新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
ごんぎつね

ごんぎつね(ポプラ社)

いたずらばかりしているきつねのごんは、兵十のたいせつなうなぎを盗んでしまいます。その後、ごんは兵十のために罪のつぐないをするのですが・・・。

宮沢賢治の絵本 注文の多い料理店」 その他の方の声

宮沢賢治の絵本 注文の多い料理店 作:宮沢 賢治
絵:スズキ コージ
出版社:三起商行(ミキハウス)
本体価格:\1,500+税
発行日:1987年11月
ISBN:9784895881067
評価スコア 4.84
評価ランキング 111
みんなの声 総数 63
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 容赦なく刺激的

    「注文の多い料理店」の物語を読んだことはありましたし、
    スズキコージさんの絵も見たことがありましたが
    その2つが交わることで、こんなに刺激的な作品になるんだ・・・
    と、驚きました!!

    もしも宮沢賢治さんがこの絵本を見たら、
    「そうそう、この感じ!!」と絶賛するだろうなと
    思わず想像してしまったくらいに、ぴったりと合っているのです。

    対象は子どもでありながらも、
    物語の展開も、絵も、容赦なく刺激的です。
    もう結末を知っている大人のわたしですら、
    読みながら心臓がドキドキしてしまいました。

    スズキコージさんの絵は、展覧会などで拝見し
    そのたびに原画の「迫力」に驚きましたが
    印刷されたこの絵本も、その迫力は引っ込むことなく
    ページの中に呑み込まれてしまいそうで、ちょっとこわいくらいです。

    小さな「山猫軒」の看板一枚のカットにしても
    すべての絵にに力が込められていて
    どうしても、さらりとは読めないです。

    この物語は有名なので、
    「もう知ってるよ〜」というかたは沢山いると思いますが
    是非、この絵本を手にとって もう一度読んでいただきたいです。
    まるで初めて読む物語のように、新鮮に感じると思います。

    物語を知らないお子さんには、刺激が強いかとは思いますが
    私はあえて、この絵本を読み聞かせたいと思います。
    「思い出の絵本」として、大人になってからも記憶に留まる事は間違いありません。

    わたしも親戚の子へ、プレゼントしようと思います。

    投稿日:2014/07/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • ふしぎなおみせだと思いました。

    しんしたちが、犬がしんでもかなしくないからびっくりしました。たいせつじゃないのかな。

    りょうりてんに入ると、いろいろちゅうもんされるからなんでだろうと思いました。

    ふしぎなおみせだと思いました。

    えらい人がいるならふくはぬがないだろうと思いました。へんだと思わないのかな。

    なんかちょっとこわい話でした。

    こんなやみせにはいきたくないなあと思いました。

    ほんとうに二人のかおが、かみくずみたいになっていたのでびっくりしました。

    こわいみせです。

    投稿日:2009/09/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • 雰囲気がとてもいいです

    とても有名なお話ですが、スズキコージさんの絵がとてもいいです。

    最後の最後まで自分たちが「注文されている」と気がつかない、ちょっとお間抜けな二人の男たちの表情も、よく味が出ています。

    不気味な山の中の雰囲気や、山猫なども、とにかく絵がとてもいいです。

    読み聞かせをしてあげるには、少し文章が長いので小学校中・高学年じゃないと、途中で退屈しちゃうかなと思います。

    投稿日:2015/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハラハラする本ですね

    スリルが好きで、ドキドキハラハラ、次はどうなってしまうのか、何が起こるのか、といった本が好きな人にはとても向いている本だと思います。また、この挿絵がとても本とマッチしていて、より絵本の内容をはっきりと鮮明に理解させてくれていると思います。

    投稿日:2015/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ダイナミックさはピカイチ!

    『注文の多い料理店』は、いろんな挿絵の方がいろんな出版社から出していますよね。
    ミキハウスはスズキコージさん。
    黒が基調で、すごくシャープな感じです。

    紳士を感情の喜怒哀楽含めて、すごく強調しています。
    大喜びのシーンでハイタッチをしてみたり、上着と一緒にズボンまで脱いじゃって、いつの間にかパンツいっちょになる(!)リラックスっぷりだったり。
    それだけに化け物と分かった時のコントラストがはっきりしています。

    だんだん不信感を抱く様子、そしてすべてがわかったショック。
    このあたりになってくると、たいていの本が
    化け物の方や家の中など
    紳士じゃないところに絵のウェイトや視線が向くのですが、
    スズキコージさんは紳士サイドの方に最後まで重点を置いた描き方です。
    (なので、ホントいうとちょっとだけ化け物が物足りない感じがしました。
    文章には忠実なんですけどね〜)

    場面が一転したあとは、一度はぐれた犬の再登場です。
    この犬、最初に登場したときからいっちゃった雰囲気で、個人的に大好き!なんですが
    ここではさらに大活躍!
    いろんな『注文の多い料理店』のなかで、犬はこの作品が最高だと思っています(笑)。

    起承転結の「転」と「結」の間、扉の向こうに消えていくシーンは
    お芝居でいうと暗転にあたる場面ですが
    スズキさんはここを文章なしの1見開きを使って描いていまして
    他の本にはない「間」が生まれています。

    そのあとはエピローグ感が強いですね。顔が戻らなくてもめでたしめでたしって雰囲気に。

    スピーディでダイナミックなので
    男の子に読んだら反応がよさそうだな…と思いました。

    投稿日:2014/07/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 奇妙な料理店

    注文の多い料理店は、国語の教科書に載っていたので知っていましたが、内容はふわっとしか覚えていませんでした。

    改めて読んでみると、やっぱりふわっとしたお話でしたね(笑)
    夢や幻か…。ラストは、あぁ〜こんな感じだった〜!と懐かしくなりました。

    それと二人の兵隊には悪いですが、最初の狩猟の話がどうも不快だったので、ざまあみろ!と思いました。
    そのあと懲りて、狩猟をしなくなったのならいいけど…。

    スズキコージさんの荒々しくて怪しげな絵が、奇妙なお話の雰囲気にぴったりで、とっても素敵です。
    スズキコージさんの作品の中で、一番好きです!

    投稿日:2013/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵とストーリーがぴったり

    一目ぼれして思わず購入してしまったのですが、
    スズキコージさんの宮沢賢治の世界観がピッタリで、
    大満足の絵本です。
    読み進めていくごとに、ハラハラドキドキ、
    怖いけれど楽しく読めました。

    投稿日:2009/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙・絵でびっくり

    • 美瑠来さん
    • 10代以下
    • その他の方
    • 東京都

    表紙を見てから、怖そうな本だと思っていましたが、内容もやっぱりスリルがあり面白かったです。

    ハラペコで入ったレストランに、「体に香水をつけて下さい」など色々な注文をされます。
    1つ1つ注文をうけるたびに扉を開け最後の部屋まで進みます。
    そこで中に待ち構えていた猫に食べられそうになります。
    今までの注文は、入った人間が食べられるための下準備だったのです・・・

    という、とても面白い本。
    読むたびに緊張感が増す様な、ホラー的絵本でした!

    投稿日:2007/01/16

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / キャベツくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『みそしるをつくる』『おにぎりをつくる』インタビュー

みんなの声(63人)

絵本の評価(4.84)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット