なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
えほんのまわりさん 50代・その他の方

幼児におすすめ
5歳くらいの子におすすめだと思います。…

おしっこぼうや せんそうにおしっこをひっかけたぼうやのはなし」 みんなの声

おしっこぼうや せんそうにおしっこをひっかけたぼうやのはなし 作・絵:ウラジーミル・ラドゥンスキー
訳:木坂 涼
出版社:らんか社 らんか社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2003年07月
ISBN:9784883301447
評価スコア 4.61
評価ランキング 3,177
みんなの声 総数 22
「おしっこぼうや せんそうにおしっこをひっかけたぼうやのはなし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 小便小僧がベルギー発祥のものである、という事は

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    何と無く知っていましたが、その子がこんな重要な役割を果たしていたなんて…!我が子に読んであげたらお父さんとお母さんがいなくなった場面はかなりこたえたようで、神妙な顔つきで聞いていました。そう言えば実家の庭にもいたなあ、小便小僧。懐かしい…。

    掲載日:2014/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 二年生のクラスの読み聞かせで聞きました。
    おしっこぼうやというタイトルで、ちょっと笑いがおきましたが、
    内容は戦争のお話。
    読んでいくと子どもたちが真剣になりました。
    でも、やっぱりおしっこをする場面では
    笑顔に。
    戦争の怖さも少し伝わるけど、
    物語としてのユニークさもあり、
    最後は小便小僧の由来ということで
    ホンモノの写真も出てくるので
    低学年の子に読む戦争の話としては
    もってこいだと思いました。
    戦争はいけないということを語り継いでいかなくてはいけませんね。

    掲載日:2013/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • そうなのか

    小便小僧にこんなヒストリーがあったとは・・・。今まで生きてきて初めて知りました!!私が「そうなんだ〜」って本気で言っていたら、「どこにあるの?」って聞いてきました。小学校とかに昔ありましたよね!?今でも
    あるのかな!?今度見に行ってみたいです。

    掲載日:2012/03/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • ベルギーの小便小僧の由来だとは!!

    子供によみきかせたら、親の私のほうがびっくりしました!ベルギーはブリュッセルの小便小僧を何度も見に行ったことがありますが、おしっこをかけることで戦争中の人々に笑いと休戦をもたらした少年がモデルなんだそうです。知らなかった!!侵略者が城壁を爆破しようとして、しかけた爆弾の導火線を小便をかけて消し、町を救った少年が「ジュリアン坊や」だったので、それをモデルにしたようです。ちなみに、現地ではいろんな衣装があって、毎日着せ替えているんですよ。

    娘は単純に、タイトルにひかれたようで「おしっこぼうやー?!あはは!面白い!おしっこかけちゃだめだよねえ」と笑っていました。ま、平常時はだめですが、こういうときなら、、、、。

    ところで、ベルギーの、この像の近くに「小便少女」というのもあるんです。これも何度か見に行きましたが、小僧じゃないからか、オリのような柵に鍵までかけてあって、大事にされています。これも何か由来があるんでしょうか?気になりました。

    掲載日:2011/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小便小僧

    「おしっこぼうや」のタイトルに惹かれて図書館から借りてきました。小さな坊やが戦争を止めさせたお話だったのです。小便小僧の由来を知らなかった私でした。小さな坊やがおしっこを我慢できなくて、塀の上から、「ピューッ」とおしっこをした。おしっこは、戦争をしている人たちの上に飛んでいきました。その描き方がドキドキしてしまいどうなってしまうのか心配になってしまいました。「はっ はっ はー! ふっ ふっ ふー! ほっ ほっ ほー!」の笑い声には、あっけにとられました!読んで本当によかったです!

    掲載日:2010/11/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小便小僧の由来

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    ベルギーに伝わる、小便小僧の由来に関するおはなしです。
    小さな頃から公園の噴水などで見かけた小便小僧。
    何でわざわざこんな形?と子供心に不思議に思っていましたが、こんないわれがあったとは知りませんでした。
    おしっこをひっかけて戦争を終わらせてしまった男の子。
    みんなが心から笑うことができれば、世の中から戦争は消え去るのかもしれません。
    絵も内容もマイルドで、最後はハッピーエンド。戦争に関する絵本の入門編としてお勧めします。

    掲載日:2010/10/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ベルギーに伝わる話

    • YUKKOさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子11歳、女の子9歳、女の子6歳

    小さな男の子が我慢できずに塀の上からおしっこをしたところ
    大人たちが戦争を終えたという、ベルギーに伝わる話です。

    「おしっこぼうや」という言葉からは想像できませんでしたが、
    あの小便小僧のことだったとは!
    これからは、小便小僧を見るたびに このお話を思い出しそうです。

    掲載日:2009/08/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • しつけの絵本ではありません

    おしっこのことについてしつけの絵本だと
    思って手にとりました。
    でも、全く違うお話です。
    小便小僧のお話でした。

    あの像って何で作られたのか、知らなかったので、
    いままで不思議でした。でもこの絵本を読んですっきり!
    なるほど!そういうことだったのか!

    戦争はもちろんよくないことですが、こんな解決方法で
    解決してしまったらお互い笑ってしまいますよね。

    もう一度言います。しつけの絵本ではありません。
    だからおしっこぼうやのようなことは外でやっては
    いけませんよ〜!!

    掲載日:2008/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小便小僧の由来

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子8歳、男の子4歳

    副題に「せんそうにおしっこをひっかけたぼうやのはなし」とあって、ひかれました。

    この本には、平和で美しい町と、戦争によってさびしくなってしまった町が出てきます。このコントラストが、戦争の悲惨さを語っています。戦争によって、家族がばらばらになり、小さなぼうやがひとりぼっちになってしまったことなど、子どもが読んでも、戦争の残酷さがわかりやすく紹介されてあります。

    この小さなぼうやが町を平和にした方法とは…。小さなぼうやがみんなに笑顔を取り戻し、もう戦わなくさせたなんて、あっぱれです。そして、小さなぼうやも家族と再会することができて…最後は、幸せに包まれます。

    この小さなぼうやが小便小僧という銅像になったことを、初めて知りました。この本をたくさんの人が読んで、平和の大切さを知り、小便小僧の由来を語り継ぐことができたらすてきですね。

    掲載日:2007/12/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • しあわせの色

    • うららさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    小便小僧の由来がえがかれている絵本とききてにとりました。

    あけてみると、目にも鮮やかなコラージュでつくられた街並み。

    背景と、文字の躍る様子とすべてで「うつくしいまち」が描いてあります。
    坊やとママとパパの幸せな生活の様子も、本当によく伝わってきます。

    すばらしい絵です。

    そして、その幸せ感がたっぷりだったのが急に真っ黒な世界に変わります。
    坊やの気持ち、そのまんま表現したかのように。
    読んでいる私も切なくなります。

    子供達にも戦争のイメージ、伝わったかな?

    次女は「私も戦争がおきたら高いところにのぼっておしっこひっかける!」と言っていました(笑)

    多くの大人と子供に読んで欲しい絵本です。

    掲載日:2007/07/30

    参考になりました
    感謝
    0

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

すてきな三にんぐみ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


『ふつうの主婦が見つけたやる気のエンジンのかけ方』朝山あつこさんインタビュー

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.61)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット