もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

くんちゃんのはじめてのがっこうふつうだと思う みんなの声

くんちゃんのはじめてのがっこう 作・絵:ドロシー・マリノ
訳:間崎 ルリ子
出版社:ペンギン社
本体価格:\950+税
発行日:1982年
ISBN:9784892740206
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,167
みんなの声 総数 54
「くんちゃんのはじめてのがっこう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • “がっこう”とは

    息子が公立図書館でのお仕事体験に行って、この本を薦められて借りて帰ってきました。

    とても可愛らしい話でした。“がっこうに行く!”と言うだけで、初めての経験だから
    お出かけ気分になった“くんちゃん”。でも、着いてみると、ママは帰ってしまいます。
    座る席を指定されて、大きな子達が勉強をし始めると、どんどんどんどん小さくなって
    いく“くんちゃん”。その恐怖に似たような焦った気持ち、分るような気がします。

    この絵本を読んだ時に、昔、超大人気シーズだったNHKの「大草原の家」という
    アメリカのドラマを思い出しました。ちょうど、主人公のローラが通った学校が“くんちゃん”
    の学校のようなところでしたね。今の日本では、あまり異年齢が一緒に学ぶということは
    ありませんが、こういう学校の先生になる人は本当に行き届いた人なんでしょうね。

    初めは逃げ出してしまった“くんちゃん”だったけれど、きっとどの子もこうやって
    小学校が好きになっていくのでしょうね。微笑ましい話でした。

    そして何よりもあとがきに描かれた訳者:間崎ルリ子さんの言葉、

    「新しく一年生になる日本の子ども達も、かたちこそちがえ、くんちゃんのような
    スムーズなすべり出しができますように、そしてしあわせで豊かな学校生活をおくること
    ができますように− 切ない思いでそう念じつつ、教育のあるべき姿を考えつつ、
    この本を翻訳しました」

    にありがたいと感謝します。小学校に入る前の子に、そして、やはり1年生に是非、
    読んでもらいたいと思います。

    投稿日:2011/07/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 先生にほめられて良かったね

    • たまっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    くんちゃんははじめて学校へ行きますが途中で抜け出してしまいます。くんちゃんの逃げ出したい気持ちわかります。でも、ちゃんと授業にもどって先生にほめられてよかったね。

    投稿日:2002/07/02

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



大きくて愉快でだいすきなパパへの気持ちが絵本になりました

みんなの声(54人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット