クリスマスのおばけ クリスマスのおばけ クリスマスのおばけの試し読みができます!
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
クリスマスの日、おばけのこどもはどうしているのかな? おばけのこどもを思いやる女の子の、かわいくてたのしいお話。

ぐりとぐら」 その他の方の声

ぐりとぐら 作:中川 李枝子
絵:大村 百合子
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:1967年01月
ISBN:9784834000825
評価スコア 4.83
評価ランキング 125
みんなの声 総数 614
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

43件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • おいしそうな絵本1

    米原万里さんのエッセーで、映像や活字にされた食べ物を食べたくなるには法則がある、というのがありました。馴染みの素朴な品であることと、主題ではなく小道具やディテールであること。さもありなんと思います。ぐりとぐらシリーズのどれにも、身近なカステラとかオムレツとかが、実においしそうに登場します。のねずみのぐりとぐらは、この世でいちばん好きなのは、お料理すること食べること、なのです。これを読んでは、こどもとクッキーやカステラを焼いて騒いでしまうのは、影響されやすい私だけでしょうか。楽しい楽しい絵本です。名脇役のおおかみさんやこぐまちゃんなどもうちでは人気で、この絵本のこっちにいたけどあの絵本のここにもいておんなじだ、等と大喜びです。

    投稿日:2003/09/24

    参考になりました
    感謝
    2
  • ロングセラー

    日本では、超ロングセラー、超ベストセラーの定番中の定番絵本ではないでしょうか。

    半世紀を超えても、子どもたちに大人気で、その魅力はいつまでたっても色あせません。

    それな、普遍的な、子どもの喜びに満ちた内容だからだと思います。
    孫に読んであげるのが夢です。

    投稿日:2017/11/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言わずと知れた名作!

    • はすかさん
    • 20代
    • その他の方
    • 島根県

    昔からの定番です。子供のときから好きです。
    子供心に、ケーキを作る風景が、美味しそうで楽しそうで大好きでした。お菓子を作ってみたくもなりました。
    もし好き嫌いが多い子であれば、食べ物に対する関心を持つのに繋がるのではと思います。
    みんなで仲良く食べるところも、社会性を感じて好きです。
    最後の殻の使い道には笑いました。

    投稿日:2015/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンプルな幸せ

    のねずみのぐりとぐらは、森の中でとっても大きなたまごを見つけます。

    何をつくろう?めだまやき?たまごやき? 
    二人がえらんだのは、かすてら。
    大きすぎて持って帰れないものですから、材料とおなべを持ってくることにします。

    この用意のようすも、心躍るんです!二人が自分たちと同じくらいの大きさのリュックに、次々に準備したものをつめていきます。
    「こむぎこ、ばたー、ぎゅうにゅう、おさとう、ぼーるとあわたてき…」

    さあ、森の中で、おりょうりのはじまり。いしとたきぎでつくったかまど、ぼーるの中にはたまごをたっぷり使ったかすてらの生地。
    最高なのはやっぱり、おなべのふたをとるところ。きいろいふんわりしたかすてらが、おなべからのぞいています。
    大人になった今見ても本当においしそう。

    「このよで いちばん すきなのは おりょうりすること たべること」
    な、ぐりとぐらですが、二人がすてきなのは、いつだってちゃんとみんなにごちそうするところです。最後は森の動たちとみんなでかすてらをほおばります。
    お外で歌いながら料理して、おいしいおいしいってみんなで食べるなんて!
    なんて幸せ。
    永遠に人をごきげんにする絵本だと思います。

    投稿日:2013/10/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供の頃の夢

    私が子供の頃に読んでもらって大好きだった「ぐりとぐら」

    大人になってシリーズ全て揃えて読みましたが、やはり一番はこれです。
    お気に入りだったのはなんといっても最後のページ!
    母に眠る前に読んでもらった私には、眠気も吹き飛ばすほどに衝撃的だったのです!

    ぐりとぐらの会話や思わず口ずさみたくなるような歌
    森の中で作る大きなかすてらに可愛い動物たち、たまごの殻のくるま

    いくつになってもわくわくさせてくれる大好きな絵本です。

    眠る前に読んでもらうと、もしかしたらとびっきりおいしい夢がみれるかも…?!

