貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

おつきさまはよるなにをしているの?なかなかよいと思う みんなの声

おつきさまはよるなにをしているの? 作:アンネ・エルボー
訳:木本 栄
出版社:ひくまの出版
本体価格:\1,600+税
発行日:2000年04月
ISBN:9784893172419
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,298
みんなの声 総数 19
「おつきさまはよるなにをしているの?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おつきさまは、大忙し

    「おつきさま」という、キャラクターが出来上がっていましたね。
    夜空に星を描き、良い夢や悪い夢をコントロールして・・・と、大忙しです。
    おつきさまは、働き者なのだなーと思いました。
    夜空に優雅に浮かんでいる姿から、こんな楽しいエピソードが思い付くなんて、素敵な発想力だと思いました。

    掲載日:2014/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 芸術的

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    子どもが大好きなお月さま。
    何をしてるのかな?なんて考えてこともなかったけど、夜空を見上げながら、あれこれ想像すると楽しくなってしまいます。
    この絵本で描かれているお月さまの夜の過ごし方はとっても素敵。
    お星さまを描いたり、悪い夢を閉じ込めたり、お日さまが昇る準備をしたり。
    なかなかの働き者です。
    夜のおはなしだけに、色彩は暗めですが、まるで絵画のような挿絵が美しく、しっとりとした魅力のある絵本でした。

    掲載日:2010/06/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • たのしい夢をみられるわけ

    まっくらな夜道を、とにき明るく照らしてくれるお月さま。
    黒い空にうかんで、夜のあいだ中、いったい
    何をしているんでしょうね?

    たのしい夢をみられるのも、
    わるい夢をみなくてすむのも、お月さまのおかげです。
    くらい夜空にお星さまがたくさんみえるのも、
    お月さまのおかげです。
    そしてそして、すてきな朝をむかえられるのも
    お月さまのおかげ。

    こんな視点で月をとらえたことがなかったです。
    小さな子どもたちに読んであげると、
    宇宙に対する夢が広がっていきそうで、
    微笑ましく感じました。

    掲載日:2009/10/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 働き者!

    • ゆぺちさん
    • 30代
    • ママ
    • 岡山県
    • 女の子3歳、男の子1歳

    図書館で大きな絵本が目にはいり、借りました。夢いっぱいの楽しいお話でした☆
    みんなが眠っている夜、お月様のお仕事が始まります。
    町の雑音を集めたり、黒いカーテンを引いたり、そして私が一番好きなところ、空に星を書いたりしてるんですって!とっても素敵ですね^^

    優しいおつきさまのえがとても味があっていいです。独特の色使いで絵画のようです。

    子供におやすみの前に読んであげるのにお勧めの絵本でした。

    掲載日:2009/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • お月様のこと知りたいでしょ!

    • ひーちゃんさん
    • 40代
    • ママ
    • 広島県
    • 女の子8歳、男の子4歳

    お月様がみんなの眠っている間 なにをしてるかって考えた事ありますか?

    わたしは考えた事ありませんでしたから いきなり題に驚いてしまって。
    そして ページをひらくたび、「へぇ〜!」っとまたびっくり。
    暗くなるまでから始まり、眠りがさめ お日様が昇るまでの大忙しな
    お月様なのです。
    知りたいですよね。まずは みなさんも 読んでください。
    親子で楽しめるお話ですから。

    掲載日:2008/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • お月様っていそがしい

    • たまっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、女の子3歳

    おつきさまは昼間ねて、夜になると目を覚まし、お星様を描いて、夜のカーテンをひき、まちのうるさい音も消してしまいます。その間にはじめは三日月だったお月様が 満月になっているんです。子どもはちゃ〜んと気づきました。わたしもめずらしく気づきました。子供と一緒に読んでいるといろんなことに気づくことができてうれしいです・・・。裏表紙は雨が降ったときのお月様が描かれています。頭にぼうし(かな?)をかぶって濡れないようにしている姿ほほえましいですね。

    掲載日:2003/10/28

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



楽しく読んで楽しく知れる、新発想の忍者図鑑絵本

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット