キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

白雪姫 グリム童話なかなかよいと思う みんなの声

白雪姫 グリム童話 作:グリム
絵:バーナデット・ワッツ
訳:佐々木 田鶴子
出版社:西村書店 西村書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2005年
ISBN:9784890138890
評価スコア 4.29
評価ランキング 14,365
みんなの声 総数 13
「白雪姫 グリム童話」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 小人たちの家の内外がしっかり描かれてる

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    バーナデットが文を書き、挿絵を付けた『白雪姫』の絵本です。
    佐々木田鶴子さんが邦訳をされていて、日本での第1刷発行は1986年です。(実はもう少し古いものかと思っていました)
    ディズニーの白雪姫とは大きく違い、グリム童話の原作に近いので、白雪姫はお妃に3回殺されかかっていました。
    パステル調の色の優しい筆使いで描かれている可愛らしい世界でした。
    そして、変そうして白雪姫を殺しに行く王妃はやはり、ディズニーの物に比べて決して怖い魔女のようには描かれておらず、どこにでもいそうなおばさんにしか見えませんでした。

    小人に家では白いハトの一家やガチョウ(もしくわアヒル)を飼っているらしく、家の内外で可愛らしく何度も登場してくれます。
    天井に干していあるドライフラワーには、私の知ってる花もありました!(ラベンダーです)
    小人たちはこういうはなや草で薬草やポプリを作っていたのでしょうか?
    物語には直接関係ありませんが、再話をしたバーナデットが、文字として描かれていない『白雪姫』の世界を細かく設定(創造)してから作っているのがよくわかりました。
    最後に登場する王子さまがもう少し凛々しいともっとよかったのですが、この王子はバーナデットの好みの“素敵な男性像”だったのでしょうか?

    お話自体は有名だし、絵が優しく文も読みやすいので、4,5歳くらいから小学校低学年くらいのお子さんたちにお薦めしたいです。

    掲載日:2012/04/10

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / とんことり / がたん ごとん がたん ごとん / おばけのバーバパパ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おもしろいほど日常単語が身につく 英語&日本語(バイリンガル)かるた』インタビュー

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット