新刊
ぐるぐるうごく しましまぐるぐる

ぐるぐるうごく しましまぐるぐる(学研)

赤ちゃんはうごくものが好き!累計250万突破の大人気シリーズから待望の新刊登場!

  • かわいい
  • ギフト
新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
  • ためしよみ

半日村自信を持っておすすめしたい みんなの声

半日村 作:斎藤 隆介
絵:滝平 二郎
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
税込価格:\1,650
発行日:1980年
ISBN:9784265909360
評価スコア 4.85
評価ランキング 95
みんなの声 総数 46
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

41件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • 読者も達成感に包まれます

    • すずらんぷさん
    • 40代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子16歳、女の子14歳

    表紙を見た時には、こんなに壮大な、希望のあるストーリーが展開するとは思いもよりませんでした。
    一日の半分しか、太陽の当たらない半日村。稲の出来は悪く、人々の暮らしは貧しく、でもそれを仕方ないこと、生まれた場所が悪かったと諦めてしまう大人たち。ところが、一人の少年は違いました。その日から毎日毎日、山の石を削って、湖に埋めるという行動に出たのです。周りの人に無理だといわれても、ひたむきに続ける姿に徐々に周りの人間が影響され、知恵を与え、協力していく過程は、私にはとても感動的なものに思えました。
    そして、長い長い年月をへて、半日村は「一日村」へと変わるのです。
    小さな力でも、それを結集し、継続し続けることで大きな成果を得られること、決して教訓的でなく教えてくれる絵本でした。小学生に、ぜひ出会わせてあげたい一冊です。

    投稿日:2011/11/02

    参考になりました
    感謝
    5
  • とても前向きなお話です

    表紙は地味な感じなので、暗いお話かと…と想像してしまいますが、内容は、とても、前向きなお話です。

    山のせいで、半日しか日があたらない村。山がなければ、もっとおいしいお米ができて、村は豊かになれるのに…

    両親がそうつぶやくのを耳にした子どもが、一人、山の上の土を削って、湖に運び出します。
    さて、どうなるか…
    ワクワクもするし、ぽつぽつと仲間が増えていく様子が面白く、最後は爽快です。

    おすすめです。

    投稿日:2017/10/12

    参考になりました
    感謝
    2
  • 初めの一歩

    1日のうち、半日しか日が当たらない村のお話です。
    お日様がなかなか顔を出せないほどの高い山があるのです。

    読んでみて思ったのは、とにかく、一平の行動力が素晴らしい。
    動かせやしない、高い山。その高い山をどうするか?
    一平は、その山を湖に埋めることを思い立つのです。

    きっと、村の誰もが思いつかなかったこと。
    きっと、村の誰もがやろうとしなかったこと。

    それを1人で考え、思い付き、たった1人で行動に移した一平。
    人と違うことを始めようとすると、決まって笑われるものですが、
    一平はそれにも屈せず、黙々と行動し続けるのです。
    次第に、一平と同じ行動をする村人が増えてきて・・・

    初めの一歩。
    一平の小さな一歩が、この村を1日村へと変える大きな一歩と
    なったことは言うまでもありません。
    一平の行動力に、ただただ拍手です。
    村に朝日が差し込むシーンは感動ものです。

    投稿日:2011/01/25

    参考になりました
    感謝
    2
  • 良い本に出合えた!

    • けいご!さん
    • 40代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子14歳、男の子10歳

    「花さき山」や「モチモチの木」でおなじみの滝平さんの版画が、印象的な表紙です。先に挙げた二冊は知っていましたが、この「半日村」は今の今まで知らなくて。初版からもう30年以上たっているのですね。教科書に載っていたこともあるようなので、ご存じの方も多いのかもしれません。
    お話は、ページをめくるたびに、心を熱くさせます。
    一人の男の子の勇気、それに賛同していくみんなの心の動きが、人生悪いことばかりじゃないよって教えてくれてるようで。人間の心の優しい部分が前面に押し出され、それが集まったときのすばらしさがこの本にはあふれていると思います。
    達成することは、ほんとに難しいときもありますが、それでも希望を持ってあきらめないで続けようって、口で言うよりよりも、この絵本で感じてもらったほうが、強く伝わることでしょう。

    投稿日:2013/10/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • かっこいい少年

    『花さき山』『モチモチの木』など、斎藤隆介さんと滝平隆介さんコンビのお話は、どれも心に残るお話ばかりです。
    高い山があっていちにちのうち半日しか日が当たらない貧しい村。
    その村の一人の少年が、ある日、山を削り始めます。
    最初はみんな笑って見ているのですが、だんだんと村の大人も参加し始め…
    淡々と仕事をする一平は、とてもカッコ良かったです。

    投稿日:2021/08/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • おすすめしたい1冊です。

    • ぼんぬさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子5歳

    村の裏手に高い山があるせいで半日しか日の当たらない村。村に住む一平は、山を小さくすることを思いつきます。彼のその行動に、初めは同調しなかった者たちばかりでしたが、ついに村の大人までも動かし、やがて朝から日が射す村へと変わります。彼の村を変えよう、人々の幸せを願うその信念の強さに心打たれました。滝平さんのイラストもまた、ひとりひとりが人間味溢れる表情で描かれているので、そこもじっくり観ることの楽しさがあります。幼児さんから小学生まで、おすすめしたい1冊です。

    投稿日:2021/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日が差すまで

    モノクロの表紙の、意思の強そうな男の子の表情に、ひきつけられます。そして「半日村」ってなんだろう、と気になります。日が当たらない村に、日が差すように山をけずるなんて、、。どんなに大きなことでも、無理かもしれないと思っても、コツコツ行動することの大切さが伝わってきます。滝平さんのしみじみした絵が、お話にあっていて、よかったです。

    投稿日:2020/12/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 伝えたいことが、まっすぐに伝わってくる

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子9歳、女の子7歳

    お話の内容、伝えたい内容、すごく好きでした。山が朝の陽ざしを遮り、冷たい湖からふく風にさらされる過ごしにくい半日村。そこにいる男の子が、山を削って湖をうめようと動き出します。一人の力が友達を動かし、友達の力が大人を動かし、みんなの力が長い長い時を超えて、一日村に変わります。
    小さな力が大きな力へ変わり、あり得ないと思うことを実行できてしまう。子どもにも分かりやすく、大切なことを教えてくれる絵本でした。

    投稿日:2020/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後は思わず鳥肌がたちました

    高い山によって、1日の半日しかお日様が当たらない村のお話。両親の話を聞いて、一人考え行動に出た一平。周りに無理だと思われても、諦めない強い気持ちに心が打たれました。小さな力でも力を合わせて継続し続けることで大きな達成感へとつながっていく素敵なお話だと思います。息子が大きくなったら読んであげたい、読んでもらいたい1冊だと思いました。

    投稿日:2020/05/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一日の半分しか日が当たらないから、半日村と呼ばれています。
    一平が高い山を湖に埋めてしまおうと毎日毎日一日も休まずにコツコツと袋を担いで山に登り、てっぺんに着くと、てっぺんの土を袋に詰めて降りてきた。子どもたちが、手伝い、やがて大人たちも手伝って、何年も何年もたって、一平の子どもたちや仲間のこどもたちも村の田んぼにぱっと日が差すと喜んで飛びだしてきたてお日様が光り輝いているのに、嬉しくて涙が出てしまいました。凄いことを成し遂げたなあとただただ感動しました。

    投稿日:2019/01/05

    参考になりました
    感謝
    0

41件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • さわさわもみじ
    さわさわもみじの試し読みができます!
    さわさわもみじ
    作:ひがし なおこ 絵:きうち たつろう 出版社:くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
    もみじが風に乗り、色々な表情を見せてくれる様子を音と絵で切り取った絵本
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

みんなの声(46人)

絵本の評価(4.85)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット