘と私のファーストブック★1歳5ヶ月となった娘は、この絵本が大好きで毎日本棚から取り出してくる。

    投稿日:2008/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • うさこちゃんシリーズの第一段

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    記念すべき「うさこちゃん」シリーズの第一弾。
    1963年の初版で、日本では1964年に訳され177万部を突破のベストセラー。

    ふわふわさんとふわおくさんに、うさこちゃんが誕生するというお話です。
    ミッフィーとして知られていますが、絵本の世界ではうさこちゃんとして通用しているようです。

    際立った色彩と輪郭、デフォルメされた絵、平易な文章とファーストブックに相応しい要素が満載です。
    2歳からになっていますが、それより前からでも十分楽しめると思います。

    投稿日:2008/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人気のミッフィー!

    • BENさん
    • 30代
    • パパ
    • 新潟県
    • 女の子1歳

    ミッフィー(うさこちゃん)・シリーズの第一作目。
    ミッフィーが生まれて動物達がお祝いにやってくる話です。
    1歳半位に読んであげた時はイマイチの反応で、
    「早かったかな?」と思い、最近(1才10ヶ月)又読んであげたら、よく持ってくるようになりました。
    ただ、前から「ミッフィー」と教えているので、読んであげる時に「うさこちゃん」や「ふわふわさん」を
    「ミッフィー」「パパ」と言い換えて読んでいるのが、ちょっとややこしいです。

    投稿日:2004/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 定番ですね。

    妻がぼろぼろになるまで読んだこの本を娘も読んでいます。シンプルでわかりやすく、初めての絵本として最適だと思います。

    投稿日:2003/10/31

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くっついた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

みんなの声(138人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット