まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

かえるがなくからかーえろふつうだと思う みんなの声

かえるがなくからかーえろ 作:松谷 みよ子
絵:遠藤 てるよ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1984年04月
ISBN:9784031120807
評価スコア 3.94
評価ランキング 37,362
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

ふつうだと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 最後が怖い

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    わらべうた絵本です。
    こどもにはよく意味が分からないかもしれません。まあわらべうたなので意味よりもリズムで楽しむからいいのかな。
    最後のおかあさんの一言…怖いです。冷静に見えるのがまた…。けっこう子どものほうが平気?

    投稿日:2015/08/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 歌をうたいながら

    わらべ歌の部分は歌うように読みまして、
    それ以外の文章もリズム良く歌いましたが
    子供にはちょっと分からないみたいです。
    蛙は分かっていたけど
    ストーリーがはっきりしていなくて
    わらべ歌なので、絵本で読むというより
    口ずさんでいて耳に入ってくる言葉だと思いました。
    思ったより文も長いです。

    投稿日:2011/03/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • わらべ唄

    かえるのこどもが帰ってこないので、探しにいくお話です。
    ストーリにそって、わらべ歌も登場します。「子とろ」などの今では使わないような言葉も出てくるので、子どもにはなかなかなじみにくい絵本だと思います。娘もイマイチ反応が鈍かったです。
    最後の「くわれたのはどの子だ・・」という終わり方もちょっと怖いかなと思いました。

    投稿日:2004/06/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • かえるがなくから

    • たまっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、女の子3歳

    こども達とおたまじゃくしを照らし合わせて読むおはなしかな?遅くまで遊んでいたこども達は子とろ(へび)がでてきたので家にかえります。おたまじゃくし達も家に帰ります。リズムににせて読むことができて、途中遊び歌も入っているお話しでしたがちょっと子どもは無反応でした。

    投稿日:2003/10/16

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本

みんなの声(16人)

絵本の評価(3.94)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット