宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ちょろりんのすてきなセーター」 ママの声

ちょろりんのすてきなセーター 作・絵:降矢 なな
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1993年03月
ISBN:9784834011937
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,301
みんなの声 総数 52
「ちょろりんのすてきなセーター」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

43件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • セーターみたいにあったかいお話でした

     どうしても欲しいものは、お小遣いから。
     足りないのなら貯まってから。
     急遽欲しい時には、お手伝いでお小遣いを増やす努力を。
     
     寒がりなとかげのちょろりんをとりこにした春の原っぱ色をしたセーター。
     ちょろりんは頑張りましたねぇ〜。
     ランプ作りのおじいちゃん家でのお手伝いは、見ていてこんなとかげさんたちがいるような気持ちにさせてくれました。
     やわらかいコスモスの花びらで、ランプのほこりを拭う様子も、おじいちゃんが小鳥の羽毛ですべすべに磨きこむ様子も素敵です。

     53個のランプと格闘しランプ屋さんに届けるところまでお手伝いししたのだから、少し赤いお金をおまけしてくれるのかな?と思ったら、きっちり2枚でした。
     私は甘いな〜!
     労働の尊さと厳しさをおじいちゃんは、このきっちり2枚の赤いお金でちょろりんに教えてくれたんですね。
     
     やっとお金がそろってお店に行ったら、なんとお目当てのセーターはへびさん用で、ちょろりんには、だぶだぶ・・・。
     ここまでちょろりんを応援してきた小さい読者さんもガッカリでしょう。
     でもでも、お店のびきびきおばさんも素敵な人でした。
     読んでいてセーターみたいにあったかいお話でした。

    投稿日:2010/10/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • すてきなセーター

    • びえんさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、女の子4歳

    ちょろりんはさむがりやのとかげのこ。
    すてきな はるのはらっぱいろのセーターがほしくて、
    じいちゃんのランプづくりのしごとを手伝います。
    お手伝いのおこづかいで、晴れてセーターを買いに行くんですが・・・。

    ほしいものを手に入れるためにお手伝いをすること。
    そして、自分の足でかいものにいくこと。
    小学1年生の娘にはちょろりんがとても身近に感じたことでしょう。
    心あたたまるラストシーンで本当にうれしそうな顔をしていました。

    降矢ななさんの絵も素敵です。
    おはなしを読んだあと、今度は絵をじっくり眺めるのも
    とても楽しいです。

    通して読むと7分半ほど。少々長めですが、
    小学校での冬の読み聞かせにもいいなと思いました。

    投稿日:2008/11/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 寒がりなとかげの子の話

    • てんぐざるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子9歳、女の子4歳

    今まで見た降矢さんの作品とは、ちょっと雰囲気が違うものでした。
    ちょろりんはとかげの子。
    寒がりやで、町で見かけたセーターに惚れ込み、お小遣いをためて、やっと買いに行くと、それはヘビようの(どうやらは虫類の町のようです)セーターで、ちょろりんにはとても着られませんでした。
    がっくりしているちょろりんに、洋品店のおばさんは、ちょろりんにちょうどいい長さに編みなおしてくれる。というお話です。
    絵は生き生きしていてとてもいいんですが、お話の方が何を読者に伝えたいのかなぁと、考えてしまいました。
    こどものウケも今一つでした。

    投稿日:2005/02/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 春の色のセーター

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    3歳と5歳の子に読みました。
    すてきな春色のセーターを見つけたちょろりん。
    ところが、そう簡単には手に入りません。
    セーターのためにお手伝いをして、お金を貯めたり、がんばるちょろりんがいいですね。
    ぜひセーターを手に入れてほしいという気持ちになりました。
    ところがお金以外にも問題が!?はたして…。

    投稿日:2017/01/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばさんが素敵

    3歳の息子に図書館で借りてきました。

    一目ぼれしたセーター!
    どうしても欲しいけど、お金が足りない。
    そしておじいちゃんのお手伝いをしてお金をためます。

    やっと購入となったのだけれど
    実は・・・蛇用のセーターで大きかったという事実を知り
    泣きじゃくるちょろりん

    でもおばさん・・・
    ちょろりんでも着れるように小さく編みなおしてくれました。
    嫌われている?おばさんのはずなのに
    にくい演出!

    投稿日:2014/09/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • いい出会いでした

    譲ってもらった絵本です。

    表紙をみただけでは、まず手に取らなかっただろうと

    思う絵でした。

    とかげが5ひき描かれている表紙です。

    でもお話を読んでみたら、イヤな印象は消えました。

    とってもステキなお話です。

    祈れば願いはかなうし、見た目が怖そうな人でも

    実はとてもあったかい人いるということなど、

    いいことがいっぱい含まれていました。

    絵が独特で惹かれます。

    投稿日:2014/06/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 温かくなります

    絵本の紹介の本でおすすめされていたので借りてみました。ちょろりんって、とかげのこなんですね。とかげのこが主人公なんてあまり可愛くないな・・・なんて読み始めたのですが(ごめんなさい)、お話を読んでいくうちに引き込まれていきました。読んでるうちに、ちょろりんを一生懸命に応援してる次女と私になっていました。

    ほしいセーターを見つけたちょろりん。それを手に入れるためにおじいちゃんのお仕事を手伝うちょろりん。自分で頑張ってほしいものを手に入れるのは、簡単に買ってもらうより価値がありますもんね。次女にはまだ伝わらなかったかなと思いますが…。

    びきびきおばさんの頑張る姿も見れてとても良かったです。次女も喜んでいました。

    投稿日:2013/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 働いて買うこと

    どうしても欲しい物があったときに、働いて自分のお金で買うなんて、かっこいいじゃないですか、ちょろりん!
    しかも、孫をあまやかすことなく、しっかり働かせるじいちゃんも、かっこいい。
    自立を目指すきっかけになるかな。

    投稿日:2013/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心もあったまります

    • けいご!さん
    • 40代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子13歳、男の子9歳

    とかげくんが見つけたすてきなセーター。寒い冬には、ますますほしくなるけど、そのためにはお金が必要で。。。
    セーターを買うために一生懸命に働くとかげくんの姿を見ながら、自然にとかげくんを応援している自分がいました。
    ふつうの話だったら、セーターを買うことができましたで終わるんでしょうけど、そこからがこのお話のいいところ。
    読みながら、目標に向かってがんばることってすてきだなって、思ってしまいました。目標に達するときももちろんすばらしいけど、そこまでの過程が大事ですよね。山あり谷ありの道のりがあってこそのゴール、それをとかげくんは教えてくれたような気がしました。

    投稿日:2013/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • がんばったね、ちょろりん★

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子12歳

    北風が冷たい季節になりました。
    この季節になると思い出すのがこのおはなしです。
    娘がとかげ好きというのもあるのでしょうが、
    私の大好きな絵本です。

    ちょろりんは寒がり屋のとかげのこ。
    母さんに頼まれた手紙を出しに郵便局へ行く途中で、
    暖かそうにふくらんだ春の原っぱ色をしたセーターをみつけます。
    もうすぐ冬がやってくる季節。
    ちょろりんは、そのセーターがとても欲しくてたまらなくなりました。
    でも、母さんには「セーターなんかいりません。」と言われ、
    自分のこづかいも足りません。
    そこで、ちょろりんはじいちゃんの仕事を手伝うことに。

    欲しいものを買うために、一生懸命がんばるちょろりんの姿は、
    とても素敵です。
    自分で小遣いを貯めて、ほしいものを買う・・・
    昔はそれがあたりまえだった気がします。

    ランプづくりの仕事は、やわらかいコスモスの花びらでランプのほこりを拭い、
    おじいちゃんが小鳥の羽毛ですべすべに磨きこむという素敵なもの。
    でも、けっこう大変だったみたい。
    寒くても眠くても、頑張ったちょろりん。
    ようやくセーターが手にいれることができると思ったら・・・

    思いがけない展開がありましたが、
    お店のびきびきおばさんの優しさがとても素敵でした。

    きっと、苦労して手に入れたものは、いつまでも大切に使うことでしょう。
    じいちゃんやびきびきおばさんの優しさに感謝しつつ・・・

    心あたたまる素敵なおはなしです。

    11月は勤労感謝の日もあります。
    今の時期にぴったりなおはなしだと思い、
    年中クラスの読み聞かせに使いました。
    ちょっと長いおはなしですが、最後まで静かに聞いてくれて、
    とても嬉しかったです。

    投稿日:2012/11/19

    参考になりました
    感謝
    0

43件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


>絵本エイド ―こころにひかりを―

みんなの声(52人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット