宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

たぬきのおつきみ自信を持っておすすめしたい みんなの声

たぬきのおつきみ 作:内田 麟太郎
絵:山本 孝
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2003年09月20日
ISBN:9784265034871
評価スコア 4.42
評価ランキング 9,538
みんなの声 総数 35
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • たぬき流お月見

    このお話は、お月見の日にたぬきたちがお供え物を畑からちょっとだけしっけいし、独特の面白メイクをしてたぬき全員で人文字ならぬ人絵を作ってお月様を喜ばせていました。お月様だけではなく、うちの子も大笑いで見ていました。

    投稿日:2015/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • お月様が笑ってる

    山本孝さんのユーモアたっぷりの絵が大好きです。今回も、個性あるお茶目なたぬきたちに笑わせてもらいました。
    お月見の夜、たぬきたちもおつきみをしようと、すすきやおだんごをちょっと拝借して、衣装もかえ、お化粧もして準備万端です。
    たぬきのおつきみの様子を見て「ほほほほ」と笑っています。そのわけは・・・ページをめくると予想以上に楽しい画面が待っていて、子どもたちと大笑いしました。

    投稿日:2014/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可笑しくて可笑しくて♪

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子6歳、男の子5歳

    「ええのう」「ええのう」「たまらんのう」と言うたぬきたちの表情…。最初から心はわしづかみにされました。
    お月見は人間も楽しみにしているイベントですが、まさかたぬきも同じとは。
    そのたぬきの準備の真剣さも、いちいち可笑しくて可笑しくて。大笑いではないんだけど、くすくす笑いながら読んでしまいます。
    忘れ去られそうな日本のイベント。日本の心。たぬきたちから改めて教わった気がします。
    未就学児〜小学校低学年くらいにピッタリです。お月見前にぜひ♪

    投稿日:2013/05/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔も今も

    日本に生まれてきて良かったと思える
    季節感たっぷりの一冊

    昔も今も感謝することを何においても

    忘れてはいけないことを教えてくれる

    内田さんのユーモアセンスがぴったりの絵本

    たぬきもきっと山の恵みに感謝感謝なのです

    投稿日:2010/10/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • お化粧に大爆笑

    たぬきさんたちのお月見をしたい気持ちがとてもよく伝わってきます。

    山本孝さんの強烈なインパクトのある絵がお化粧をしたたぬきさんたち

    の絵に益々磨きをかけて大爆笑してしまいました。

    お地蔵さまにお供えしたお団子も一つだけ残したところとさつまいもを

    お供えするところは、優しくて(?)なんだか和みました。

    言葉も「ええのう」「ええのう」「たまらんのう」と親近感が持てて

    よかったです。お月様の笑い顔は最高によかったです。

    投稿日:2010/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんで、わろ(笑)うてもらうの〜?

     家族で書店に立ち寄り、最後に絵本コーナーへ。
     読んだ記憶のない作品。
     山本先生の絵なので、手に取りました。

    たぬきやまから、見下ろす豊年万作の風景。
     「ええのう」「たまらんのう」の方言に、イチコロ。
     『ぬ〜くぬく』を思い出し、即レジへ走りました。

     さては、たぬきめが悪さをするのかと思いきや…。
     お米を無断でおすそわけしてもらい、おいももついでに頂いて、へんてこな念仏をとなえ、お地蔵さんからまで…。
     おめかしをして、おつきさまにお礼と歓待?????
     『ちょっと、ちょっと〜、お礼はわかるけど、なんで、わろ(笑)うてもらうの〜?』
     でも、笑ってしまいました。私も息子も、おつきさまも。
     たぬきたちのおかげで、村の衆はこの夜、素敵なおつきさまの笑顔を楽しめたでしょうね。

     のどかな田園風景、おとぼけキャラのたぬきたち、だんだん笑いの風船が膨らんでくるユーモラスなストーリー展開で、この一冊にノックアウトされてしまいました。
     3・4歳のお子さんから楽しめると思います。
     息子と笑い転げていたら、夫が、あきれ顔で苦笑いしてました。
     今夜、絶対薦めます。

    投稿日:2009/09/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 秋になったらおつきみしようね

    • doruさん
    • 40代
    • その他の方
    • 兵庫県
    • 姪8歳

    季節は秋、人間がつくった作物を少しだけわけてもらうたぬきさんたちがユーモラス。
    「ええのう」「ええのう」「たまらんのう」がたぬきの様子がわかって笑えます。そして人間をつくったものをちょろまかせて、おじぞうさんのだんごもちょろまかして、それでもだんごそれぞれ1個づつ残しているのが笑えます。
    姪っ子はたぬきの祭りで一緒にだんごを食べながら月をみたいといっていました。たぬきさんだけが月を愛でて我々人間は月を愛でるということはしなくなりました。でもこのたぬきのおつきみを秋に読ませながら、すすきをとってきて、おだんごつくって姪っ子を含む家族で月を愛でるのもいいものだなと思いました。

    投稿日:2009/01/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • たぬきの演出に大笑い

    一言で言ったら、とっても楽しめる絵本です。「ええのう」とか「たまらんのう」とか台詞もユニークだし、何より出てくるタヌキがみんなひょうきん顔です。おつきさんに喜んでもらうための演出は、それはそれは見事で大笑いしてしまいます。子供はきれいに化粧したタヌキ達がとってもインパクトがあったみたいで、同じような顔をしておどけてみたりしていました。最初から最後まで笑える楽しい本です。

    投稿日:2008/08/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人間がしていることはたぬきもしてみたい?

    たぬきが人間のまねをして、人間の物を少しずつ拝借して、お月見の用意をするのがとてもユーモラスに描かれています。

    たぬきが白塗りをしておめかしする姿は最高に面白いです。お月様が「わろうて くださるかのう」というのは、人間のお月見を真似ているつもりでも、たぬきの独特の趣向では?本来お月見はを愛でるもので、お月様に自分たちのお供えを観賞していただくものではないのですが、そんな勘違いもまた楽しいです。

    人間がしていることはたぬきもしてみたいのかな?楽しさが伝わる一冊です。新らしいお月見絵本としていかがですか?

    投稿日:2007/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • お月見が楽しみに!

    • リーパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子7歳、女の子4歳

    豊作を祝う行事をたぬきがするなんて・・

    最初はいたずら狸のお話かな〜などと
    思いながら読み進めていくと
    お月様を笑わせるために一生懸命なたぬきの姿が
    本当に笑えます。

    我が家では日本昔話調に読んでみたり
    たぬきの数をかぞえたり、
    お月見に必要なものは何かな?など
    読み終わった後にも質問したりして
    楽しみました。


    内田鱗太郎さんと山本孝さんのコンビが
    今回も笑わせてくれました。

    投稿日:2007/04/07

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / バムとケロのそらのたび / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット