そうべえときじむなー そうべえときじむなー そうべえときじむなーの試し読みができます!
作: 田島 征彦  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
「じごくのそうべえ」シリーズ、7年ぶりの新刊!今度は琉球へ

あかいことりとライオン」 ママの声

あかいことりとライオン 作・絵:エリサ・クレヴェン
訳:たがきょうこ
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1995年
ISBN:9784198603328
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,900
みんなの声 総数 11
「あかいことりとライオン」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 絵を描きたくなる絵本

    息子がライオンの絵本が読みたいというので、図書館で目についたこの絵本を借りてきました。

    ライオンと小鳥は言葉が通じなくても仲良し。でも小鳥には、ライオンのしっぽが毎日違う色になることが不思議でなりません。ある日、嵐になった時に、小鳥はライオンのほらあなに入れてもらい、その訳を知ります。

    ライオンはしっぽを使って絵を描いていたのです。言葉が通じなくても、絵を通じて温かい気持ちを共有することができるという素敵なお話でした。

    でも、息子にはそのあたりはまだちょっと難しかったようで、「ふーん、ライオンはしっぽで描くんだね!」という単純な反応でした。少し早かったのかもしれません。

    掲載日:2011/07/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • アートな絵本

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子5歳、女の子2歳

    エリサ・クレヴェンさんの絵がとても素敵なんです。
    ストーリーも、絵にぴったりの芸術的な雰囲気。ライオンさんの尻尾が、毎日違う色になっていることに気づいた小鳥。
    不思議に思ってライオンさんについていくと・・・。
    怖いイメージのあるライオンですが、この絵本に出てくるライオンさんはとても優しくて、しかも芸術家!絵を描くことが好きなお子さんなら、憧れちゃうかもしれないですね。
    美術品のような絵本で、部屋に飾っておきたくなりました。

    掲載日:2011/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色々な材料を使って作品を表現しているのが良かったです。ライオンの尻尾の線がとてもチャーミングで魅せられました。小鳥の言葉が分からなくとも笑顔で接する主人公の心の優しさに感動しました。ライオンが絵を描いている時に見せる真剣な顔が素晴しかったです。小鳥の歌も美しく響いているのが気に入りました。

    掲載日:2010/04/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • お話に感動、絵に感動

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子10歳、男の子7歳

    今回は、息子に読み聞かせをしてもらいました。
    いつもは、私が読むので文字ばかりを追ってしまいますが、今日は、文字を見ないですむ分、絵をじっくりと見ることができました。
    そのおかげか、いえ、そうでなくても、この絵本の絵はすばらしいと感じました!いろんな画法と画材、質感のちがうさまざまなものをコラボさせて、色鮮やかな世界を作り出しています。ぜひ、見ていただきたいです。
    そして、お話の方も、心底心あたたまります。
    言葉が通じないもの同士でも、心が通じあえるっていうことを教えてくれます。友情や平和を感じて、読後はほんとにいい気持ちです!

    この絵本は、忘れらない一冊になりました。もっともっとたくさんの方にに読んでいただきたいと思います!

    掲載日:2010/04/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • あたたかい気持ち

    言葉がなくても分かり合える。
    そんなことを感じられた絵本です。
    尻尾の色が変わると4歳の息子も顔を傾げていましたが、理由が分かると満面の笑みを見せていました。

    その物語を盛り上げるコラージュ絵画もとても素晴らしいもので、それだけでも十分楽しめる、芸術作品でもあります。

    掲載日:2008/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかりあえる気持ち☆

    • うららさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    大好きなエリサクレヴェンのえほん。

    きっと素敵なんだろうなぁ、丁寧に読もうと手にとりました。

    やさしい顔したライオンと、赤いことりのお話です。
    ライオンの尻尾はなぜか緑色。
    赤い鳥はなんでなのか気になって、話し掛けますが
    ライオンにはことりの言葉は通じません。

    ライオンは小鳥を見てニッコリやさしく笑うだけ。

    ライオンの尻尾は毎日いろんな色をしています。
    あなたは魔法使いなの?ことりは尋ねますが・・・

    ライオンの自然をたっぷり味わうような生活
    赤い小鳥への微笑や、尻尾の謎が解ける嵐の夜。

    どれも心がぽっと温かくなるお話。
    これからの寒い時期だからこそ読んでもらいたい絵本です。

    掲載日:2006/12/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • やさしい気持ちになれる本です

    やわらかそうなライオンのたてがみ!
    紙の上からだとわかっていつつも、つい触ってみたくなります。
    とても美しい色使い、やさしい雰囲気の絵を眺めていると、なんだか気持ちがホッとします。
    絵のすみずみまで、細かい部分に新しい発見があるのもとても嬉しくなります。
    あかいことりとライオンの気持ち、通じ合ってよかったね。

    掲載日:2006/07/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • じんわり心が温かくなる素敵なお話

    • はなしんさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子6歳、男の子4歳

    言葉の通じない赤い小鳥と、ライオンの心温まるお話です。
    言葉は通じないのだけれど、お互いにすごく気になっていて、お互いを思いやり、心を通わせてゆきます。
    そして、毎日しっぽに色を着けて、洞窟いっぱいに絵を描く不思議なライオンが、とっても魅力的なお話です。
    きれいな色が、たくさん出てきて、視覚的にも、とても楽しめました。

    掲載日:2004/03/11

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / ちょっとだけ / 金曜日の砂糖ちゃん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はなびのひ』たしろちさとさんインタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット