おんせんたまご おんせんたまご おんせんたまごの試し読みができます!
文: 中尾 昌稔 絵: 河本徹朗  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
ふう、あったかい。ああ、いいきぶん。のんびり、ゆったり、おふろだーいすき!

おつきさまはよるなにをしているの?」 ママの声

おつきさまはよるなにをしているの? 作:アンネ・エルボー
訳:木本 栄
出版社:ひくまの出版
本体価格:\1,600+税
発行日:2000年04月
ISBN:9784893172419
評価スコア 4.62
評価ランキング 3,152
みんなの声 総数 20
「おつきさまはよるなにをしているの?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • すてきなお仕事だね!

    満月になると、いつも天体望遠鏡でお月様を眺めるのが
    我が家の週間。
    そこまでお月様に思いをはせている我が家ですもの、
    この絵本を手にしないはずがないよね〜
    って言うほどに、とても存在感のある大きな絵本。
    我が家の本棚でもかなり目立ってますよ〜。
    さて、お話しは・・・
    お月様が夜、どう過ごしてるのか?というのが
    ユーモアたっぷりに、そして素敵な時間を過ごしてることが
    羨ましくなっちゃいます。
    子どもたちが特に気に入ったのは、
    たくさんのお星様を描いたり、おひさまがきれいに輝くように
    ばらいろを注いでるところ。ロマンチックね〜って話ながら
    そんな素敵なお仕事をしてるお月様のお手伝いをしてみたいとか。

    大型な絵本の魅力もあり、まるで等身大のお月様の存在を
    感じることができるような素敵な絵本でした。

    投稿日:2008/10/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大型なのが良い!

    題名にひかれて図書館で予約したのですが、
    手元に届いてびっくり!
    A3以上だと思われる絵本の大きさです。
    でも読みだしてみると…
    この絵本の大きさだからこそ、内容も際立つ!
    そんな気がしました。

    ピカソとまではいきませんが、
    挿絵も少し変わっていて、
    お月さまが擬人化されていたり…
    そういったところがこの絵本の魅力だなあ〜と感じました。

    息子も読みだしたら面白かったようで、
    特に「おつきさまが悪夢を閉じ込める」あたりや
    おつきさまの顔がどんどん変化していくのは気に入っていました。

    投稿日:2008/09/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 寝る前に読んであげたい絵本

    この絵本は私が大好きな絵本です。
    「お月さまは夜なにをしているの?」という子どもの素朴な問いかけに、優しく答えてくれます。
    お月さまは昼間は寝て、夜になると目を覚まし、夜のカーテンをひき、まちのうるさい音も消して、お星さまを描いて、悪い夢を閉じ込め、楽しい夢をばらまいて、素敵な朝がくるようにしてくれます。
    寝る前に読んであげるのにとてもいい絵本です。
    「暗い夜も怖くないんだよ。」
    「お月さまが守ってくれるよ。」
    「ねんねして楽しい夢を見ようね。」
    と言って眠りにつけそうです。

    投稿日:2008/09/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 皆の眠りの時間を守ってくれる

    夜、子供を寝かせる時に読んで
    「お月様がすぐに楽しい夢を届けてくれるよ。
     もう寝ようね〜」と言っています。

    お月様は昼間は眠っています。
    でも、夜のお月様は大忙しです。
    星をたっくさん描いたり、
    悪い夢を閉じ込めたりもしてくれます。

    子供たちと「お月様は黒猫を飼ってるんだね〜、
    夜でも見つからないように黒猫なのかな」
    なんて話をしました。
    私はお月様の笑顔が素敵だと思いました。
    悪い夢を捕まえている時以外は、いつも笑顔のお月様が
    とってもキュートです。
    だんだん満ちてくるお月様の笑顔は輝いています。

    暗い夜も怖くないよ。
    お月様が守ってくれるから安心して眠ろうね☆
    そんな気分になった絵本です。

    投稿日:2007/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 働くおつきさま

    • レイラさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子11歳、男の子9歳

    次男は「んなアホな」と言っていました。
    また月の顔が三日月から満月に変わるところがおかしい、と言っていました。(以上、次男直筆、笑)
    擬人化したお月様、確かに少し退くかもしれません。
    でも最後のまんまるいお月様の輝くような笑顔が愛らしいです。
    お月様の健気な仕事ぶり、なんともいいです。
    きっと今晩、お月様とお話ができますよ。
    大型絵本で、おはなしもゆっくり進むので読み聞かせにはピッタリでした。

    投稿日:2005/09/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 裏表紙も絶対見のがさないでね。

    • てんぐざるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子9歳、女の子4歳

    長い題名ですよね。でも、メルヘンで素敵な絵本でした。
    長い夜の間中、お月さまはひとりで何をしているんだろう。と思う、素朴な疑問をお持つお子さんも少なくないですよね?
    この絵本に出てくるお月さまは、穏やかな顔のわりにすごく働き者で、星を描いたり、夜の空をきれいにしたり、楽しい夢をばらまいたり、素敵な朝がくるようにしたりしてくれます。
    ぜひ見て欲しいのが裏表紙!
    雨の降る中、帽子をかぶって仕事に出かけようとするお月さまの姿が、健気です。

    投稿日:2004/05/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • お月様っていそがしい

    • たまっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、女の子3歳

    おつきさまは昼間ねて、夜になると目を覚まし、お星様を描いて、夜のカーテンをひき、まちのうるさい音も消してしまいます。その間にはじめは三日月だったお月様が 満月になっているんです。子どもはちゃ〜んと気づきました。わたしもめずらしく気づきました。子供と一緒に読んでいるといろんなことに気づくことができてうれしいです・・・。裏表紙は雨が降ったときのお月様が描かれています。頭にぼうし(かな?)をかぶって濡れないようにしている姿ほほえましいですね。

    投稿日:2003/10/28

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット