はじめてのえいごえほん にほんのおはなし(1) はじめてのえいごえほん にほんのおはなし(1) はじめてのえいごえほん にほんのおはなし(1)の試し読みができます!
再話: 深山 さくら  出版社: くもん出版
子どもたちの大好きなあのお話、英語で読んでみませんか? 昔話や楽しい歌を収録した、CD付き絵本!

たぬきのおつきみ」 その他の方の声

たぬきのおつきみ 作:内田 麟太郎
絵:山本 孝
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2003年09月20日
ISBN:9784265034871
評価スコア 4.42
評価ランキング 9,566
みんなの声 総数 35
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 楽しい「お月見」

    久し振りに「月」関連で探していて
    図書館から借りてきて
    ん?
    あれれ・・・
    レビューを書いてないじゃありませんか

    個性豊かなたぬきさんたち
    たぬき=化かす=いたずら
    のイメージそのまんま

    あ〜あ
    いけないんだぁ〜
    と、注意したくなりますが
    でも、よ〜く見てください

    盗む事は悪いことですが
    「ほどほど」に盗んでいるし
    お地蔵さまのおだんごも
    1個ずつは、残しているし
    変わりに、これまた盗んださつまいもが
    上がっているし(笑

    お月見を見るだけでなく
    感謝する=笑わせる=喜ばせる
    ことをしているんですね

    お月見の行事は
    なんとなく静かなイメージですが
    この絵本で、「笑い」が入ると
    素敵なイベントになりそうです

    おはなし会で読みたくなりました♪

    仙台は、2017年の今年は
    8月ず〜っと雨で農家の方々は大変です
    「ええのう」という位
    秋空に映えるほど
    田んぼに金ぴかの稲が実ってほしいです

    投稿日:2017/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思わずムフフ

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    内田麟太郎さんと山本孝さんの日本の行事を絵本にしたシリーズです
    麟太郎さんのことばまわしの面白さが存分に楽しめます
    「ええのう・・・たまらんのう」
    なにやら狸たちがお月見のための素材集めをしているような・・・
    たぬきやおじぞうさまの表情が山本さんのイラストでとっても楽しくなってるとことが思わずムフフと笑ってしまいます
    なるほどね。。お月様を笑わせることが「お月見」だったんだ

    投稿日:2012/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「ええのう」 「ええのう」 「たまらんのう」たぬきたちが眺めています

    稲穂が実り みんなが 喜ぶ(人間たちの喜びが伝わります)
     
    たぬきたちの顔が おもしろくて笑えてきます!
    しかも 人間の米と お芋をもらって お地蔵様の おだんごももらうたぬき

    でも ちゃんと 一つは残してるのが たぬきの 礼儀かな?

    たぬきたちは お月見を楽しみにしているんですね

    きれいな着物まできて おもしろいかおにお化粧して(失礼かな?)
    それにしても笑える!
    たぬきは お月様の笑顔がほしかったのですね。(たぬきたちみんなでお月様の笑顔を引き出そうとしてるのが 微笑ましいです!) 

    お月様の笑い方 「ほほほほほほ」 お上品名笑い方ですね

    子供の頃のお月見のおだんごおいしかったな〜

    懐かしく思い出しながら たぬきに笑わせてもらいました!

    投稿日:2010/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 秋になったらおつきみしようね

    • doruさん
    • 40代
    • その他の方
    • 兵庫県
    • 姪8歳

    季節は秋、人間がつくった作物を少しだけわけてもらうたぬきさんたちがユーモラス。
    「ええのう」「ええのう」「たまらんのう」がたぬきの様子がわかって笑えます。そして人間をつくったものをちょろまかせて、おじぞうさんのだんごもちょろまかして、それでもだんごそれぞれ1個づつ残しているのが笑えます。
    姪っ子はたぬきの祭りで一緒にだんごを食べながら月をみたいといっていました。たぬきさんだけが月を愛でて我々人間は月を愛でるということはしなくなりました。でもこのたぬきのおつきみを秋に読ませながら、すすきをとってきて、おだんごつくって姪っ子を含む家族で月を愛でるのもいいものだなと思いました。

    投稿日:2009/01/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日本人魂

    「ええのう〜」って始まる絵本なんか他にない。秋の収穫に感謝したたぬきたちが、お月様に供える作物をいただきながら、お月見の準備をしています。お供えを準備して着物を着替えて、雲のきれまから顔を出したお月様に最高の笑顔を贈ります。お月様も微笑んでいます。たぬきたちの豊かな表情とストーリーの流れが素晴らしいです。ラストの大爆笑がおはなし会で受けます。5歳ぐらいからユーモア的に受けます。絵もダイナミックなので大勢で楽しめます。

    投稿日:2003/09/28

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / バムとケロのそらのたび / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はんぶん タヌキ
    はんぶん タヌキ
    作:長 新太 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    これからタヌキが化けますよ! 予告するのはいいけれど、半分どころかほとんど化け残るタヌキのお話


「おしえて!コロ和尚 こどものどうとく」シリーズ監修・釈徹宗さんインタビュー<br>

全ページためしよみ
年齢別絵本セット