    投稿日:2013/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 誕生したばかりの小さな国の山村に、子どものための小さな図書館ができのが10年前。そこに持って行ったのが、テトゥン語訳がついた「ぐりとぐら」。数か月後にはるばる日本から図書館を訪ねてくれた友人は、軍手で作ったぐりとぐらを持ってきてくれました。絵本に触れるのも、ぬいぐるみに触れるのも初めての子どもたち。そんな子どもたちにもぐりとぐらの物語は自然に受け入れられました。10年たって軍手のぬいぐるみと最初に持って行った絵本はかなりボロボロになってしまいました。ぐりとぐらシリーズの本も増えました。残念ながら、テトゥン語の役が付いたのは「ぐりとぐら」だけ。読めなくても、子どもたちはぐりとぐらが好きなようです。でもいつか、誰かが訳してくれたらと、英語版(他社)も、持って行っています。

    投稿日:2013/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美味しいものを、みんなで食べること。
    みんなで食べると、楽しいこと。
    楽しいは、嬉しいに繋がっていること。

    “ぐりとぐら”を開くと何だかとっても幸せな気持ちになるのは、
    絵から、文章から、この幸福感が伝わってくるからかもしれないな、と思います。

    食べることは、いのちに繋がります。
    素材や味ももちろん大切。でも一番大切なことは、きっと「楽しく食べる」ということだと思います。

    楽しく食べることで、心に栄養が行き渡る。幸せな気持ちになる。元気が出る。
    生きてゆく上で、とってもとっても、大切なことです。

    “ぐりとぐら”はシンプルでありながらも、この“大切なこと”がページいっぱいに溢れています。
    子どもたち一人一人に対する作家さんの愛情が伝わってくるよう。まるでお日様のようにあたたかい、素敵な絵本です。

    投稿日:2013/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • シリーズの中で一番好き

    私はぐりとぐらのシリーズが大好きです。中でも一番好きなのが「ぐりとぐら」です。
    ぐりとぐらは、森で大きなたまごを見つけます。私も大きなたまごを見てみたいと思いました。たまごを見つけてびっくりしたぐりやぐらの顔や、たまごをはこぶ時のしんちょうな顔がかわいいです。
    ぐりとぐらは大きなたまごで、あるおいしいものをつくります。できあがるまでまつときに歌っている歌がおもしろかったです。できあがるにつれて、だんだんいいにおいがしてきます。いいにおいが森いっぱいに広がって、動物たちが集まってきました。私もそれがどんなにおいだったのか知りたいです。
    ぐらがフライパンをあけるところで、いつもワクワクします。

    投稿日:2013/09/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンプルでほっとする絵本

    小さいころ絵本をたくさん読んだ記憶がない私でもぐりとぐらは覚えていて、絵本の代表作という印象がありました。

    今回を期に読み返してみたら、シンプルでかわいくて、ほっとする内容でした。

    小さいころとってもおいしそうで印象的だったカステラは、今見ても本当においしそうで、小さいころは食べてみたい!でしたが、今は作るほうに挑戦したくなりました。

    投稿日:2013/09/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後のページに…。

    とても良い絵本です。私の身の回りでも、
    「好きな絵本は?」と尋ねると、「ぐりとぐらシリーズ!」
    と答える人が結構多いです。

    挿絵は、どの部分も大好きです。
    特に好きなところは、森の動物達がカステラを食べに来るところです。
    数々の動物たちを見ていると、ずっと見ていたくなります。
    ぐりとぐらが、大きいカステラを皆で分け合うというのがいいです。
    優しくて、皆のことを思っている所が、素敵です。

    実は、最後の文が無いページ、私がこの絵本を始めて手に取ったのが幼稚園児の頃だったので、そのページに言葉を書き込んでしまいました。
    しばらくしてから後悔しましたが、今は良い思い出だとも思えます。
    とは言いながらも、いつかもう1冊ぐりとぐらを買って、次は何も書き込まずに読もうと思っています。

    投稿日:2013/08/11

    参考になりました
    感謝
    0

43件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / くだもの / おやすみ、ロジャー / スリランカの昔話 ふしぎな銀の木

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

全ページためしよみ
年齢別絵本セット