がんばれ ちびゴジラ がんばれ ちびゴジラ がんばれ ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ぼくは、つよくておおきい、ちびゴジラ。

たぬきのおつきみ」 ママの声

たぬきのおつきみ 作:内田 麟太郎
絵:山本 孝
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2003年09月20日
ISBN:9784265034871
評価スコア 4.42
評価ランキング 9,544
みんなの声 総数 35
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

28件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • お月見の季節に

    お月見の季節によさそうな絵本です。
    山本孝さんが描く狸たちの表情が可愛いです。
    お化粧しているページで子どもが気持ち悪いと大喜びしていました。
    最後、お月さまが見降ろした狸たちが、ひょっとこの姿になっているのが面白かったです。
    買ってまでは読まないけど、秋の季節に一度は読みたい本です。

    投稿日:2018/09/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • たぬきらしい

    このお話に出てくるたぬきは、決して良いたぬきではありません。
    作物やお地蔵さまへのお供え物を「おすそわけ」といいながら、勝手に持って行ってしまうのです。
    顔つき、喋り方、どこをとっても、悪だぬき!
    それが逆にたぬきらしいというか、化かされるってこういうことかもしれないなと思いました。
    終始明るいし、ユーモアもたっぷり。
    なんだか憎めないたぬき達でした。

    投稿日:2017/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 豊年満作

    秋になり沢山のお米が実り村人同様たぬきたちも大喜び。おつきみするために、稲をとり、お地蔵様のお供えのお団子をとりさつまいもをとり、たぬきたちはみんなでおつきみを楽しみます。お月様はにこりと笑っています。それはひょっとこの人絵をたぬきたちが作ったから。

    投稿日:2015/12/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • たぬき流お月見

    このお話は、お月見の日にたぬきたちがお供え物を畑からちょっとだけしっけいし、独特の面白メイクをしてたぬき全員で人文字ならぬ人絵を作ってお月様を喜ばせていました。お月様だけではなく、うちの子も大笑いで見ていました。

    投稿日:2015/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • お月様が笑ってる

    山本孝さんのユーモアたっぷりの絵が大好きです。今回も、個性あるお茶目なたぬきたちに笑わせてもらいました。
    お月見の夜、たぬきたちもおつきみをしようと、すすきやおだんごをちょっと拝借して、衣装もかえ、お化粧もして準備万端です。
    たぬきのおつきみの様子を見て「ほほほほ」と笑っています。そのわけは・・・ページをめくると予想以上に楽しい画面が待っていて、子どもたちと大笑いしました。

    投稿日:2014/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可笑しくて可笑しくて♪

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子6歳、男の子5歳

    「ええのう」「ええのう」「たまらんのう」と言うたぬきたちの表情…。最初から心はわしづかみにされました。
    お月見は人間も楽しみにしているイベントですが、まさかたぬきも同じとは。
    そのたぬきの準備の真剣さも、いちいち可笑しくて可笑しくて。大笑いではないんだけど、くすくす笑いながら読んでしまいます。
    忘れ去られそうな日本のイベント。日本の心。たぬきたちから改めて教わった気がします。
    未就学児〜小学校低学年くらいにピッタリです。お月見前にぜひ♪

    投稿日:2013/05/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愉快なお月見

    しっとりとした雰囲気で、満月の美しさを楽しむお月見もいいですが、こちらは思いっきり笑えるお月見でしたね。
    何しろ、お月様も笑ってしまうくらいなのですから、よっぽどでしょう。
    この強烈なインパクトのある月見の様子は、レビューでは表現できません。
    ぜひ、最後まで読んでみてください。

    投稿日:2012/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後のおちが分からなかった!

    お月見をするっと張り切っている息子に借りてきました。

    たぬきのお月見の準備から始まるこのお話でしが
    準備がすべて、こっそり頂いてくるのが笑えます。
    息子も「ちょっとだけって全然ちょっとじゃないじゃ〜ん!」と
    大爆笑しておりました。

    イラストもかわいくて面白いです。

    最後のおちが息子には分からなかったのが残念でした。
    まだ4歳だから?か、「木を見て森を見ず」的でした。
    それともひょっとこをよく知らないからかもしれません。
    お話自体は簡単ですが最後のおちまで理解できるのは
    やはり対象年齢5歳ごろということなのかもしれませんね。

    投稿日:2012/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • あちこちにユーモアがあるけれど

    4歳1ヶ月の息子に読んでやりました。たぬきたちがおつきみをしようといろいろな準備をするところからストーリーは始まります。その様子がちょっとこっけいで、ユーモアもあちこちにあります。ただ、残念ながら息子にはその笑いが理解できないらしく、ただおつきみのストーリーとして楽しんでいただけ。絵も結構しっかりと描かれているので面白いと思いましたが、そのあたりのユーモアも通じたのかな・・・。まだ4歳には理解しづらいのかもしれませんね。

    投稿日:2011/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • どろぼうだけど

    最初のページから面白いです。
    「ええのう ええのう たまらんのう」
    言葉の使い方がいいですね^^

    タヌキたちが人間の作った団子や芋を拝借して、お月見をするという話。
    これだけ書くと、人間からしたら、いたずらダヌキという感じがしますが、山本孝さんの描くユニークで憎めないタヌキたちと、内田麟太郎さんの絶妙なストーリー展開と言葉遣いで、「まぁいいか ちょっとくらい」という気持ちになってしまうから不思議です。
    娘も「どろぼうだー」と言いながらも面白がっていましたから。

    さて、タヌキたちのお花見。
    きれいな着物を着て、きれい(?)にお化粧をして。
    その姿、かなりインパクトあります!
    ラストも笑えました。

    人間もタヌキも、お月様に実りを感謝する気持ちは一緒なんでしょう。
    楽しいお月見でした!

    投稿日:2011/01/08

    参考になりました
    感謝
    0

28件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / バムとケロのそらのたび / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット