話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
まんぷくよこちょう

まんぷくよこちょう(文溪堂)

おいしい食べ物、おしゃべり、ふくびき、商店街の魅力満載!

  • ためしよみ

宮沢賢治の絵本 注文の多い料理店」 ママの声

宮沢賢治の絵本 注文の多い料理店 作:宮沢 賢治
絵:スズキ コージ
出版社:三起商行(ミキハウス)
本体価格:\1,500+税
発行日:1987年11月
ISBN:9784895881067
評価スコア 4.84
評価ランキング 111
みんなの声 総数 63
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

51件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 絵がピッタリ!

    • さわこさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子4歳、女の子0歳

    宮沢賢治というとやっぱり「注文の多い料理店」。
    子どもにも分かりやすい内容なので、読み聞かせにもいいと思います。
    日本のすばらしいお話に接してほしい気持ちで、高学年の読み聞かせによくこの絵本を読みます。

    いろいろなところから「注文の多い料理店」の絵本はでていますが、私はこの絵がピッタリだと思います。
    6年生に読んだときに、このお話を知らない男の子がラストが近づくにつれて、「こわいよ〜、こわいよ〜」とつぶやきながら聞いてくれました。
    そのドキドキは、スズキコージさんの絵にあると思います。
    子どもを引きつけ、何となく不気味な雰囲気を出しているあの絵。
    このお話にはピッタリです。

    同じお話でも、挿絵によって雰囲気も変わってくるのだと思います。
    高学年には、このくらいドキドキする絵がおすすめだと思います。
    もっと小さい子には、ちょっと怖すぎる?かもしれませんが。
    でも、このお話のラストのドキドキを味わうには、やっぱりこの絵がおすすめです!

    投稿日:2009/09/13

    参考になりました
    感謝
    6
  • 独特の雰囲気がよく出ている・・

    • 10月さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子3歳

    宮沢賢治の世界の空気を感じさせる独特な絵です。
    版画?・・のようなスクラッチした線と暗闇に浮かび上がる
    登場人物の男たち。そして犬。
    犬たちが目をまわしているようなふしぎによじれた表情。

    でも必見すべきはまずめくって一枚目の題名のあるページ。
    ここだけ白い空がページの半分を占め、暗い森にはフクロウがいます。
    これから入ってゆく暗い森にいろんなものが潜んでそうだぞ・・と
    そんな予感をさせる1ページ。
    みごとです。

    我が子(4歳)の感想はというと、まず表紙を見て
    「あ〜ここにお目目があるから怖いね〜」
    でした。
    たしかに子供向けのかわいらしい絵柄ではないけれど、
    他には無い宮沢ワールド。
    大人の私も堪能させていただきました。

    投稿日:2009/09/09

    参考になりました
    感謝
    2
  • 宮澤さん

    宮沢さんの作品だったのでこの絵本を選びました。スズキコージさんのえと文章が見事に調和しているのが良いと思いました。少し怖い雰囲気の料理店が雰囲気がしっかりと出ているのが良いと思いました。客が注文を出されるたびに顔の表情が変化するのがみごたえがありました。

    投稿日:2010/10/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 怖さと滑稽さ

    文章だけでは読んだことがあるのですが、絵本としては初めてです。

    今回息子に読み聞かせしてみて、怖いお話だなあと思いました。

    が、怖さだけでなく、料理店の掲示のままに動作を行ってしまう二人の狩人に滑稽さも感じました。

    二人が服を脱ぐ場面を見て「偉い人がいるなら服なんか脱がないよね」と言っていました。

    確かにそうですが、何かおいしいものが食べられるという欲望が理性を麻痺させてしまうのかもしれませんね。

    とても引きつけられる絵でした。

    投稿日:2009/09/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • スズキコージさんの挿絵がこの作品の持つ世界観を、一番よく表わしていると思います。細部にいたるまで、丁寧に丁寧に描かれていて、二人の紳士や白熊のような犬や山猫の表情も素晴らしいの一言です。最後が入浴する紳士の、安心したような情けないような顔で終わるのもいい。
    子供に原作の持つイメージを損なうことなく手渡せる、愛蔵版と呼ぶにふさわしい一冊です。

    投稿日:2007/10/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 雰囲気が良く伝わります

    宮沢賢治さんのお話が大好きな娘の為に、作品をいろいろ集めてるのですが
    この「注文の多い料理店」は文章量も多く、挿絵も伝わりにくく
    断念してるところに・・・スズキコージさんの挿絵を起用した
    この絵本を読んだお友達より、「挿絵がものすごい迫力ですよ!」と
    感想を頂き、早速絵本やさんへ出かけたのですが
    出費が重なり、しばらくお預け!
    でも先日絵本ナビさんより、図書カードを頂き、早速買ってきました。

    娘とじっくり読むと、表紙からもこわい雰囲気が伝わって来て
    なおかつ、これまでに無かった文章量に、分かりやすいお話し。
    それにお友達のお話からの期待を裏切らない、迫力も
    表現もうまく寄り添った挿絵。言うこと無しの絵本でした。

    本屋さんなどで見かけたけど、ちょっと恐いな〜
    って思ってたあなた!読まず嫌いは損!損!
    さあ、勇気を出してじっくり読んでみてくださいね☆〜(ゝ。∂)
    きっと、宮沢賢治さんの世界をたっぷりと楽しむことができますよ!

    投稿日:2007/04/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • しがみついて

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子5歳

    寝る前に読んだのですが
    ちょっと絵も不気味なので
    事前に「少し怖いお話だよ」と
    言っても「大丈夫」と5歳児も
    しがみついて聞いていました。

    8歳児もだんだん不気味な展開に
    じわりじわりと近寄ってきながら
    聞いていました。

    実は、この話を知ったのは
    高校生ぐらいのときに
    賢治美術館へ行った時でした。

    大人になって、初めて
    フルで読みましたが、
    やっと読めて満足です。

    投稿日:2020/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本の醍醐味、イラストも味わおう。

    宮沢賢治作品の中でも有名でよく耳にする「注文の多い料理店」。
    絵本もたくさん出ていますね〜。
    絵本の醍醐味は物語の内容はもちろんですが、それと合わせてイラストを味わえるところ。
    こちらの絵本は、スズキコージさんの独特な世界観が味わい深い1冊になっています。

    投稿日:2020/07/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドキドキワクワク

    注文の多い料理店は、いろいろな人が絵を書いていますが、こちらの作品は白と黒を基調に、パステルカラーの色合いが絶妙に混ざり合った独特の雰囲気で描かれていました。宮沢賢治の文章表現の面白さとよくマッチしていて、ドキドキワクワクさせられました。

    投稿日:2016/11/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろい!

    息子が4歳くらいのときにはじめて読んであげた絵本です。とても長いお話ですが、スズキコージさんの不気味で綺麗な絵がお話にぴったりマッチしていて、最後までよく見ていました。6歳になった今でもよく読んで〜と持ってきます。最後の場面では何度でも笑えるおもしろいお話です。

    投稿日:2015/10/14

    参考になりました
    感謝
    0

51件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / キャベツくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


サニーサイドブックス代表 絵本作家・あいはらひろゆきさんインタビュー

みんなの声(63人)

絵本の評価(4.84)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット