きらい きらい! きらい きらい!
作・絵: 武田 美穂  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
子どもにとって好ききらいは大問題!どうしよう??武田美穂、最新作!

コーネリアスなかなかよいと思う みんなの声

コーネリアス 作:レオ・レオニ
訳:谷川 俊太郎
出版社:好学社 好学社の特集ページがあります!
本体価格:\1,456+税
発行日:1983年09月
ISBN:9784769020158
評価スコア 4.51
評価ランキング 6,136
みんなの声 総数 44
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 好奇心こそ、進化の前触れ!

    立って歩くことの出来るワニ、コーネリアスのお話。

    ワニらしからぬワニの、コーネリアス。
    立てるという自分だけの特権を活かし、遠くを眺めたり、
    上から魚を見たり。

    仲間のワニにそのことを言っても、「へえ それで?」と
    相手にしてくれません。

    仲間に相手にされなくても落ち込まない、次々と新しいことに
    挑戦してしまう、好奇心が旺盛なコーネリアスの姿、すごく
    良いですね。

    無関心のように見えたコーネリアスの仲間たちですが、きっと
    内心は羨ましかったんでしょうね。最後のシーンは微笑ましくて、
    コーネリアスもきっと喜んだんだろうなって思います。

    でも、ワニが逆立ちできたとして、なんの得があるのでしょう?
    きっと、そういう疑問は野暮なんでしょうね(笑)

    好奇心こそ、進化の前触れ!前向きなコーネリアスの態度が、
    仲間の心をも動かしたのかなと思います。
    周りの出来ないことを率先してやってしまうコーネリアスに幸あれ!

    投稿日:2011/12/13

    参考になりました
    感謝
    2
  • 直立歩行しちゃうワニ

    • イヨイヨさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 男の子4歳、女の子2歳

    絵本ナビでコーネリアスのマグカップを見つけて知った本です。まずは、ワニが直立歩行してる!!ということに驚き、これがたまらなくかわいい。
    読んでいるうちに、こどものころに抱いたモヤっと消化できそこなった感情を整理してくれるかのような本です。

    投稿日:2018/10/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 実は気になっている。
    気にならないふりをしている。

    これって結構あるあるですね。コーネリアスのラストは
    まさしくその心理をついたものとなっています。

    ちょっと人とは違うことをする。最初はみんな無視するけど
    横目でちらっとみてしまう。

    そんな心理をうまく描いたストーリーだと思いました。

    投稿日:2018/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しく、考えさせられる絵本でした

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    え?立って歩くワニ?
    ワニが立っている姿がなんだか不思議でおもしろかったです。
    立てるワニがうらやましい気持ちから、興味のないふりをするワニたちの気持ちがわかり、これなら友達になれそう。というコーネリアスの心の大きさが素敵ですね。
    自慢をするときの、お友達の気持ちが学べる気がしました。

    投稿日:2017/04/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 先駆者のコーネリアス

    最初から立っていたのは、ずりずり這う以外の才能を備えているわにだったのでしょうね。
    ほかのわにと視点が違うので、もっと進歩しようと思うきっかけになりそうです。
    普通の多数のわにたちにとっては、かなり煙たい存在かな。
    そして、仲間を離れたコーネリアスは、別な才能をもつ、サルに出会い
    その技に感動して、逆立ちやぶら下がりを習得します。
    学習熱心で才能のあるコーネリアスは、なぜ仲間のところにもどったのでしょうか?
    仲間にこのことを伝えたかったから?
    ラストでは、仲間もコーネリアスに追いつこうと努力を始めたようです。
    本当はうらやましかったのでしょうか。

    投稿日:2016/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後が!

    4歳の息子と読みました。
    レオ・レオニさんの絵本は、奥が深くて、余白を残しているので、
    結構難しい。
    これも、そんな1冊でした。
    息子はどんなことを感じたんだろう。

    絵がやはりとてもすてき。
    最初の表紙裏のめくるめくような感覚を起こさせる葉っぱの絵から、
    マーブリングを多用した絵本の中の絵も。。
    ちょっと猿には見えませんでしたけれど。

    最後、息子と2人でちょっと笑ってしまいました。
    新しいことに挑戦していきたいですね。
    そんな気持ちを起こさせる絵本でした。

    投稿日:2015/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなとは違うけど

    • みかっけさん
    • 30代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子7歳、男の子4歳

    2年生への読み聞かせにと図書館で借りたレオレオニ作品。
    コーネリアスは、みんなとは違うワニ。
    立って遠くを見ることもできます。だけどみんなは知らん顔。
    そんな暮らしが嫌になり、飛び出した先での出会いがまたコーネリアスを成長させます。

    コーネリアスに限らず、他の作品でも読む時々で違う印象を受ける気がします。個人的にはこのコーネリアスは、素直に相手に教えを乞うこと・好奇心を持って物事に取り組むこと・みんなと一緒でなくてもよいんだということ。
    そんなメッセージがあるのかなと思っています。
    また時間をおいて改めて読んでみたい1冊です。

    投稿日:2012/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • レオレオニの世界

    • ぎんにゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳、男の子1歳

    娘にとっては「スイミー」「フレデリック」に続く、3冊目のレオ・レオニの世界。これも、「仲間」「個性」がキーワードになっているのかなと思いました。
    大人にとって意味があるが子どもにとってどうでもいいことがあるように、大人にとって意味不明なことを子どもはすんなり受け入れる。わにが二本足で立って歩くことも、しっぽで木にぶら下がることも、ひとつの面白い成長と見るか、もっと深い何かが込められていると勘ぐるか。おそらく、大人があれこれ批評するよりも、子どもは単純にレオレオニの世界を理解し、自然に行動に移していくんだと思います。だからこそ、いつまでも心に残るのだと・・・

    投稿日:2012/02/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 頑張る姿勢に関心

    • キャッティーさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子6歳、男の子3歳、女の子1歳

    ワニが生まれて立つ。しかも、すぐ立つなんて、驚き!

    みんなが出来ないことが出来ると、得意になりますよね?
    この絵本の主人公のコーネリアスも、そのうちの1匹です。
    でも、仲間が全く興味を示さないので、怒って出て行きます・・・
    その先で、あることに興味を持って出来るまで頑張ります。

    このコーネリアスの前向きな姿勢には感心しました。
    興味を持つこともとても良いし、出来るまで頑張る姿勢もとても良い!
    生まれた時から出来ていることはすごいけれど、
    努力して出来るようになるのはもっと素晴らしい。
    そう感じさせてくれる1冊でした。

    仲間も、本当はうらやましかったんですね。
    最後のシーンはほのぼのしていて良かったです。

    投稿日:2011/12/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素直になれない大人にも読んで欲しい

    3歳の息子に読んでみましたが、絵本の世界はワニが立ってあるくようなファンタジーな世界が多いので、息子はコーネリアスが立って歩くことに、全く違和感を感じておらず、いまいちピンときていないみたいでした。

    違和感を感じていないなりに、コーネリアスが棒にぶら下がったことは
    「すごい!」と理解できたようで、「おぉ」と喜んでいました。
    コーネリアスみたいに、サルがすごいと素直に認める息子をみて
    もしかすると、この絵本は、人のことを認められない大人が読む絵本なのでは、と感じてしまいました。

    息子にも素直さをなくさないように、この絵本を読んであげたいと思います。

    投稿日:2011/12/12

    参考になりました
    感謝
    0

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさんの試し読みができます!
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(44人)

絵本の評価(4.51)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット